【ネタバレ】ハリガネサービス 第201話「死覚」【漫画感想】

リンクユニット
注目

■ハリガネサービス
第201話「死覚」

ハリガネサービスネタバレ感想!第201話です!

■前回はこちら

■ハリガネサービス

釼持が、初めて羽座川を見たとき・・・

己の非才を強烈に思い知らされたという。

 

見えている世界が違う

 

・・・と。

 

釼持は、その空気を下平からも感じているようだ。

羽座川と下平・・・能力は違えど、天賦の才を感じ取ったか・・・

 

しかし次のローテーションで、下平は前衛に出てくる。

果たしてそれでもなお、その才を発揮できるのか?

 

豊瀬のサーブをあっさり音のないレシーブで返す羽座川。

駿天堂の攻撃だ。

 

(嫌な目しやがって、全部見えてるつもりなら、死角を作ってやる)

 

駿天堂セッター・伊集院は、下平のゲームメイク能力に少なからずムカついていた。

下平の余裕に満ちた笑顔は、相当頭に来たのだろう。

 

「!」

 

榊が移動攻撃を仕掛けてきた!!

下平の目の前で跳ぶ!!

 

その榊の陰に隠れ、攻撃態勢に入る小針!!

ブサイクすぎる小針だが、伊達に駿天堂の準レギュラーをやってないってわけか!

連携もバッチリだ!

 

榊の背後から、小針のバックアタックが炸裂!!

 

が!!

これを下平がドシャット!!

 

「やった・・・」

 

これで豊瀬11点、駿天堂9点と、リードを保つ。

 

(なんで!?)

 

伊集院は腑に落ちない表情・・・

それもそのはず・・・下平の位置からは、小針は完全に死角だったハズなのだ。

 

しかし、下平には見えていた。

見えていた・・・というより、脳内で補完していた・・・?

 

だが、喜ぶのはつかの間。

アレクセイの高さを生かしたスパイクは、下平では止められない。

圧倒的に高さが足りないためだ。

 

つまり下平が穴なのは相変わらずなのだ。

11-10・・・

 

豊瀬のターン!

 

「いっせーの!!」

 

豊瀬のシンクロ攻撃!!

が!!

 

「せっ・・・アレ?」

 

下平だけタイミングが合わない!

早く跳びすぎだ!

 

結局、下平は囮にもならず大船はドシャットされ、駿天堂の得点に・・・

これで11-11・・・あっという間に追いつかれた。


 


説教タイム。

下平がタイミングを外した事を話し合う。

 

そこで解った事だが、下平は今までアキレス腱を負傷したトラウマのせいで、

片足跳びをしていたわけだが・・・

トラウマを乗り越えた今、両足跳びが可能となり、最高到達点に達するまでの時間が短くなっているようなのだ。

 

それは喜ばしきことだが、これまで練習してきた連携全てのタイミングがズレることになる。

試合の本番中に、これを修正するのは難しいだろうな。

 

ゲーム再開!

 

再び狙われる下平!

後衛の時はレシーブがヘタクソすぎて狙われ、前衛では、高さが足り無すぎて狙われるw

まさに・・・穴だらけなのだが・・・

 

だが、それを逆に利用して、予め下平の後ろの守備を固めることでカバー!

穴は穴で役には立つわけだ。

リベロの猫田は、あまり好きな戦法ではないようだけどね。

 

駿天堂相手に、そうもいってられない。

有効な手段はドンドン使っていくべきだ!

 

豊瀬のターン!!

再び連携攻撃!!今度は下平もタイミングを合わせられるのか!?

 

「・・・!

 (間白君の踏み込みが早い・・・マイナステンポスパイクだ)」

 

下平は、すかさずブロッカーに視線を移す・・・

すでに間白に意識が向かっている。

これは・・・このままトスが間白に上がれば、確実に止められる・・・!!

 

下平には、そのビジョンが見えていた。

 

「!」

 

その瞬間、敵味方どちらも驚いた。

シンクロ攻撃に参加するはずの下平が、足を止めたのだ。

棒立ち状態・・・一体なんのつもり!?

 

下平は、性格上・・・イメージするのは、いつも嫌な未来だった。

人がやらないようなミスを、平気でやるのが、下平鉋だった。

それはもうドジやドンくささのレベルを越えるものだった。

 

いつしか、下平は、自分自身を全く信用しなくなった。

 

それゆえに、常に、起こり得る最悪の事態を想像するクセがついた。

悪く言えば臆病・・・良く言えば用心深いともいえる。

 

下平が動かなかったため、トスは間白に上がる。

 

瞬間!!

 

間白に上がったトスを、下平が割って入り、スパイクを打った!?

 

『なっ!?』

 

駿天堂はもちろん、トスを上げた松方も、攻撃するつもり満々だった間白も驚きを隠せない!!

 

臆病な生き方の下平だが、

だからこそ、最悪の結末を想像し、回避できる!!

 

「ブロッカーに・・・マークされてるみたいだったから・・・

 嫌な予感して、割りこんじゃったけど、出しゃばった真似してゴメンね」

(コイツ!!)

 

穴だらけの下平だが、それを補って余りある天賦の才・・・!!

こりゃ、マジでいけるかもしれないな・・・

 

次回に続く・・・!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■ハリガネサービス

関連記事

オススメ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。