【ネタバレ】仮面ライダービルド 第14話「偽りの仮面ライダー」【ドラマ感想】




■仮面ライダービルド

第14話「偽りの仮面ライダー」

f:id:sarapan2014:20171215162357p:plain

前回、スタークの正体がマスターだと判明したわけだが・・・

この先、敵として現れた場合、戦兎は戦えるのだろうか・・・

 

■前回はこちら

14話あらすじ前編

f:id:sarapan2014:20171215160944p:plain

パンドラボックスにボトルを持ち逃げするマスターク。

しかし、オッサン特有の体力の無さから、すぐに限界を迎え、へたり込んでしまう。

マスターには壮大な計画があり、これまでの事を致し方なかったというが・・・

 

当然謝って済む問題ではない・・・。

どんな事情かは知らないが、人一人の人生が終わるような事をしているわけだしな。

 

・・・と、演技は程ほどにして・・・

どうやら20本のボトルの内、あと2本は戦兎が持っていることを予め知っていたようで、それを回収すべく、人目のつかない場所に戦兎をおびき寄せたようだな。

 

f:id:sarapan2014:20171215161321p:plain

目の前でブラッドスタークに変身するマスター。

もはや疑いようもないか。

 

f:id:sarapan2014:20171215161555p:plain

戦兎もオクトパスライトに変身し、戦う!

どうやら迷いは無いみたいだな。

 

f:id:sarapan2014:20171215161726p:plain

スタークを圧倒する戦兎だったが、苦し紛れに風呂敷から取り出したパンドラボックスを戦兎に向けると、なんと凄まじい光を放ちだした!

 

しかもただの光じゃないのか、衝撃波に吹っ飛ばされた戦兎は、ベルトからボトルが抜け、変身も解けてしまう。

 

スタークは残りのボトルを回収。

パンドラボックスもろとも持ち去られてしまう。

 

f:id:sarapan2014:20171215162109p:plain

「おい!!待てよ!!!

 うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

 

いやww追えよwww

ダメージっていうダメージ受けてなかっただろw

パンドラボックスの光、そんなにダメージ食らったのか?w

 

ボトルも全部奪われて、戦う事もできないじゃないか・・・

どうするんだろ。

 

・・・・・

・・・

 

翌朝・・・

戻ってきた戦兎は、紗羽と龍我に、スタークの正体がマスターだと明かした。

流石にショックは隠せないか・・・

 

マスターの娘である美空には、流石にこの事実は伝えないほうがいいという判断。

戦兎は龍我と共に奪われたモノを取り戻すつもりのようだ。

紗羽にはマスターの事を調べてもらうよう依頼する。

 

取り戻すにあたり、戦兎は対スターク用のアイテムを作るようだ。

あの時、パンドラボックスの光の残留物質を戦兎は回収していたようだ。

中々抜け目がないじゃないか!

 

f:id:sarapan2014:20171215162900p:plain

・・・と思ったが、勝手にボトル化してたのかよw

一体どうなっとるんやパンドラボックス・・・

 

戦兎はこれでビルドのパワーアップアイテムを作るというが、大前提として、変身できないのでは何の意味もないのでは・・・?

 

f:id:sarapan2014:20171215163116p:plain

その頃・・・

難波会長にパンドラボックスとボトルの手土産を持参したマスター。

会長はパンドラボックスに眠る、膨大なエネルギーを、核兵器を越える軍事兵器を作る事が目的らしい。

 

頭おかしいとしか思えないww

 

それだけのエネルギーを、何故人類の発展のために使おうとは考えないのか・・・

マスターもその計画に賛成なのか・・・?

 

f:id:sarapan2014:20171215163504p:plain

そんな中、会長が試しにパネルにボトルをはめてみたら・・・

 

「ミスマーーーッチ!!」

 

なんやと!?

どうやら、マスターが盗んだボトルは、よく出来たニセモノだったようだ。

戦兎の余裕はそういうわけかよ!

 

「へっ!やるじゃねぇか・・・!」

 

f:id:sarapan2014:20171215163809p:plain

鍋島から連絡を受けた時、戦兎が引きこもっていたのは、ショックに立ち直れなかっただけじゃなく、偽のボトルを作っていたのか。

よく出来てるストーリーだよなぁ。

 

マスターが偽物に気づけば、必ずまた奪いにくる・・・

それまでにパワーアップアイテムを作らなければならないそうだ。

 

f:id:sarapan2014:20171215164020p:plain

パワーアップの適正ボトルの組み合わせを龍我に任せた戦兎だったが・・・

間違った組み合わせだと、この有様のようだww

これはひどいww

 

f:id:sarapan2014:20171215164144p:plain

その後も、様々な組み合わせを試す龍我ww

ことごとく失敗に終わるのだがww

てかw断れよwwwドMかよww

 

f:id:sarapan2014:20171215164338p:plain

その後、何とか正解にたどり着いたようだが・・・ラビットタンクの組み合わせじゃなかったか?w最初に試すべき組み合わせだろうにw

 

f:id:sarapan2014:20171215164507p:plain

美空に内緒で研究所に出入りする紗羽・・・

それを探るために寝たフリをしていた美空だったが・・・

開眼が怖すぎたwwホラーかよww何あの開眼スピードww

 

