【ネタバレ】ゲゲゲの鬼太郎 第7話 「幽霊電車」【アニメ感想】

■ゲゲゲの鬼太郎
第7話 「幽霊電車」

f:id:sarapan2014:20180506121411p:plain

今回の話は有名な幽霊電車回か!

これ過去シリーズで見た記憶凄いある回だよなぁw

 

■前回はこちら

 

7話あらすじ前編

f:id:sarapan2014:20180513121211p:plain

いきなり邪悪な女子高生登場・・・

駅のホームで、イジメ仲間と楽しくLINEですか。

そんなクソ女の背中にぶつかってきた男性。

 

女子高生は危うくホームから転倒しそうになり激怒!

謝りもしない男性を、ネットの晒し者にしようとスマホを構えるのだが・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513121146p:plain

あ・・・

 

男性はフラつきながら、そのままホームから転落。

タイミングよくやってきた電車にミンチにされてしまった。

 

女子高生は、まさにその瞬間を写真に収めたようだが・・・

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513121132p:plain

変わってこちら、路地裏の屋台・・・

妖怪や幽霊を一切信じないどころか、見えるという人間をバカにする上司。

そんな上司に付き合わされる眼鏡。。

 

f:id:sarapan2014:20180513121107p:plain

そこに通りがかった鬼太郎とねずみ男。

”目に見えないものでも、いるものはいる”・・・

鬼太郎がそう呟くと、男性は激怒した。

 

社長を名乗る男性は、おごって欲しいというねずみ男を一喝し、仕舞いにはゴミクズ呼ばわりw

 

流石に口がすぎるだろw

 

f:id:sarapan2014:20180513121047p:plain

そんな社長を哀れむ鬼太郎。

すると男はますます激怒し、ついには鬼太郎を蹴り飛ばした!

 

f:id:sarapan2014:20180513121029p:plain

どんなに偉いかしらんが、これは訴えたら勝てますな^q^

 

「はっはっは!!よくお似合いだぜ!!ゴミがッ!」

「・・・因果応報・・・という言葉を知っているか?」

 

「あ?」

「覚えておくといい・・・自分がやったことは、やがて必ず自分に返る・・・」

 

f:id:sarapan2014:20180513121011p:plain

ヒェ・・・!!

 

睨みを効かされた男達は、そのままその場を去っていった。

お勘定しろよ・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120956p:plain

終電を逃した男達が目にしたのは、0時42分発の多磨霊園行きの電車。

駅員に扮した鬼太郎に、確認をとる眼鏡・・・なぜ気付かないw

 

臨時の電車だと説明し、男達はそれを信用した。

 

f:id:sarapan2014:20180513120937p:plain

ホームに向かうと、明らかに様子のおかしい人達が並んでいるw

程なくしてホームに電車が到着・・・

 

明らかに様子がおかしいと思うのだが、酔いもあってか、眼鏡は何の躊躇もなく電車に乗り込んだ。

 

「社長も早く」

 

f:id:sarapan2014:20180513120921p:plain

社長が後ろを振り返ると、いつの間にか、さっきの怪しげな人々が・・・!

揺らめいてるんですが・・・これは・・・

 

押し込まれるように乗車・・・

瞬く間に、席が埋まっていく。

 

動揺しているうちに、座るタイミングを逃した社長は、立ち尽くしている。

 

「こっち!空いてますよ」

 

眼鏡に促されるまま、空いてる席へと移動する。

 

「出発進行~・・・」

 

そうこうしているうちに、電車は発車。

楽しい幽霊電車のはじまりだ!

 

って、今思ったが、冒頭で電車に飛び込んだ男性の後頭部と、あの社長の後頭部・・・

同じじゃなかったか(((( ;゚д゚)))?

 

f:id:sarapan2014:20180513120902p:plain

電車が通り過ぎた後の踏み切りがやべぇことになってんだが・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120844p:plain

車内もいよいよもって怪しくなってきた。

生気を失った乗客・・・

突然窓を叩く手・・・念仏の様な・・・うめき声・・・

 

幽霊の存在など、全く信用していなかった社長も、畳み掛ける事態に、徐々に恐怖が芽生えていく。

 

てか、ねこ娘ちゃんいるじゃないか!

