【ネタバレ】刑事ゆがみ 第9話ドラマ感想 ロイコ事件再び【木10】

リンクユニット
広告

f:id:sarapan2014:20171012231028p:plain

死体怖すぎだろ・・・

 

 ■前回はこちら

資産家で元医師の男が自宅の風呂で変死体で発見された。

家政婦は死亡した男性の財布から金を抜き取ったり怪しい行動をしていたが、

犯人ではなさそうだ・・・

 

それにしても、熱湯風呂に浸かってて、なんで全身真っ白な遺体になってたんだ・・・

めっちゃ不気味だったんだが((((;゜Д゜)))

あと傷だらけだったそうだ。

 

資産家で金持ちのはずが金目の物は盗まれていなかった。

そんな中、被害者の上着から気になるメモが見つかった。

 

”積年の恨み、ここに晴らす”

 

犯人からのメッセージなのか・・・?

弓神は大きな時計のすぐそばにデジタル時計が立て掛けられている事がどうも気になる様子・・・

 

ちなみに被害者は妻と離婚、息子もすでに亡くなっているようだ。

友もなく・・・いわゆる独居老人だったようだ。

 

そんな中、近所の聞き込みから息子は死亡ではなく、失踪だという事を知る弓神と羽生。

一方、被害者の家を捜査中の菅能は、どこかこの事件でデジャヴを感じていた。

そして、息子の部屋で、ロイコの書籍を発見した。

 

これが後に、事件の糸口になってくる・・・

 

・・・・・・

・・・

 

羽生は今回の事件の犯人が、被害者の息子ではないかと推理する。

実は生きていて、かつて医学部の受験に何度も失敗し激しい摂関を受けていた息子。

”積年の恨み”も一致する。

 

しかし、弓神はこれを否定・・・

だが、全てを思い出した菅能が、その可能性もあると言い出した。

実は今回の事件・・・ロイコの後に横島が書いた未完の小説の内容と酷似していたのだ。

 

小説の中でも、摂関された息子が親に復讐するという・・・今回の事件との類似している。

それだけでなく、殺害方法も熱湯風呂・・・

さらには”積年の恨み、ここに晴らす”という文言まで小説に出てきている。

 

これはもう偶然の一致ではない。

にも関わらず弓神はオカルトだとハナで笑う。

 

しかし、ここにきて、見つかったメモから失踪した息子の指紋が検出。

いよいよもって犯人息子説が濃厚に・・・

 

・・・・・・

・・・

 

弓神は今回の事件の主導権を羽生に任せると言ってきた。

あくまでも犯人は別にいると思っているようだが・・・

もう一度現場に向かった弓神と羽生は、以前より気になっていた時計を調べる。

 

大きな時計は、時間も狂ってない現役の立派なモノ。

すぐ近くにデジタル時計をかける意味が解らない。

 

弓神がデジタル時計を取り外すと、どう考えてもデジタル時計よりも小さな何かが、そこにかけられていたであろう日焼けあとを見つけた。

 

昔の写真を見て、そこには絵画が飾られていたことを知る弓神。

どうやら家政婦が勝手に売りさばいていたようだ。

これで一気に怪しさを増してきた家政婦。

 

羽生も彼女が犯人ではないかと疑い出した。

絵画を鑑定に出した事実も見つかり、動機についても、大方金を盗んでいた事がバレて殺したのだろうと、彼女を追いつめていく。

 

しかし、家政婦は頑として自分は犯人ではないという。

そして、犯人を目撃したと言い出した。

 

・・・・・・

・・・・

 

家政婦が数日前の夜、被害者の家の付近で不審者を見かけたというではないか。

その証拠の映像もタクシーのドライブレコーダーに残っているかもしれない・・・

 

早速、タクシー会社を訪れ、証拠の映像を探すも、どうやら見つからない・・・

これは一体どういう事なのか?やはり家政婦が嘘をついているのか?


