【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.499 全てを捨てて【漫画感想】

リンクユニット
更新

2018年7月22日新着記事リンク一覧

■弱虫ペダル
RIDE.499 全てを捨てて

弱虫ペダルネタバレ&感想499話!!

 

「御堂筋を全力で否定しろ!!

 

■前回のレビュー

■弱虫ペダル

『燃えてるんじゃなかったのか。300℃くらいに』

 

今泉が、この局面で鳴子に投げかけた言葉・・・

これは合宿の時、自身を鼓舞するのに鳴子自身が言った言葉だった。

 

「どうした鳴子、おまえの体は、鉄よりかたいんじゃなかったのか」

 

合宿の時の何気ない会話を覚えていた今泉。

 

これを聞き、俯きながらも、笑みを浮かべる鳴子。

すでに体力の限界で、意識を失いかけていた鳴子にとって、この言葉は気付け薬になったようだな。

 

「ああ・・・まっとけや・・・せかすなスカシ。

 さっき、280℃に達した・・・とこや・・・

 もう間もなくや・・・・・・もうすぐ・・・」

 

今泉に体を支えられながら、精一杯の強がり・・・!

果たして気持ちだけで、立ち直る事はできるのか!?

 

震える手で、がっしりハンドルを握る鳴子!

 

「あがるわ!300℃まで!!」

 

鳴子がしっかりと前を向いた!

あと、もう一歩だ!!

 

「おまえの情けないフラつきのせいで、前との差がまた広がった。

 50mまで詰めてたのが、今は120mくらいにまで離されてる」

 

今泉は、口では冷たいことを言っているが、その手は、しっかりと鳴子の体を支えている。

倒れないように・・・!!

 

鳴子の再起を信じ、鼓舞する事で気持ちを奮い立たせ、

再び走り出せる体力回復の補助をする・・・!

 

「おまえが引いて、オレたちを先頭に連れていくんじゃなかったのか。

 ”特急”じゃなかったのか」

 

「カッカッカ!単線区間で今のはたまたま・・・下りの特急待ちしとっただけや。

 みくびるなよ・・・鳴子特急を!!

 

 鳴子特急は有言実行!!

 赤い車体に世界一正確なダイヤや!!

 予定通りキッチリ目的地まで運行するんじゃ!!

 

鳴子の体が、今泉の支えから解き放たれた!!

 

「最・・・速で」

 

言葉の勢いとは裏腹に、鳴子の状態は思わしくない。

手や脚の震え・・・やはり、気持ちではどうにもならない、限界点まで達しているのか・・・

 

見てられない・・・!!


 


鳴子の震える背中を前にして、今泉も辛いだろう・・・

今泉は大きく手を振り上げ、鳴子の背中を叩いた!

 

「鳴子章吉!!」

 

思わず後ろを振り返る鳴子。

 

「男、鳴子章吉!!オレの知ってる鳴子章吉は、

 どんな時も、どんな困難もはねのけ、まっすぐに進む強い男だ!!

 果たせ・・・!!おまえの!!

 おまえが決めた”最後の役割”を!!

 

最後・・・

今泉は、ついにそれを口にした。

 

鳴子がすでに限界なのを知り、御堂筋に追いつくまで引くと鳴子が言った時、

3人でのゴールは、もう難しい・・・そう頭では理解していた。

だが、それを口には出来なかった。

 

それを今、口にした・・・。

ここで出しきれ・・・と。

 

「カッカッカ。わかっとるやないかスカシ。

 ありがとうや。

 受けとったわ。おまえの”根性注入”」

 

鳴子を助ける今泉・・・

そして、今泉に感謝を述べる鳴子の姿を、坂道は始めて目にしていた。

 

二人の変化を、水面の波紋のようにイメージする坂道。

さっきまでの坂道は、3人でのゴールという夢を叶えるために、

鳴子が飛び出すのは反対だった。

 

このまま体力を温存すれば、3人でゴールできるのではないか・・・

夢が叶うのではないか・・・?

そう思っていた。

 

でも違うんだと気づいた。

形は変わる・・・刻一刻と・・・!!

 

6人全員でゴールしたかったが、叶わなかった事と同じように、

もう3人でのゴールは出来ない!!

 

以前、巻島が坂道に向けて語った言葉を思い出す坂道。

 

『時に叶わねェけど、そいつは、その積み重ねは、まわりをまきこんで・・・

 見ろ小野田。途方もない夢を』

 

巻島から受けとった言葉・・・

それはきっと、『夢』を見て、夢の思いを受け継いで、

新しい『道』を進み、拓く力に変えろってことなのだ。

 

そう坂道は解釈した。

 

「鳴子くん!!

 大変だと思う!!すごく大変だと思う!!

 でも、あの・・・お願いします!!本当に!!

 だから送らせて!!ボクからも!!」

 

小野田は拳を振り上げた。

 

「力いっぱいの根性注入を!!」

 

ドゴォッ!!

 

ちょww脇腹!?

気持ちの入った小野田坂道の根性注入・・・

 

面を食らう鳴子・・・

 

ニヤッ・・・

 

「ありがとうやで小野田くん、スカシ。

 カッカッカ!今・・・

 300℃になったわ

 

熱過ぎる・・・!!

カッコよすぎるぜ鳴子!!

展開も熱過ぎる!!

 

「うおおおおおおおおおおおお!!」

 

(鳴子!!)

(鳴子くん!!)

 

(伝わってくるわ・・・ビシビシ2人の想いが。

 ヤバイわ。めっちゃ背中押す。

 キツイのに、もうすぐ限界や、いうのに。

 めっちゃパワーでるわ!!

 

加速する鳴子!!

見る見るうちに先頭を走る御堂筋との距離を詰めていく!!

 

「ナルゥ・・・コ!!」

「御堂筋・・・来たわ。おまえが言うてた・・・

 余計なもん捨てな、いうヤツ実行して!!

 

 捨てたわボトルも・・・サドルも・・・

 ゴールすることも・・・!!

 

 いろんなもん捨てて走って!

 捨てて・・・最後に残ったんは・・・

 おまえが”一番最初に捨てろ”いうた

 

  友情やったわ!!

 

驚愕する御堂筋・・・!!

ついに先頭に追いついた・・・!!

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル

関連記事

オススメ記事

更新

2018年7月22日新着記事リンク一覧

ランキング

アクセスランキング/7月9日更新/7月2日~7月8日

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索