https://www.sirolog.com

ハリガネサービスネタバレ感想

【ネタバレ】ハリガネサービス 第167話「悪漢」【漫画感想】

更新日:

■ハリガネサービス
第167話「悪漢」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

今日は乗りに乗ってる間白。

その間白のサーブを、たった一人の守備で取るという羽座川扇・・・

いかに羽座川が凄いとはいえ、広いコートの何処に打つかも解らないのに、全てをたった一人でカバーできるものなのか?

 

球速の遅い無回転サーブならともかく、スパイクサーブをコーナーに打ち込まれて一人で守りきれるはずがない。

 

それが間白の見解であり、一般的な常識でもある。

 

羽座川はコート中央に立ち、他のメンバーがはけた状態・・・

異様である・・・。

これならば、本当にコーナーに打てば、そのまま得点になりそうだ。

 

間白のジャンプサーブ!!

 

(いい感触!巻いてコーナーに入る!!)

 

そう確信する間白。

 



その瞬間、猫田は間白から目線を切って・・・

見てしまった。

 

ゾクッ・・・!!

 

猫田が見たモノは、羽座川だった。

同じポジションだからこそ見えるものがあった。

 

良いレシーバーかどうかを判断するに当たり、技術云々より、まずは一歩!

打ち込まれたサーブを前にして、その動き出しの一歩目を見ただけで、そのレシーバーの良し悪しは判断できるそうだ・・・

 

打ち出されたボールから落下地点を判断し、どれだけ速く動き出せるかで守備範囲は決まる。

 

猫田を驚愕させた、羽座川の動き出し・・・

それはボールが打ち込まれてからすぐ・・・ではなく!

打った、まさにその瞬間から動き出していたのだ。

 

インパクトの瞬間に、もう何処を狙って打たれたものかを判断し、動き出したというのか!?

確かに、そのスピードならば・・・

 

余裕で拾える・・・!!

 

間白の放ったサーブは音もなく拾われた。

羽座川のクッションを介し、柔らかく弧を描き、伊集院の元へ飛んでいく・・・

 

(なんだよソレ・・・積み重ねてきた時間が・・・努力が・・・

 全く、意味なかったみてーじゃねーか)

 

間白のショックは大きい・・・

だが!感傷に浸っている場合ではない!!



 


駿天堂のアタッカー4人によるシンクロ攻撃!!

アレクセイか?釼持か?梧塔か?

 

ドンッ!!

 

「ドッギャン!!」

 

正解は4枚目の榊によるスーパージャンプスパイク・・・

一体どれだけ高く飛ぶんだよ・・・

これで駿天堂は2点・・・豊瀬が4点で、まだリードしているが、やはり個の能力は駿天堂が上なのか・・・

 

そして・・・

一人・・・一際異様なオーラを放つ男が駿天堂の前衛に上がってきた。

 

2年の鴛淵だ・・・

仲間の誰一人、彼に声をかけるものは居ない。

 

この男と対面するのは久場・・・!

その久場を、死んだ魚の様な・・・生気をまるで感じない目で見つめる鴛淵

 

(なんつー目してんだよ・・・だけどこの目どこかで・・・)

 

・・・・

・・・

 



アレクセイのサーブでゲーム再開!

長身を生かした打点の高いサーブ!!

 

だが、これを猫田が上手く拾う!

そのボールを松方が久場にトス!

 

ブロックに飛ぶのは当然、鴛淵!!

 

!?

 

鴛淵から死霊の手のようなものが・・・

その手が久場の首を絞めた!?

 

「死ね」

 

その一言で、久場のスパイクは不発に終わった。

久場が当てそこなった・・・?

 

「久場先輩・・・?」

 

心配して声をかける松方。

しかし、久場はもう・・・完全に恐怖に支配された顔をしている・・・。

 

なんてホラーーーーバレーボール!!

 

怖すぎだろww

 

次回に続く・・・!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■ハリガネサービス

オススメ記事

-ハリガネサービスネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.