【ネタバレ】仮面ライダービルド 第8話「メモリーが語りはじめる」【ドラマ感想】

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■仮面ライダービルド

第8話「メモリーが語りはじめる」

f:id:sarapan2014:20171023125335p:plain

葛城の母親に会うために北都までやってきた戦兎と龍我の二人。

北都に現れたスタークより、葛城がファウストを作った張本人であるという衝撃の事実を知る事となった・・・

 

■前回はこちら

8話あらすじ前編

f:id:sarapan2014:20171023124231p:plain

相変わらず政府に追われる二人・・・

葛城の母に匿われ、何とか難を逃れる事が出来たようだ。

 

母親は、スタークが言っていた言葉・・・

『ファウストは葛城巧が作った』・・・この事が真実かどうかが気になる様子だ。

 

・・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20171023124954p:plain

一方、東都政府に怒鳴り込んできた北都の首相・多治見善子w

仮面ライダーやスマッシュが現れた事に大変ご立腹のようだ。

 

どうやら、スマッシュの存在は東都のみに確認されているようだ。

西都の首相・御堂正邦は東都が兵器として利用しているのでは?と疑念を持っている様子・・・。

もちろん東都首相・氷室泰山は否定する。

 

一触即発・・・その間に入ったのは補佐官であり、氷室泰山の息子・幻徳だった。

化物は早急に対処する・・・か。

スマッシュの親玉が、よく言う。

 

ナイトローグの正体こそ、この氷室幻徳だったのだ。

 

その幻徳は西都と北都との通信を一方的に切り上げ、父親の泰山に迫る。

西都も北都も、本気で東都を乗っ取る気満々だという事に、いい加減気づけ・・・と。

 

軍備を整えるべきだという幻徳と、それに反対する父・泰山・・・

でも、北都も西都も、何が目的で乗っ取りなんて考えているのか?

 

物資とか確かに諸々美味しい部分もあるかもしれないが、スマッシュという得体の知れない厄介事も抱えてるわけでしょう?

乗っ取るにせよ、東都にある程度スマッシュを片付けて貰ってからの方がいいと思うんだけどね。

 

それかあれか。

軍備を整える前に乗っ取って、軍事力もモノにしようって腹なのかな。

確かに幻徳の言う通り、戦わないまでも、抑止の意味で軍備を整えるべきかもしれんな。

まぁ・・・人によっては、その行為こそが争いの火種になると見る人もいるかもだが・・・

 

話を戻すが・・・

幻徳が言うには、あのスカイウォールの悲劇の日・・・

パンドラボックスから放たれた光を浴びた政府トップの人間では西都首相の御堂と、北都首相の多治見だけなのか。

つまり氷室泰山は浴びなかったと。

 

その光を浴びてから、人が変わったという幻徳だが、泰山に言わせれば、人が変わったのはお前だと幻徳に語った。

 

軍事開発より経済の安定を指示する泰山。

 

・・・・・・

・・・

 

幻徳の苛立ちの矛先は、スタークに向けられたが、スタークも理由があって北都で暴れたようだな。

”アレ”の在り処がわかるかもしれない・・・

 

スタークたちが探しているアレとは一体何なのか?

軍事兵器ライダーシステムを更に進化させるためのアイテムなのか?

 

f:id:sarapan2014:20171023131256p:plain

一方、その頃・・・

葛城宅で、ようやく母親に二人の話を納得してもらったようだ。

龍我が冤罪だということ・・・そして、記憶を失った、戦兎が葛城巧をあやめてしまったかもしれない事・・・。

 

戦兎は、葛城巧がどんな人だったのか話を聞く。

科学を愛し、科学を恨んでいた・・・そう語る母。

 

どうやら、科学者の父親に憧れて、科学者になったようだな・・・

父を尊敬していた葛城巧・・・

 

驚くべき事に、パンドラボックスの責任者が葛城巧の父親だったのか・・・

 

スカイウォールの悲劇が起き、世間からバッシングを受けた父親は自ら命を断ったそうだ。

てか、マスターだよな?wあの悲劇を引き起こしたのって・・・

 

葛城巧は父の無念を晴らすべく、科学者になった。

しかし、ネビュラガスの人体実験を強行し、解雇・・・

その後にファウストを立ち上げた・・・ってことなのか。

 

没頭すると見境を失くす性格の科学者ねぇ・・・

まぁ科学者ってのは多かれ少なかれ、そんな感じじゃないのか?

