バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

刃牙道ネタバレ感想

【ネタバレ】刃牙道 第179話「感服」【漫画感想】

更新日:

■刃牙道
第179話「感服」

「すでに覚醒は始まってるのか・・・?

 

■前回のレビュー

■刃牙道

地下闘技場選手控え室・・・

刃牙は武蔵との対決を目前に控えていた。

 

両手足に入念なテーピング・・・手馴れたものである。

 

テーピングが済めば、今度はストレッチ・・・

直立からの前屈・・・

手を床につけるのではなく、膝裏を抱きこむように・・・

顔はぴったり脚についている。

 

続いて、ゆら~・・・っと右足を天高く上げる。

右脚と左脚が、ほぼ一直線!

 

そして、右足が上がりきった所でぴたりと静止。

素晴らしい体幹・・・今さら語る事はないか。

 

そのままの状態から、軸足を回転させ、壁の方を向くと、

右足を壁にぴたりと貼り付け、ストレッチ。

 



この様子を満足気に見守るのは、スーツに身を包んだ執事の老人。

 

「天下無双を相手取ろうとしながら、まるでいつもと変わらぬご様子」

 

刃牙は笑みを浮かべる。

緊張は・・・してないようだな。

 

「しかも、宮本武蔵を絶命まで追い込むと、宣言しておられる。

 心より感服申し上げております」

 

そういうと、老人は刃牙に向かって90度のお辞儀をした。

辞めてくれと慌てる刃牙。

 

「なんで、そんなにくわしいんですか」

「ハハ・・・あなたの隠れファンですから」

 

驚く刃牙。

 

「天下無双なにものぞ。

 無事のご帰還、お待ちしております」

 

闘技場に向かう刃牙・・・!!

いよいよ始まるか・・・!



 


闘技場に続く通路を進み、出口付近でトーン、トーンと飛び跳ねる刃牙。

会場から伝わってくる独特の熱気に高揚する刃牙。

 

パンッと腹を叩いて、刃牙入場!!

 

瞬間、観客の歓声が沸き起こる。

あいも変わらず物好きたちで満席か。

 

この空気も慣れたもの・・・刃牙は余裕の笑みを浮かべ歩を進める。

 

「!・・・あれ!?」

 

その刃牙が、何かを見て驚いた。

刃牙の視線の先には、座禅を組む武蔵の姿が。

 

目を閉じ、すでに集中している様子・・・

刃牙の視線に気づいたのか、ゆっくり目を開ける武蔵。

 

そして、目が開ききった瞬間ッッ!!

武蔵が正座のまま跳び上がった(((( ;゚д゚)))

 

麻原彰晃跳びだとッ!?しかも1mほども飛び上がった!

ケツ筋だけで飛び上がったのかな?

 

そのまま立ち上がり、刃牙に向かって歩みを進める。

 



「少年(ボン)、何をしていた。待ちくたびれたぞ」

 

宮本武蔵といえば、佐々木小次郎との戦いで遅れてくるという逸話が一般的だが、

どうもその話は本当じゃなかったんだっけか。

 

闘技場の中央に盛られた砂山・・・

そこに突き刺さっているのは、大量の武器ではなく・・・

武蔵の愛刀が二本のみ。

 

まぁ刃牙が武器を使うなんて想像も出来ないからな。

 

「ん?」

 

武蔵が刃牙を見て、何かに気づいた。

 

んん~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~??

 

武蔵は今まで、強者を前にして、様々なモノをイメージしてきた。

時に天をつく金銀財宝、時に地の果てまで続く懐石料理・・・

以前、刃牙に見たものが、まさにその懐石料理だったわけだが・・・

 

今、武蔵の眼の前に映るのは、食べ散らかした懐石料理の平原だった。

まるで輝きを帯びていない闇・・・

 

「貴様が食ったのか、刃牙っっ!」

 

顔面に吹き出る汗・・・この武蔵の表情が意味するものは・・・?

 

うーん・・・

これって武蔵にとって、雑魚に成り下がった事を意味するのか・・・

はたまた、自分を越える脅威に成長したという意味なのか・・・?

 

勇次郎に対し見たのは天高く積まれた金銀財宝だったよな?

花山薫の時は、ただただ光だっけ?

刃牙には懐石料理が見えていた・・・それが食い散らかされていたとなると・・・

 

うーん・・・どっちなんだろうな。

まぁ、次回で解るだろう。

ここまで来て刃牙の弱体化はないだろうから、武蔵にとって、脅威になりうるレベルまで成長してるってことなんだろうな・・・

 

次回に続く!!



 

 

■前回

 

■次回 

 

■刃牙道

オススメ記事

follow us in feedly

サイト内検索

-刃牙道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.