【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第76話 「理科準備室のふしぎ」【漫画感想】

リンクユニット
更新

■あつまれ!ふしぎ研究部
第76話 「理科準備室のふしぎ」

■前回の感想

■あつまれ!ふしぎ研究部

大祐が学校の廊下を歩いていると・・・

何処か見覚えのある女の子が教室の前で体育座りをしている。

 

「平塚さん・・・そんな所で何してんの?」

「五領さん」

 

彼女は平塚和香(ののか)。

特進クラス1年で、元化学部のツインテ淫乱ピンク。

 

「実は理科準備室を出禁になってしまって。

 私の実験道具を持ち出すことが出来ないんです。

 やっぱり爆薬で開けるしかないんでしょうか?

 

「自分が何で今の状況に置かれてるか理解してる?」

 

ホンマやでw

何でも爆薬で解決しようとすなw

 

「でも、他に入る方法なんて・・・あ・・・」

 

和香がドアの上の方を見上げると・・・

どうやらドアの横の壁の換気用の窓が開いているようだ。

 

「上の扉開いてますよ五領さん」

「ん?そうだね」

 

いやムリだろww

開いてるっつっても、すげぇ小さいんだが・・・

 

「よろしくお願いします」

(何故俺が!?)

 

大祐スゲェヤツだな(((( ;゚д゚)))

登るのキツそうだが、顔までは扉に突っ込む事に成功。

しかし、頭は入っても、身体全部となると厳しそうだ。

 

「諦めよう」

「じゃあ、私が行きます」

 

「え?」

「私の身体なら通れる筈です!」

 

ということで、大祐は和香を肩車・・・

太ももがダイレクトに大祐の頬にぃぃいいい(((( ;゚д゚)))

 

まんざらでもない顔やめろww

ドスケベがww

 

「ほ・・・本当に大丈夫?」

「多分平気です」

 

上の窓を出たらすぐ、棚が置いてあるようだ。

この上に移れれば、態勢も楽になり、下に降りられそうだ。

 

「あれ?

 腰が引っかかって入れません~~~~!

 

えっろすぎへん!?

パンツもろみえなんだがww

てかエ口本に、ありがちな展開やんけ!


 


流石の大祐も、女子のお尻を押す事は出来ず・・・

何とか自力でどうにかしたようだ・・・

 

数分後・・・

無事、実験道具を手に入れ、ドアから出てきた。

 

「無事、実験道具を確保できました!ありがとうございます!」

「それは何より(期せずして俺も共犯になってしまった)

 しかし、何でそこまで化学に夢中になれるの?」

 

「それは・・・化学は私の希望だからです」

「希望?」

 

「化学は、単体では何でもない物質でも、他の物質と混ぜることで、

 色んな変化を起こせます。

 化学は私に色んな可能性を見せてくれるんです。

 

 その魅力にとり憑かれた私は、自分の研究に没頭してしまい、

 完全に周りが見えなくなっていました。

 

 気付いた時には、私一人・・・

 化学部は部員不足で廃部になってしまいました。

 そこで、変わり者が集う、ふしぎ研究部なら、取り込めるかもと思ったんです」

 

「まぁ彼女たちなら、たしかに・・・」

「でも、やっぱり無理ですよね。結局一人でいるのが、一番なんです」

 

「いや、そんなことないんじゃないかな」

「え?」

 

「一人じゃ何もできなくても、人と関わることで色んな変化が生まれると思うんだ。

 これも一種の化学変化じゃない?」

「たしかに・・・」

 

「だから、平塚さんも、もっと人と交流すれば、

 今までと違う平塚さんになれるんじゃないかな。

 俺も可能な範囲でなら協力するよ。事件にならない程度にね」

 

また、いい男ぶりやがって(((( ;゚д゚)))

どんだけ女をたぶらかす気なんやw

 

「・・・化学反応・・・

 もう起きてるのかもしれませんね」

 

ビン底メガネを取った・・・だと・・・!?

 

「五領さんに出会ってから、私救われてばっかりです」

 

か、可愛すぎる・・・

思ったとおりの超美少女っぷりww

 

大祐も和香がここまでの美少女だと、始めて知ったようだ。

このビジュアル・・・学園のマドンナである、ことね先輩に匹敵するぞ(((( ;゚д゚)))

 

もし、この子が素顔のまま部員勧誘すれば、すぐに部員も集まるだろうなと思う大祐だったw

 

「・・・もっと自分に自信を持っていいと思うよ」

「あ、ありがとうございます」

 

・・・・・・

・・・・

 

『え』

 

固まる、ふしぎ研究部の女子三人。

 

「ふしぎ研究部に入部したい!?」

「よろしくお願いします」

 

和香の入部で、大祐を巡る何角関係になるんや・・・

 

「何か他に下心とか無いよな?

 前に化学部じゃないと嫌だとかいってたし・・・」

「それはもういいんです」

 

「部長として歓迎するわ。

 でも、そのかわり・・・

 この部室は火気厳禁。火を使ったり、爆発させるのは禁止ね」

 

「え?」

 

え?ってwwwおまww

 

「・・・やっぱり仮入部にしておきます・・・」

 

爆発は必須なのかよw

こうして、ふしぎ研究部に危険人物が増えることに・・・(((( ;゚д゚)))

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

関連記事

オススメ記事

更新

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索
購読ボタン