 

母親は、巧が誰かに利用されたのではないか?と、考えてるみたいだけど・・・

まぁ母親なら信じたくはないわな・・・

 

戦兎は、巧も悔やんでいるのでは?と語り始め・・・

二人が巧の残した手がかりを目的にやって来たと話した。

 

そんな空気をぶち壊す龍我の腹の音w

 

f:id:sarapan2014:20171023132516p:plain

北都ってガチで貧困に喘いでるんだな・・・

出してくれたのが卵焼きだけてw

ちなみに巧の大好物だそうだ・・・亡くなったと知りながらも、毎日作ってるんだな・・・

 

f:id:sarapan2014:20171023132729p:plain

龍我は、卵焼きがめっちゃ甘いと猛烈バッシングするも、戦兎は卵焼きを食べて泣き出した・・・

まさかとは思うが、戦兎の人格って・・・まさか葛城巧なのか?

 

母親が言うには、巧が亡くなる一週間前に北都の実家に帰ってきたそうだ。

そのときに、どうやら母親にUSBメモリを託したようだな。

使う者によって正義にも悪にもなるデータが入っている・・・そう言っていたそうだ。

 

そして、もし自分の身に何か有った場合、母が信用できると思った人に渡せ・・・と。

戦兎は、今そのデータは何処にあるのか訪ねるが、どうやら北都の実家に戻る際に、東都の何処かに隠してきたそうだ。

 

母は自分でデータをとりに行き、戦兎たちに渡すかどうかは、その後に決めるという。

まぁ・・・そんなに簡単には信用できないわなw

 

f:id:sarapan2014:20171023133455p:plain

翌朝、母親の車で東都に向かう事に。

てかw普通に車で行けるのねw

戦兎と龍我はトランクに隠れてるみたいだけど・・・逃亡犯が目撃されて、厳戒態勢の中、何も調べられずに通れるのかよww

 

って、普通に通してくれたんだがww

 

と思った矢先!

突如車が蛇行!何かがあったのか!?

そして、母親の悲鳴が!!

 

f:id:sarapan2014:20171023133855p:plain

ナイトローグによるダイナミック誘拐!!

えっろいことするんか!?

 

ロケットパンダでトランクから脱出した戦兎と龍我!

二人を待ち受けていたのはファウストのガーディアンたち!

 

二人がガーディアンに足止めを食らってる最中・・・

ナイトローグと母親を見失ってしまった・・・


 

8話あらすじ後編

f:id:sarapan2014:20171023134232p:plain

気がつくと、そこは研究所!

なんかえっろいことしそうな雰囲気だけはあるわー・・・

氷室幻徳は、かつて自分が巧の上司であったこと、そしてここは巧が作ったファウストのアジトだと説明した。

 

幻徳は、単刀直入に、巧から預かった研究データは何処かと訪ねる。

 

とぼける母親に、巧の遺書をチラつかせる・・・

物々交換・・・そういうわけか。

そんなホンモノかどうかも解らないモノに乗っかるわけがないやんw

 

f:id:sarapan2014:20171023134654p:plain

普通に乗っかっちまったぞwww

こんなチョロいもんなんか・・・

政府の人間だから信用したのか?