 


被害者の日記が見つかった。

最後の記録が、丁度息子が失踪した7年前のモノ・・・

何やら意味深な事が書かれていたが・・・

 

一方、弓神に内緒でロイコ事件を調べているヒズミは、ロイコのファンサイトの管理人と会おうという話にまで進展・・・

嫌な予感がしてきた。

 

・・・・・

・・・

 

タクシー会社に呼び出された羽生。

ドライブレコーダーに怪しい人物は映っていなかったが、細工の痕が見つかったという。

そういえば、一度羽生は、弓神の腹痛のために薬をとりに、一度目を話している。

弓神が証拠映像の一部を削除したのか・・・?

 

一体何のために・・・

 

弓神に疑念を抱いた羽生は、こっそり弓神を尾行した。

そして、何者かと密会している証拠写真をゲット。

その男に驚愕する羽生・・・

 

・・・・・

・・・

 

その後、羽生と弓神は被害者の別れた奥さんに話を聞きに行った。

7年前・・・息子さんから死にたいという内容の電話を受けたという。

しかし、その後、探さないでほしいという置手紙を残し失踪。

 

とりあえず自殺は思い止まってくれたと安心したようだ。

 

奥さんへの聞き込みを終えると、再び単独行動を始める弓神。

一方、羽生は例の”積年の恨み”メモが、元より息子のノートの切れ端に書かれていた事を知る。

指紋が出てきても当たり前という事だ。

 

羽生は、代わりに、ある男の指紋がメモから出てこないか鑑識にお願いした。

 

・・・・・・

・・・

 

羽生は、菅能に全てを打ち明けた。

弓神が秘密裏にある男と会っていた事・・・

その男がロイコの作者で、焼身自殺をはかった横島である事も・・・

 

そう・・・弓神が会っていたのは死んだはずの横島だったのだ。

今回の事件とロイコ事件は繋がっているのか?

で、あれば犯人は横島なのか?

 

菅能はありえないの一点張り。

横島が死んだという事実は揺らぎがないというが・・・

 

ロイコ事件当時の事件資料に目を通すと、不思議な事がわかった。

まず、横島が焼身自殺をしたという場所が、今回の事件の被害者の別荘だったのだ。

これは偶然なのか?

 

ここから全ての点が繋がっていく。

まず、あのメモから横島の指紋が検出された。

これで横島が生きている事は間違いない。

 

そして7年前の焼身遺体は、7年前に失踪し、現在も行方不明の今回の被害者の息子。

どうやら息子は焼身自殺をしてしまったようだ。

そして、その事実を母親に告げる事を躊躇った今回の被害者が失踪を偽装・・・

その心内を、日記にしたためてあったと・・・

 

だが、報告書はどうなる?

嘘の情報を提出したのか・・・・?

その報告書を書いたのは弓神だった・・・その可能性は十分にある。

 

・・・・・・

・・・・

 

一方、ロイコのファンサイト管理人と接触したヒズミは・・・

襲われ・・・病院に運び込まれていた・・・

その管理人こそが横島だった・・・

 

ロイコ事件の犯人であり、ヒズミの両親を殺した張本人・・・

 

羽生からヒズミの入院の知らせを聞いて、飛んで駈けつける弓神。

病室には菅能と羽生が待っていた。

 

何故、弓神はドライブレコーダーから横島の映った映像を削除したのか?

何故、秘密裏に横島と会っていたのか?

何故、犯人は家政婦だと誘導するように仕向けたのか?

 

そもそも、ロイコ事件以前から、ヒズミの家族と知り合いだった弓神は横島を庇うような行動をなぜしているのか?

 

何一つとして解らない中、当の弓神も口を閉ざす。

懲戒免職も厭わない覚悟・・・

 

そんな中、意識を取り戻したヒズミは、全ての記憶がよみがえったのか、

弓神を指さし、声なき声で、”ひとごろし”と叫んだ。

真犯人は弓神なのか?

 

逃げようとする弓神を取り押さえる羽生。

しかし、少しの隙をつき、弓神逃走!

ここにきて弓神が犯人なのか?

 

次回に続く!


 

■前回

 

■次回

関連記事

オススメ記事

購読ボタン

漫画ネタバレ

アニメネタバレ

ドラマネタバレ

映画ネタバレ

バラエティ

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索