美空にコソこそしてるのがバレた戦兎は、誤魔化すために、龍我が美空とデートしたいと嘘をつくw

 

f:id:sarapan2014:20171215164732p:plain

「はああああああああああああ!!?」

 

まんざらでもないくせにw

 

「はあああああああああ!!?ちょまてよ!なんで俺が!」

 

f:id:sarapan2014:20171215165005p:plain

(いいから黙って言うこと聞けよ!)

 

f:id:sarapan2014:20171215165116p:plain

(ふざけんなよ!お前が行けよ!)

 

f:id:sarapan2014:20171215165324p:plain

(あとでバナナやるから!)

 

f:id:sarapan2014:20171215165411p:plain

(ウッキー!バナナだぁ!って・・・サルじゃねぇんだよオレは!!)

 

f:id:sarapan2014:20171215165732p:plain

(プロテインもつけてやる)

 

f:id:sarapan2014:20171215165644p:plain

おいwww

 

f:id:sarapan2014:20171215165837p:plain

プロテインになびくなしww

 

f:id:sarapan2014:20171215165953p:plain

「美空・・・デートしよ」

 

f:id:sarapan2014:20171215170046p:plain

ずきゅん・・・/////////

 

ちょwwちょろすぎぃぃぃいいいwww

ということで二人はカラオケへ・・・

 

一方、紗羽からはマスター・・・石動惣一について報告を受けた戦兎。

10年前までは気さくで正義感に溢れる宇宙飛行士だったようだが・・・

 

火星からの帰還セレモニーで、無理矢理パンドラボックスを開けようとして、

スカイウォールの惨劇を引き起こした・・・

その後、本人が暴れたため、手錠をかけ・・・近くの病院に収容された。

 

紗羽は、もう一つ解ったことがあるという。

それは、スカイウォールの惨劇が起きた当日・・・美空もまた、マスターと同じ病院に搬送されていたようだ。

 

セレモニーが始まる直前に、パンドラボックスが保管されていた部屋で倒れていたそうだ。

入院後はずっとこん睡状態・・・確か前にそんな話をデート中に龍我に話してたな。

 

マスターと一緒にいたのは、ほんの少しの期間だそうだ。

わずか1ヶ月で病院を脱走したそうだからな。マスターは。

 

だが、7年後・・・突然パンドラボックスの特別顧問に就任・・・

その後、ファウストがパネルを奪った直後に辞めたようだがな。

 

その時、すでにマスターはファウストの一員だったのかもしれないな。

それを裏付けるように、美空を病院から連れ出していたそうだ。

ボトルを浄化させるために・・・

 

まぁ・・・それでも一つ謎は残るが・・・

何故、マスターは美空を連れて逃げ出したのか・・・


 

14話あらすじ後編

f:id:sarapan2014:20171215171241p:plain

初めてのカラオケを満喫する美空ちゃん。

あら可愛いwこの髪型好きw

 

それにしてもメッチャ音痴らしいw

ネットアイドルなのに音痴でいいのかw

 

f:id:sarapan2014:20171215171416p:plain

話の流れで、ファウストに捕まってる時の話になったのだが・・・

どうやら美空は、ある日を堺にボトルの浄化が出来なくなったらしい。

 

最初は出来ていた浄化だが、悪い事に使われていると知った瞬間から、

浄化が出来なくなったそうだ。

 

だからなのか・・・マスターが美空を連れ出し、逃げたのは・・・

そして、正義のためと偽り、浄化をさせていた・・・と。

繋がってくるねぇぇ!!

 

f:id:sarapan2014:20171215171717p:plain

「チャックあいてる」

「マジか!!」

 

ちょっとぉwwどこみてんのよぉwww

美空ちゃん、もしかしてドスケベデェスカァ?w

 

・・・・・

・・・

 

その頃、戦兎にマスターから連絡がきていた。

やはり偽物の事でかけてきたようだな。

 

「やっぱりお前とはヤらなきゃダメか」

「オレは、はじめからそのつもりだったよ」

 

ウホww

 

マスターは、戦兎を拾った場所でヤリあうつもりのようだな・・・

戦兎は出来立てホヤホヤのパワーアップボトルを手に・・・あの場所へ向かう。

 

f:id:sarapan2014:20171215172218p:plain

奇しくも、出会いの日と同じく雨が降ってやがる・・・

 

思い出にふけるマスター・・・

戦兎は、自分や、龍我・・・美空にしてくれていた事すべてが偽りだったのかと訪ねる。

 

マスターは全部が全部偽りだとは言わないと答えた。

多少の罪悪感も感じていたようだな・・・

 

f:id:sarapan2014:20171215172607p:plain

「ふざけるな・・・!」

 

両者、戦う気のようだな・・・

 

f:id:sarapan2014:20171215172707p:plain

マスターも超男前だよなぁ・・・

どうしてもヤるのか・・・

 

f:id:sarapan2014:20171215172839p:plain

激しい肉弾戦・・・

どちらも一歩も引かない!

