【閲覧注意】ゴキブリをゾンビ化するエメラルドゴキブリバチの毒をついに特定!【オエッ!】

リンクユニット
更新

2018年7月23日新着記事リンク一覧

f:id:sarapan2014:20180214122158p:plain

食事時に見るものではなかったな・・・これは酷い・・・

このエメラルドゴキブリバチというのは、あろうことか、ゴキブリをターゲットとし、ぶちのめした後に毒液を注入・・・

意のままに操る事が可能となるそうだ。

 

胸を刺し、麻痺させ、脳を刺し操る・・・

ゾンビというが、実際には生命活動は行っているんでしょ?勿論・・・

 

まぁ意志を奪われるって意味じゃ生ける屍みたいなもんか・・・

エメラルドゴキブリバチは、ゴキブリなんて操って何をするのか?

 

あまりにグロすぎた(((( ;゚д゚)))

 

奴はゾンビ化したゴキブリの体内に卵を産み付ける・・・

そして、約1週間ほどでゴキブリの体内で孵化したエメラルドゴキブリバチの子供は、ゴキブリを内から食べ殺すというのだ・・・

 

あまりに衝撃的・・・

吐きそうだぜ・・・


 


f:id:sarapan2014:20180214123004p:plain

こんな世にも恐ろしい生物がいた事を、今日はじめて知ったわけだが・・・

このエメラルドゴキブリバチの毒が、アメリカのカルフォルニア大学リバーサイド校の昆虫学と神経科学の教授であるマイケル・アダムス氏により特定されたという論文が発表されたそうです。

 

詳しくは解らんのだけど、パーキンソン病に対し、将来的に役立つ可能性があるとか。

パーキンソン病とは脳細胞が徐々に死滅し、手足の自由がきかなくなる難病・・・

ドーパミンの不足して、様々な症状を引き起こすんだってさ。

 

現在の医療技術をもってしても、パーキンソン病の原因も不明だし、根本的な治療法も確立されてないそうだ。

 

そんなパーキンソン病に一石を投じるかもしれないのが、エメラルドゴキブリバチの毒ってことか・・・

毒液に含まれていたドーパミンと、これまでになかった新しいペプチド・・・アンピュレキシン。

この成分がゴキブリを操る上で重要な役割を果たしてるんだってさ。

 

とにかく現段階では気色悪いハチでしかないわけだが、人のために役立つってことになれば・・・

ごめwそれでも好きにはなれそうもないww


 

関連記事

オススメ記事

更新

2018年7月23日新着記事リンク一覧

ランキング

アクセスランキング/7月9日更新/7月2日~7月8日

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索