【ネタバレ】ハリガネサービス 第166話「習熟」【漫画感想】

リンクユニット
注目

■ハリガネサービス
第166話「習熟」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

榊のハイジャンプからのサーブ!

かなり鋭さはあるが、待ち構えるのは五十嵐や大船を練習相手にしてきた間白!

パワー系の2人に比べれば、榊のサーブなど、どうということはない!!

 

間白のカットにより、ボールはセッターの松方の方へ!

だが、間白の位置的に、マイナステンポスパイクは打てない!

 

『いっせーーの・・・!!』

 

タイミングを合わせ、声をかけあう豊瀬の五十嵐・久場・大船・間白の4人!

 

せっ!!

 

4人同時シンクロ攻撃!!

松方のトスは誰が打つ!?

 

ブロックのアレクセイはセンターの久場に目標を絞るが・・・

 

これ、めちゃくちゃ謎なんだが、真横にトスしたのに、久場の後ろにいた大船が強烈なバックアタックを放つw

 

見事に決まり、豊瀬2ー1駿天堂!

 

大船のバックアタックは、対駿天堂の秘密兵器!

向こうが対応出来なかったのも仕方はない。

 

続いて、豊瀬・間白のサーブ!

ジャンプサーブだが、インパクトの瞬間に手首を固め、無回転サーブを放つ!

 

待ち受けるは榊だが・・・

レシーブを返すセッターの伊集院が榊の視界から消えた!?

 

間白はセッターのトスアップのルートの邪魔になるようにサーブを打った!

セッターの伊集院は、味方の榊が邪魔をして、ポジションにつけないでいた!

結局、この動揺が、榊のレシーブミスとなり、間白が1点を獲得!


 


続いて、もう一度間白がサーブを打つ!

トスを上げた瞬間に、このサーブは入ると確信する間白。

 

ジャンピングサーブ!!今度は無回転じゃなく強打!!

しかし、これは・・・やや大きいか?

アウトになるんじゃ・・・!

 

釼持もアウトと判断し、手を出すなと指示を出す!

間白の放ったサーブは、コートのライン際を叩いた!

果たしてアウトになってしまったのか・・・?

 

しかし、判定はイン!!

ライン上にボールは着地していた!

狙ってやったわけではないが、間白の調子はいいみたいだな。

 

まさかの立ち上がりで豊瀬が4点、駿天堂1点と3点リード・・・

この勢いのままいければいいのだが・・・

東京の絶対王者が、このまま終わるはずはない・・・

 

「とるよー」

 

笑顔で手を上げたのは、羽座川・・・

 

そして、間白のサーブを待ち受ける布陣は・・・

 

「あ・・・?」

 

レシーバーが羽座川一人・・・だと!?

余裕かよ・・・!!

 

次回に続く・・・!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■ハリガネサービス

関連記事

オススメ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。