【ネタバレ】バキ外伝 疵面(スカーフェイス) Extra Blow:勲章【連載再開】

リンクユニット
  • アニメ感想
  • ドラマ感想
  • バキ道
  • 刃牙道
  • 弱虫ペダル
  • ハリガネサービスACE
  • ハリガネサービス
  • あつまれ!ふしぎ研究部
  • 足芸少女こむらさん
  • チェンソーマン
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • HUNTER×HUNTER
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • ゴブリンスレイヤー
  • ドラゴンボール超
  • 水曜日のダウンタウン
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • ニュース
  • 日記
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール
  • 最新情報
  • お問い合わせ

■バキ外伝 疵面(スカーフェイス)
Extra Blow:勲章

「3年近くも前の事件だ。その時の礼って・・・」

 

花山薫の事務所に単身乗り込んできたのは、山賊・・・?・・・に、

見間違うような山男・・・THE山男・・・

 

「まぁ、平たく言えばそうだが・・・」

「あん時はたしか・・・」

 

花山薫は中央にドカンと座り、テーブルを挟んで山男と木崎が話をする。

 

ハゲかけた頭・・・ヒゲ面、チェックのシャツにチョッキ・・・

どうみても山男なんだが・・・この男・・・

実はT・Nモータークラブ古川本部リーダー・野本丞一郎(38)

 

3年前、恐らくまだ高校生1年だった花山薫を仕留めて名を上げようとしたらしいw

 

関東全域に支部を持ち、当時メンバーは85名・・・

 

「あん時のリーダーか。クラブは壊滅したと聞いたが」

「ああ・・・メンバーは随分と減った。

 あんたらに据えられたお灸が効いてな。

 修理工場は、まだ残ってるが、以前の様なやり方じゃ難しくなった。

 だからオレたちは変わったんだ」

 

ということで、近々新しい商売をするため、その挨拶にきたそうだ。

話を聞いた木崎は、花山薫に無言のまま伺いを立てる。

 

「よかったら見に来てくれ。

 すぐそこだ・・・」

 

木崎と花山薫は男に案内されるまま、事務所をあとにする。

他の舎弟は事務所に残らせ、花山薫と木崎がついていく。

 

「ここ!?」

「あぁ・・・3階だ」

 

花山の事務所と、目と鼻の先じゃねぇかw

 

「Bar・・・?」

「あぁ・・・念願の夢が叶った・・・さァ座ってくれ」

 

中々、洒落た店内。

まだオープン前なのか、他の客は当然いない。


 


「ウチの事務所の目と鼻の先じゃねえか・・・ッ!」

 

それな!

 

「氷もイイの使ってんだ」

 

カウンターに入る野本。

 

「ちょっと待て・・・ッ!こりゃア何だ・・・

 どー言うことだ・・・ッ!!

 

声を荒げる木崎!

ビビる野本w

 

「・・・いや・・・スマネェ・・・

 オレは・・・あれからず~~~っと考えてたんだ」

 

木崎が声を荒げたのは、どういう・・・?

 

「あの日・・・あんたはオレが想像(おも)ってたより、ずっと強かった・・・」

 

おいおいおいw

ただのバイク屋がカチコミwwしかも銃持って遣り合おうとしてたんか。

 

野本は身を以って味わう事になる。

花山薫が何故”伝説”と言われているのか・・・を。

 

「オレはただの馬鹿だったが、あんたに挑んだことで周囲からは、

 割と・・・恐れられるようになったよ。ハハハ・・・

 ・・・アア、そういや最後の・・・」

 

野本は、花山薫に対し、マシンガンで挑んだが、まるで相手にならず・・・

最後は得意の握撃により、腕を破壊されたようだ。

 

「あの技・・・しばらくは爆薬かと思ってた」

 

野本は、握撃を食らった右腕の袖をまくって、傷痕を見せる・・・

握撃の傷痕って・・・こんなにもグチャグチャなんだな・・・なんというか皮膚が。

 

「いきなり腕が爆ぜたんだ。誰だってそう思う。”握撃”って呼ばれてんだな」

「そっちが仕掛けてきたんだ・・・ッ」

 

「ああ・・・そうだな。スマン・・・

 あの件は本当に悪かったと思ってるよ。

 もちろん、あんたと渡り合ったなんて大それたことを言う気もない。

 

 だが・・・あんたがくれた、これのおかげで、一目置かれてんだ。

 こいつは・・・オレにとっちゃ勲章だと思ってる・・・。

 あれ以来、クラブにちょっかい出して来る連中も、いなくなった。

 ありがてェ話さ・・・ワハハ」

 

そう言いながら、花山薫につまみのピスタチオを出す野本。

 

「だから、今はまっとうにやってんだ。

 オレらの世界じゃ、挨拶だ、礼だと言うとむしろ物騒に聞こえるもんなぁ・・・

 お礼参りを期待してたならすまねぇ・・・」

 

だからさっき木崎は吠えたのかw

ヤる気だと思ってたのに毒気抜かれちまったなぁ!

 

「もう、ヤバイ仕事からは足を洗った・・・

 今の夢は、花山薫が来る店を持つことだ」

 

そう言いながら、酒を注ぐ野本。

 

はぁ・・・と、ため息をつく木崎。

 

「やられた」

「だからその・・・たまにでもいい。

 気が向いたら、ま・・・またここに来てくれたら・・・」

 

「ずうずうしいな・・・オレにも一杯くれよ」

 

そういって、花山の隣に腰をかける木崎。

 

「お・・・おおッ!もちろんだ・・・ッ」

「わかった」

 

初めて花山薫が喋ったww

 

「!」

 

野本ww頬染めるなww

 

「時々、面出そう」

 

やだ!イケメンすぎる!!

 

「近いですしね・・・」

「あ・・・ああッ!・・・よかった・・・

 さ・・・さァ!どんどん飲んでくれよ!

 いや~ありがてェ!ワハハハ!」

 

なんだこの話www

 

次回に続く!


 

 

■次回

 

■バキ外伝 疵面(スカーフェイス)

 

■刃牙道

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

しろログカテゴリー一覧

  • アニメ感想
  • ドラマ感想
  • バキ道
  • 刃牙道
  • 弱虫ペダル
  • ハリガネサービスACE
  • ハリガネサービス
  • あつまれ!ふしぎ研究部
  • 足芸少女こむらさん
  • チェンソーマン
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • HUNTER×HUNTER
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • ゴブリンスレイヤー
  • ドラゴンボール超
  • 水曜日のダウンタウン
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • ニュース
  • 日記
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール
  • 最新情報
  • お問い合わせ
リンクユニット