バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

ニュース

【訃報】9本の指を失った登山家の栗城史多、エベレスト下山中に死亡!プロ下山家と死して尚叩かれる…

投稿日:

f:id:sarapan2014:20180521162522p:plain

僕はこの栗城史多という人は、存じ上げないのですが、登山家にも『無謀すぎる』として、認められる事無く、それでも一人戦い続けた男だと思う。

良いか悪いかは解らないけど、決して他の人に出来ない事に挑戦するってのは、凄いことだと思うのだがな。

 

きっと彼は、自分の死すら、ある程度覚悟の上で登山に挑み続けているのでしょう?

凍傷で9本の指を失いながらも、普通なら心も折れそうなものを、それでもなお挑戦し続けるって・・・

 



他人からは理解されないし、バカって言われてるのかもしれない。

現に、亡くなったニュースが流れてなお、罵倒するユーザーを目にした。

f:id:sarapan2014:20180521163032p:plain

好き勝手言うのは、まぁ自分も言うところあるので、やめろとは言わないが、

この、さやかファンクラブとかいうヤツは、言うだけの事はできるのか?

遭難するほど危険でも高度でもないところで遭難して死ぬ・・・とか何とか言ってっけど、さぞ経験豊富な登山家なんだろうな?

 

まるで山を知り尽くしてるみたいな口ぶりだけど、山の状況・本人の体調・アクシデントなど・・・

諸々の状況で、その場の難易度なんて変わってくるだろ。

 

何が起きても不思議じゃないのが山なんじゃないのか。



 


 

命がけの挑戦・・・

大好きな山で逝けた事は、彼にとってよかったのかな。

 

でも、彼にだって親はいるでしょう。

親族にしてみれば、やはり悲しいだろうに。

 

命がけの事をしている人、その家族は、いつかこうなる・・・っていう、覚悟をある程度もっているのかな・・・

自分や家族にそういう人はいないから解らないけど、危険と隣り合わせの生活をしている人ってのは、どこかで覚悟決めてるのかもだね。

 



栗城史多・・・同い年か。

人生をかけるものに真正面からぶつかって、他人に何を言われようが突き進んだ彼を

僕個人としては誇らしく思う。

 

彼が、仲間内を危険に晒したとか言うてるけど、それはそれで、請け負う方も覚悟の上でしょう。

断る権利を持ってて尚、彼についていくという自分の意志で協力してんなら、そこで彼の事をどうこういうのは違うんじゃねぇのか?

 

金か、友情か、熱意か・・・理由は解らないけど、危険を承知の上でついて行ってるなら、もうそりゃ恨みっこなしだろ。

 

なぁんか久々にカチンと来たぜ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

とにもかくにも、ご冥福をお祈りします。



 

オススメ記事

カテゴリー

ランダム記事

ランキング参加

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年チャンピオンへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

follow us in feedly

-ニュース

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.