 

でも遺書を取引に使う奴なんか信用できんだろ普通ww

 

母ちゃんは東都銀行の貸金庫の鍵と暗証番号を渡してしまった・・・

 

f:id:sarapan2014:20171023134924p:plain

ですよねーーーーーーーーーwwww

 

「どういうこと!!?」

 

じゃねぇよww普通に解れよ母ちゃんw

 

「彼が親に感謝する人間だと思いますか?(ドヤ」

 

氷室の顔www

殴りたくなるわwww

 

案の定掴みかかろうとするが、幻徳の秘書・内海成彰が母親の腕を掴み、止めた。

この男も、強いんだろうか・・・

 

幻徳は、母親にネビュラガスを投与してお帰り願うとのことw

ひでぇよ。・゚・(ノД`)・゚・。

 

「はなして!やめて!!」

 

なんか知らんが、くそえっろいんだがw

 

f:id:sarapan2014:20171023135606p:plain

一方、母親を助けられなかった事を激しく悔やむ戦兎と龍我。

そこに入ってくるスマッシュの目撃情報。

 

戦兎は、母親が記憶抹消のためにスマッシュにされたのかもしれないと、現場に急行!

その際、美空から新たなボトルを渡される。

消防車ボトルつったか?

 

さらに、マスターから龍我になにやら紙袋が渡される!

変身アイテムついにきた!?

 

f:id:sarapan2014:20171023135927p:plain

くっそwww確かに変身アイテムだがww

 

・・・・

・・

 

f:id:sarapan2014:20171023140057p:plain

現場で大暴れしているスマッシュは、以前にも戦った事があるスマッシュだ!

龍我が戦いを挑むが、返り討ちに・・・

どうやら以前よりもパワーアップしているようだな。

 

戦兎は、さっそく新しいボトルを試そうとするが、

海賊×消防車でベストマッチを導けずwww

 

どんな組み合わせだよww

 

ハリネズミ×消防車=ベストマッチ!

 

どういうことだってばよw

 

f:id:sarapan2014:20171023140412p:plain

ファイヤーヘッジホッグ・・・だと!?

もう、ひたすらカッコイイんだがビルド。

エグゼイドがダサすぎたのがあるかもだけど、メチャクチャいいわ。

 

どのフォームも割とお気に入りなんだがw

 

このファイヤーヘッジホッグ、右のトゲパンチに左腕に装着されたガン?から放水も出来る上に火まではける優れもの。

 

f:id:sarapan2014:20171023140625p:plain

なのに勝利の法則がえげつなすぎてやべぇww

 

何、ホース伸ばしてスマッシュの体内に放水して膨らまして、ハリネズミパンチで頭上からぶっ潰すって(((( ;゚д゚)))

 

ちーがーうーだーろー!!ちがうだろ!!

このハゲーーーーーー!!

 

なんでw

熱したものを急激に冷やしたら、脆くなるんじゃなかったっけ?

そのためのハリネズミじゃないのかwって思ったんだがw

 

まぁ、とにもかくにも、スマッシュは倒した。

戦兎は、急いで成分を抜き取る・・・

 

f:id:sarapan2014:20171023141431p:plain

やはりスマッシュにされてたのはお母さんだったか。

事後っぺぇ。

 

当然の如く、さらわれた記憶はないようだ。

安全なところにつれていこうとすると、お願いがあるという。

 

・・・・・

・・・

 

その頃・・・

東都銀行の貸金庫に向かった氷室と内海は、葛城母から預かった鍵で、中身をあらためていた・・・

 

「!?・・・これは」

 

驚く内海!一体何が入っていたのか!?

 

f:id:sarapan2014:20171023141833p:plain

”残念だけど、貴方は信用できない。 葛城 巧”

 

なんと!!

え、でもどういうこと?

母親がUSBを預かって、何処かに隠したってことよね?

 

それを後から巧本人が別に移したのか?

それとも母親が、フェイクを渡した?だとすると、中身のメッセージが意味不明だよね?

なぜ巧のメッセージ?母のメッセージならわかるけども・・・

 

そんな中、スタークから一本の電話が内海に入る。

幻徳に何か伝えたようだが・・・

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20171023142239p:plain

その頃・・・

戦兎と龍我は難波重工 総合科学研究所にやってきていた。

今現在は立ち入り禁止になっているようだが・・・

 

戦兎は葛城一家が、この玄関先で撮った写真を見て「ここだ」と確信を得る。

一体ここに何が・・・?