 

戦兎は、今までのマスターの言葉を思い返す・・・

どこまでが本当で・・・どこまでが嘘なのか・・・

 

f:id:sarapan2014:20171215173103p:plain

マスターの言葉を思い返す度に、動きが鈍る戦兎・・・

一方的にやられはじめた・・・

 

f:id:sarapan2014:20171215173202p:plain

ついには変身も解け、倒れてしまう・・・

 

「・・・」

「できねぇよ・・・できるわけねぇだろ・・・!

 今の俺を作ってくれたのはアンタだ!」

 

涙を流す戦兎・・・

 

「アンタのおかげで、オレは人間らしくいられた・・・

 アンタを信じて・・・アンタに救われて!

 なのに・・・倒せるわけねぇだろ!!」

 

「勝負あったか」

 

銃口を戦兎に向けるマスター・・・

と、そこに、剣が飛んできて、マスターの銃を弾いた!

 

龍我だ・・・!

 

f:id:sarapan2014:20171215173613p:plain

「だったら、俺がぶっ倒してやるよ!!」

 

龍我は怒っていた。

自分をハメたことではない。

戦兎や美空の気持ちを踏みにじった事に対して、怒りを露にしている。

 

f:id:sarapan2014:20171215173813p:plain

変身し、殴りかかるも、ゼロ距離の砲撃を喰らい、一撃でこのザマか・・・

 

「なぁ?不思議だと思わないか?

 何故俺が、美空を連れてファウストを抜け出したのか・・・

 何故俺が、お前をビルドにして、スマッシュと戦わせたのか・・・」

 

「・・・」

 

「美空にボトルを浄化させるためだ」

 

やはりそうか。

美空はファウストにボトルを悪用されると知って、浄化を拒みだした。

だから、正義の味方を装い、正義のためにボトルを浄化させていた。

 

f:id:sarapan2014:20171215174309p:plain

戦兎もまた、単にボトルの浄化のためだけのヒーローを演じさせられていたわけか。

スタークいわく・・・仮面ライダーごっこをしていただけ・・・

 

「これで解ったろう?いかに自分たちが踊らされていたのか。

 お前たちじゃ・・・俺には勝てない」

 

「最悪だ・・・ここまでコケにされてたとは・・・

 けどな・・・俺たちが信じた思いは・・・幻なんかじゃない!!

 俺も・・・コイツも!誰かの力になりたくて戦ってきたんだ!!

 誰かを守る為に何度も立ち上がってきたんだ!!

 アンタがいなくても、俺には守るものがある!

 俺は自分の信じる正義のために・・・アンタを倒す!!」

 

f:id:sarapan2014:20171215174936p:plain

新アイテムキターーーーー!

 

ちょwwwめっちゃいい音すんよwwこの缶ww

炭酸だわ!!炭酸なのね!!

 

f:id:sarapan2014:20171215175105p:plain

めっちゃ爽快w

サイダーやんw

 

f:id:sarapan2014:20171215175159p:plain

溢れ出る水飛沫w

弾ける炭酸w

 

f:id:sarapan2014:20171215175305p:plain

必殺技も、超ド派手w

なんかスタークも超必殺技の二匹の蛇で攻撃してたけどモノともしないね。

メッチャサイダー飲みたくなったわw

 

f:id:sarapan2014:20171215175542p:plain

戦兎の中で、石動惣一は死んだ・・・

決別の時か・・・

 

マスターは、戦兎なら”アレ”を完成させる事が出来るかもしれないとか、意味深な事を言い出した。

 

「最後に・・・一つ教えてやる。氷室幻徳に気をつけろ。

 奴が本当の・・・ナイトローグだ。

 パンドラボックスはくれてやる。いつでも取り返せるからな。

 それより大事なのは、お前たちの成長だ。

 せいぜい頑張って強くなれよ。へっ!チャオ!」

 

マスターは超人的な跳躍で飛び去っていった。

やはりマスターは普通の人間じゃないようだ・・・

 

それより次回もなんかヤベェ話みたいだな。

やっぱり桐生戦兎が葛城巧なのかな・・・

 

次回に続く!!


 

■前回

 

■次回

 

■仮面ライダービルド全話

 

■仮面ライダーエグゼイド全話

■おすすめ記事



新着記事まとめ

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

オリジナル作品多数!Amazonプライムビデオ