【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.501 ゴールを目指す者たち【漫画感想】

リンクユニット
更新

2018年8月19日新着記事リンク一覧

■弱虫ペダル
RIDE.501 ゴールを目指す者たち

弱虫ペダルネタバレ&感想501話!!

 

「今泉・・・覚醒ッ!!

 

■前回のレビュー

■弱虫ペダル

鳴子の魂の走りで、先頭を走る京伏・御堂筋に追いついた。

だが、その犠牲はあまりに大きかった。

 

鳴子のリタイア・・・ッ!!

 

しかし、鳴子の想いは、今泉と小野田坂道が、ちゃんと受け取っている!

そして、エース今泉が御堂筋を止める宣言!!

 

「止める?キミィが?」

「・・・」

 

今泉の眼に、迷いは見られない。

宿敵・御堂筋を止めるという確固たる意志、そして自信!!

それが表情から滲み出ている。

 

「去年、弱々やって・・・一年たって、少しは成長したかと思うたら、

 今年も判断間違うて、ピヨったりポキったり、

 『う』とか『な』とか言うたりしてェ・・・

 何も変わっとらんキミがァ!!このボクをォ!!

 

御堂筋が動いた!!

勢いをつけ・・・これは・・・!!

 

「!!」

 

バシンッ!!

 

御堂筋は勢いをつけ、隣を走る今泉に体当たりを仕掛けた。

が!

それをいち早く見抜いた今泉はカウンターの体当たり。

 

両者、肩と肩がぶつかり合い、はじけ飛ぶ。

だが両者共に、よろめいたりはしていない。

流石の体幹・・・!!

 

だが、今の一撃・・・

完全に虚をついたと思った御堂筋だったが、予想外の反撃に驚きを隠せない!

 

(ハンドルを当てても、たじろぎもしない!!うな泉のくせに!!)

 

「どうした?」

「!!」

 

今泉は、手をクイクイさせて御堂筋を挑発しはじめたw

 

もっとこいよ。

 ここはレースの先頭だ。レースの先頭は常に戦場だ。

 もっと・・・

 削りあおうぜ、御堂筋!!

 

今泉から、猛烈なプレッシャーを感じる。

今までにない表情・・・!!殺気にも似た圧力・・・!!

 

これには、あの御堂筋も気圧される!!

 

「プク。うな泉・・・何やの、このプレッシャー・・・ププ。

 何やの、まるで今まで、かけられとった制限が今、外れたみたいなカオして。

 ほな・・・闘ろうか!?

 

 キミィたちをだしぬくか、力ずくで引きちぎる以外に、

 勝利を手にする方法はないんやから!!

 キモォ!!

 

「おおおおおおおお!!」


 


今泉たちが激闘を繰り広げている頃・・・

総北のレジェンドたちは、田所パンの営業者にて、ゴールまで移動しているようだ。

 

やはりゴールを見なければと、ギリギリで規制が掛かる前に移動が出来たようだ。

 

「あいつらの・・・最後の集大成だからな」

「ああ。勝っても負けてもな」

 

勝っても、負けても・・・か。

リアリスト金城ッ!

 

「切ない言い方するなショ。夢(ドリーム)くらい一緒に見てやれショ。

 見るだけはタダだ」

 

一番のリアリストな巻島が、夢を語る・・・か。

今泉・坂道・鳴子の三人は、何かと夢見がちだった。

 

どんな困難を前にしても、力を合わせ、何とかしようと、途方もない夢ばかりみていた。

そんな三人に、巻島はアテられてしまったようだ。

 

車内に流れる鳴子のリタイアの実況・・・

 

「鳴子は・・・残念だったけどな。

 けど、たぶん・・・前の2人に思い届けて背中押して、

 夢を託したんショ」

「ああ、そうに違ぇねェよ」

 

田所・・・

 

(結局、今年もゴール見れなかったかァ・・・鳴子。

けど、きっとやりきって倒れたんだろ。おまえのことだからな。

今年も言うショ。

”見事だ”鳴子!!)

 

ゴール目指して走る中・・・

車中の金城が、観客の中に知り合いを見つけると慌てて車を止めさせた!

 

大学の知り合いだというが・・・まさか!?

 

「おい!ゴールまでいくのか!?乗っていけ!」

「あ!?」

 

後続車から止まるなと注意を受ける田所パンw

 

「あ?金城!?なんでテメェがここに・・・」

「せっかくだ!一緒にゴールを見よう!!」

 

「ちっ!渡りに船かヨ!そこどけ観客ゥ!!」

 

「誰だ?」

「ああ、大学では同じ部でな。おまえたちもよく知ってる。

 元箱根学園エースアシスト、洋南大学1年荒北靖友だよ!」

 

(アラ・・・)

(キタァ!!)

 

驚く田所と巻島w

 

「おう悪りィな!邪魔するぜ!助かったぜ!

 久しぶりじゃナァイ、田所、巻島」

 

荒北久し振りだなぁ。

 

やはり、後輩を思うのはどこのチームも同じなようで、結局最後の勇姿を見にきたみたいだな。

東堂から逐一メールが入ってたのも相まって、とうとうやってきた荒北だったが、来るのが遅くなったせいで、バスが途中までだったそうだ。

 

ちょうど金城たちが通りがかってよかったってことかぁ。

若干の思い出話などに花を咲かせながら・・・

 

ついにゴールゲートまでやってきた。

 

「ゴール・・・ゲートか・・・

 初めてくぐるな。俺は去年・・・3年やっと初めてのインハイで・・・

 リタイアしてねてたからな」

 

それを言うなら、ほとんどの人間が、ここをくぐる前に、精根尽き果て散っていってるがな・・・

 

「さて、今年は、どいつがここを一番でくぐるんだ!ハ!!」

 

■先頭

京伏・御堂筋

総北・今泉/小野田

 

■少し後ろ

箱根学園・黒田/真波

 

■さらに後ろ

京伏・岸神

箱根学園・新開悠人

 

少なくとも、真波と黒田は、絡んでくるだろうな。

 

となると、御堂筋・坂道・真波の三人が激闘を繰り広げるのか・・・

はたまた、御堂筋とエース今泉がぶつかり合い、両者落ちて・・・

 

坂道・黒田・真波・・・という展開も十分ありえるのかもな。

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル

関連記事

オススメ記事

更新

2018年8月19日新着記事リンク一覧

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索
購読ボタン