あんな生脚娘いたら、そっちに目がいくだろ!

いい加減にしろ!

 

「すみません」

 

ねこ娘が社長たちに謝った。

どうやら、さっきの念仏みたいなの着信音だったらしいw

 

「電車の中では、音切っとけよ!!ったく!!」

 

と、どなりちらす社長。

 

f:id:sarapan2014:20180513120826p:plain

そんな折、車内検札にやってきた鬼太郎。

定期を見せる社長だったが、一週間前に定期は切れていた。

 

有能眼鏡が切符を二枚買っており、事なきを得たようだが・・・

 

「次は~・・・火葬場~・・・火葬場~・・・」

 

そんな駅あったか?と社長。

眼鏡が車掌に話を聞いてくるといい、席を立つ・・・

 

何気なく窓の外に目を向ける社長・・・

 

外の景色は、より一層不気味さを増し、鉄橋の下を流れる川には、躯が船をこいでいた。

 

f:id:sarapan2014:20180513120809p:plain

極めつけは窓を横切る何者か・・・!!

 

「お、おい・・・!今・・・」

 

f:id:sarapan2014:20180513120753p:plain

社長が辺りを見回すと、いつの間にか眼鏡はおろか、乗客も車掌も消えていた。

これは怖いww

 

さらに、車内に現れた謎の影、そして、足元からは無数の青白い手が現れ、

社長の足首を掴んで離さない!(((( ;゚д゚)))

 

そのまま、後ろに倒れこんだ社長!

 

仰向けになり、天井を見上げると、先程の黒い影がいるではないか!

しかも、こちらに迫ってくる!!

 

f:id:sarapan2014:20180513120724p:plain

オババかよ!(((( ;゚д゚)))

 

「ぎゃああああああああああああ!!」

 

社長の運命やいかに・・・


 


7話あらすじ後編

f:id:sarapan2014:20180513120644p:plain

自分を呼ぶ声に目を覚ますと、眼鏡がいた。

 

(何だったんだアレは・・・夢・・・にしちゃやけに・・・)

 

そんな中、急に足首に走る痛み。

ズボンの裾をたくし上げると・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120623p:plain

ひぇええ(((( ;゚д゚)))

こんな痕がついてたら、激しく動揺しそうなものだが、まるで動じない社長。

 

眼鏡は痛むようなら明日病院に行ったほうがいいという。

国重・・・という社員もお世話になったとか。

 

しかし、その人物は最近みないと社長は言う。

 

「それはそうでしょう・・・」

 

眼鏡の声のトーンが明らかに変わった(((( ;゚д゚)))

 

「先輩、退院してすぐ、川に飛び込んで自殺しちゃいましたから」

 

声のトーンは戻り、無表情で淡々と語る眼鏡。

すると社長は、『馬鹿なヤツだ』と、自殺した元社員を一蹴!

 

「生まれついての負け組だな!能力が無いから悩んだ挙句死んだりするんだ」

「そう・・・ですか・・・」

 

f:id:sarapan2014:20180513120604p:plain

眼鏡怖い(((( ;゚д゚)))

 

「・・・なんだその眼・・・」

 

すると、突然の暗転!!

 

f:id:sarapan2014:20180513120547p:plain

眼鏡wwwコワイwww

 

「社長・・・・」

 

眼鏡の声ではない・・・

とても恨めしそうなその声の主は一体・・・?

 

f:id:sarapan2014:20180513120530p:plain

「国・・・重・・・?」

 

ひぇぇ・・・

 

「な、なんだよ、生きてたのかよ」

 

社長は、下らない嘘をつくな・・・と、一瞬眼鏡に視線を移し、また正面を向いた。

しかし、その僅かな一瞬で、今目の前に座っていた国重は消えていた。

 

社長は、席を立ち、国重の座っていた場所を触れてみた!

