YouTubeチャンネル登録+100人サービス

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.484 来襲!!【漫画感想】

更新日:

■弱虫ペダル
RIDE.484 来襲!!

「御堂筋の力がえげつねぇ・・・あの差をどうやって埋めたのか・・・

 

■前回のレビュー

■弱虫ペダル

京都伏見・・・小鞠に引かれ、化物・御堂筋が共に上がってきた。

すでに両者とも、描写がおかしいww

観客視点では、巨大化しとるのはいつものことだが・・・

 

これはwwww

 

「うわああああ!!」

「きゃああ!!」

「ひぃいぃっ!!」

「いやぁあああ!!」

 

おっかしいやろwww

 

デカすぎwww

完全に化物www

 

てか、御堂筋も小鞠も、余裕ありすぎだろ。

 

ここまでハコガクも、総北も、数人でずっと走ってたのに、それだけでも、かなりの差が生まれるはずなのに・・・

体力も削らず、ここまで追いついてきたって、ちょっとやっぱオカシイというか、辻褄合わないよなぁ・・・

 

「な?ほら、言うた通りやろ、水田くん。

 山に入る前に言うたやろ。ボクゥ・・・

 総北をいかせたら、ハコガクと勝手にブトゥかって、数減らすて!!」

 

御堂筋は、道路脇で救護されている手嶋を尻目に、予定通りやろォ・・・っとイキっている。

 

「?プア?」

 

水田のリアクションが無かったため、後ろを振り返る御堂筋。

 

「ああ、水田さんなら、大汗かいて、歯くいしばって大声で文句言って、

 途中・・・どこだったか、もう忘れましたけど、

 とっくの昔にいませんよ?

 

切り捨てられた水田w

 

・・・・・

・・・

 



その頃、手嶋との勝負を終え、ゴールに向かってマイペースで進んでいた葦木場。

後ろから迫る”圧”に気付いたようだな・・・

 

振り返って、その存在を視認した。

京伏がここで這い上がって来る事は、全くの想定外・・・!!

 

「おったァ・・・おった・・・プク・・・プ。

 箱根学園エース・・・見いトゥけたァ!!

 

一瞬・・・!!

 

まさに一瞬で、葦木場に追いつき・・・そして追い抜いた!!

やはりエースといえ、消耗した今の葦木場に御堂筋とやりあう体力は残っていないか。

 

「ドゥしたの?脚クタクタやね?1人でこんなトコ走って。

 アスィキバァくうん。まさか・・・

 くぅだらない山岳争いでもしたのォ!?

 

相変わらず煽るなぁw

すでに戦えない男まで煽るとは・・・

 

「くだらなくはないよ!!決して!!御堂筋!!」

 

当然怒りを露にする葦木場!

 

「勇ましっ!何やの、それ・・・目むいて叫んで・・・

 友達?プライド?ゆずれないもの?

 

 やっぱりカッコエエね、アスィキバァくんは。

 背も高くて優しくて友達想いやわ・・・けど・・・

 ひとつ答えてあげようか?

 

 そういうの全部!ロードレースの勝利の前では、

 捨ててもいいカスにもならん、くぅだらないものやよ?

 

御堂筋の安い挑発に冷静さを取り戻す葦木場。

京伏がここまで上がってきた意味・・・当然、ゴールを獲るためだ。

次に狙うのは、仲間たち・・・だったらここで自分のすべきことは、ここで御堂筋を止めること!!

 

これ以上先に行かせない!!

黒田は自分のワガママを聞き入れ、手嶋との勝負をさせてくれた・・・

さっきも、追い抜き様に・・・

 

『後悔はないかよ?拓斗。あたぁ・・・まかせとけよ』

 

そう言って去っていった。

 

『ありがとう雪成ちゃん。ウン。後悔は1mmもないよ』

 

(・・・だから!!雪成ちゃんのことろへは絶対にいかせない!!)



 


「プア?」

 

御堂筋を睨みつける葦木場。

自分の最後の役どころを見極め・・・絶対に行かせない覚悟を決めた目・・・

 

「あー・・・何や急にコワイ目にかわったなァ。

 コッワ!コッワ!

 

 もっとじっくりアスィキバァくんとは話そ思うとったけど・・・

 カッコよくとった2日目の山岳賞のこととかァ、

 2人おったのに、ブザマに負けたゴール前の話とかァ・・・

 

 けど、急に”ボクをいかせん”みたいな目になったからァ」

 

「!!(読まれた!!行かれる!!)」

 

「先行くわ。悪いけど急いどるからァ。アスィキバァくん」

 

速い・・・!!

一瞬にして葦木場の前に出る御堂筋と小鞠!!

 

「ああああああああ!!」

 

なんとか行かせまいと、軋む脚に鞭を打ち、加速する葦木場!

 

「待て!!」

「・・・」

 

御堂筋の横につけた葦木場・・・そんな葦木場を見つめる小鞠・・・

まさか・・・!!

 



案の定手を伸ばす小鞠!

 

「!」

 

葦木場の太ももに手を滑らせ・・・

 

もみぃっ!!

 

相変わらず変態だなw

 

「ハコガクのエース筋肉(にく)・・・あと15分早く触れたかったですね。

 とてもじゃないが声も出ない。

 パサッパサの終了筋肉(おわりにく)ですよ?

 

「まったく・・・がまんのできん男やわ」

「いきましょう。御堂筋さん」

 

「ププ!!」

「く・・・!!うあああ!!!」

 

葦木場、完全に置き去り!!

まぁ無理もない・・・全力を出しつくした後だもんな・・・

 

そして、直後、異変は前方の黒田・真波もすぐに知る事となる。

一足早く、真波が気配を察知・・・疑う黒田だったが・・・

完全に視認してしまった・・・

 

疑いようの無い現実・・・

 

真波がマジな表情を見せている・・・

御堂筋のプレッシャー・・・それほどなのか・・・

 

さらに真波たちの少し前を走る、鳴子と悠人も、その異様な空気を肌で感じたのか、後ろを振り返る!

 

そんな、悠人たちの、さらに前を走る今泉までもが、プレッシャーを感じ振り返る!

御堂筋の強キャラ感が、ここ一番で跳ね上がったな・・・

 

「くそ・・・!!京伏が、この終盤で追いついてきやがった!!」

 

でっかwww御堂筋でっかwww

こええww

 

完全に黒田と真波を捉えた御堂筋と小鞠・・・!

 

「さて・・・箱根学園(ハエ)と総北(ベンジョバエ)・・・

 どっちからトゥブそうか!?」

 

残り・・・ゴールまで10km・・・!!

 

次回に続く!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.