まさか、葛城母は、ここに研究データを隠したとでもいうのか?

 

龍我が玄関先の土を掘り返すと、埋められていた缶を発見。

中にはUSBメモリが!

 

「そんな所に隠していたとはねぇ」

 

f:id:sarapan2014:20171023142930p:plain

スタークによる不意打ち!!

二人まとめて一発だぜ!!

 

USBメモリを奪われてしまった!!

 

f:id:sarapan2014:20171023143038p:plain

さらに氷室もナイトローグに変身!

こいつのBGM超カッコイイのがムカツクww

 

f:id:sarapan2014:20171023143235p:plain

ナイトローグに任せ、去ろうとするスタークに挑む龍我!!

マジカッケェw生身でww

 

「もうハザードレベル2.4とはな・・・少し遊ぶか!!」

 

一方、ナイトローグと戦うビルド!

思ったよりもいい勝負をしている!

しかし、ナイトローグは、まだ余裕綽々といった感じか・・・

 

f:id:sarapan2014:20171023143707p:plain

一方、龍我は戦いの中で、ドンドンハザードレベルが上がっていく!!

2.7まで上昇したところで、スタークは龍我の成長を見込んで、USBメモリを託した。

 

一体何が目的なんだ!?

 

「何をするスターク!!」

 

スタークは敵に塩を送るだけでなく、ナイトローグを足止めし、二人を逃がした!

どうもこのスタークという男は、二人を強く強く成長させようとするきらいがあるな。

 

f:id:sarapan2014:20171023144506p:plain

スタークいわく、データを手に入れるのが目的ではなく、データを応用し、アレを完成させる事が目的・・・

桐生戦兎ならば、それができるはず・・・と。

 

そして、戦兎の作る、その”アレ”とやらを龍我が使える・・・と。

新しい仮面ライダーってことか?

 

・・・・・・

・・・・

 

葛城の母親は、改めて戦兎に研究データを託した。

戦兎なら巧の気持ちを解ってくれそうだから・・・と。

 

f:id:sarapan2014:20171023144951p:plain

それと、母ちゃんが氷室に渡してた鍵・・・

あれ、巧から託されてたものだったみたいだ。

もし、信用できないものからデータの事を聞かれたら、その鍵を渡せばいいってね。

 

なるほど。

これで合点がいったね。

母ちゃんもやっぱり氷室を疑ってたんだな。

 

ちょろいなんて言ってサーセンw

 

f:id:sarapan2014:20171023145221p:plain

葛城巧が残した、母への最後のメッセージ・・・

”取り上げて名付けうる”のアナグラムが”産んでくれてありがとう”・・・か。

 

しっかし、最初に戦兎がアナグラムに気づいた時もそうだけど・・・

やっぱり、戦兎=葛城巧の人格なんじゃなかろうか・・・

 

どうみても頭悪かったバンドマンがいきなり天才物理学者なんておかしいもんな。

 

・・・・・

・・・

 

その後、アジトでUSBのデータを確認する戦兎たち・・・

龍我は、データを確認する前に、戦兎に忠告をする。

 

そこには知らなければいい真実も書かれているかもしれない・・・

佐藤太郎が本当に葛城巧を殺した真実・・・か。

 

それでも、戦兎は何も知らない自分が一番恐ろしいと語り、真実を受け止める覚悟は出来ていると語る。

 

f:id:sarapan2014:20171023145806p:plain

そして・・・USBを挿し、中のデータを確認すると・・・

そこには『PROJECT BUILD』の文字が・・・

これは一体・・・

 

次回に続く!!


 

■前回

 

■次回

 

■仮面ライダービルド全話

 

■仮面ライダーエグゼイド全話

リンクユニット
関連記事

オススメ記事

購読ボタン