すると、座席はグッショリと濡れているではないか。

 

f:id:sarapan2014:20180513120509p:plain

ちょww

気付けば、会社を辞めて行った連中が、社長を取り囲んでいるではないか。

 

「どうしたんです?」

 

眼鏡が声をかけてきた。

車内には明かりがあり、乗客たちは席についている。

乗ったときのままの状態だ。

 

眼鏡の様子も普通に戻っている。

 

社長だけが「どうなってんだ?」といった面持ち。

 

幽霊なんて居ない・・・

俺がとりつかれる理由なんてない・・・

 

なんて事を言ってるが・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120450p:plain

安倍総理の顔面をグーパンチだと!?

 

f:id:sarapan2014:20180513120437p:plain

これはひどい・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120419p:plain

眼鏡にも散々暴力ふるってたのか・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120404p:plain

そして自殺に追い込んで・・・

 

「お、お前は・・・あそこから飛び降りて・・・死んでたのは・・・」

 

f:id:sarapan2014:20180513120349p:plain

「あぁ~・・・やっと・・・

 思い出してくれましたかァ

 

f:id:sarapan2014:20180513120322p:plain

ひえええええええええええええ(((( ;゚д゚)))

 

怖すぎワロタw

 

f:id:sarapan2014:20180513120304p:plain

この社長、どんだけ社員を死に追い込んでんだよ・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120244p:plain

別の車輌に逃げ出す社長だが、亡者からは逃げられない。

 

f:id:sarapan2014:20180513120229p:plain

前門の亡者に、後門の化物w

どっちもイヤ過ぎるww

 

f:id:sarapan2014:20180513120212p:plain

追い詰められた社長は、窓を開け、そこから車外へと飛び降りてしまった。

 

f:id:sarapan2014:20180513120159p:plain

だが、着地した先は、なんと車内!

無限ループって怖くね?

 

「この電車からは出られませんよ?」

 

下駄の音を響かせて鬼太郎が姿を現した。

地獄行きの電車だという鬼太郎・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120145p:plain

社長は、すでに死んでいた。

 

やはり電車に飛び込んで・・・

 

ということは、屋台で呑んでた時からって事なんだろうなぁ。

頑なに死を受け入れず・・・ってか、そもそも本人は死んだ事に気付いてなかったようだがな。

 

一瞬の死故に自覚症状がなく、本来であれば、すぐに地獄行きの電車に乗る所が、

街を彷徨い続けたわけか。

 

f:id:sarapan2014:20180513120127p:plain

痺れを切らせた社長を恨む人間達により、まんまと乗せられちゃったわけねw

さぁ地獄へはこれからだぜ・・・!

 

f:id:sarapan2014:20180513120113p:plain

地獄行きを最後まで拒む社長。

助けてくれ・・・と、都合のいい事を言うが、お前は今まで、そう言ってきた相手に何をしてきたのかと鬼太郎は言う。

 

「お前、それでも人間か!?」

「僕は人間じゃありません」

 

「いやだああああああああああああああああああ!!!」

 

こうして、社長は地獄へ向かった。

 

・・・・・・

・・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120059p:plain

ちなみに、女子高生が撮った写真はこれだったようだ。

鬼太郎に依頼をしてきたのは、あのJKだったのか。

 

鬼太郎は写真に写りこんだ手について説明。

自身には危害は無いと説明するも・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120042p:plain

「あなたに心当たりがないのなら」と、付け加えた。

イジメにより死んでいった恨みの念が、いつ貴方に牙をむくかはわからない・・・

 

f:id:sarapan2014:20180513120026p:plain

「妖怪なんかより・・・よっぽど恐ろしい・・・」

 

ひええええええええええ。・゚・(ノД`)・゚・。

 

次回に続く!

 

次回予告

f:id:sarapan2014:20180513120000p:plain

まなちゃんがスケベじじいにさらわれて、あんなこと、こんなことされちゃうのか。。。

楽しみすぎるw

 

次回 第8話 「脅威!鏡じじいの計略」お楽しみに!


 

 

■前回

 

■次回

 

■ゲゲゲの鬼太郎感想まとめ

■おすすめ記事



こんな記事も読まれています

サイト内検索はこちら




絶句するほど安い楽天ブックスの在庫一掃セール

マジで安すぎるだろ(((( ;゚д゚)))

最大80%OFFぞ!!

完全にAmazon越えたね。