【ネタバレ】ハリガネサービス 第165話「成果」【漫画感想】




■ハリガネサービス
第165話「成果」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

いよいよ駿天堂学院と豊瀬高校の試合が幕を開ける・・・!!

豊瀬は王葉、竜泉、桐城の思いを背負い・・・打倒駿天堂を誓う!!

円陣を組み、気合いを入れる豊瀬。

 

■豊瀬スタメン

S松方/WS大船/MB久場/MB下平/WS間白/OP五十嵐/L猫田

 

■駿天堂スタメン

OP梧塔/MB本田/WS榊/WS釼持/MB鷲淵/S伊集院/L羽座川

 

サーブは駿天堂からか・・・

伊集院のジャンプフローターサーブ!!

 

極度に面倒くさがりな彼は着地点から守備位置まで、あまり動かずにすむように、右サイドに鋭いサーブを放つ!

弾道が低く、そして速い!!

 

待ち受ける大船にかわり、猫田がこれをさばくつもりだ!

猫田のレシーブは上手くいき、そのままセッター松方からトスが上がる!

 

ブロッカーのアレクセイが立ち塞がる中、誰がスパイクを決めるのか!?

 

「え?」

 

アレクセイの虚をついたのは間白だった!!

おそらく久場がスパイクに来ると踏んでいたようだが、サイドからのマイナステンポスパイク・・・!!

 

「キャオラッ!!!」

 

キャオラやめろwww

先制点は豊瀬か!

 

中学時代の間白を知るアレクセイだが、確実に速くなっていたようだな。

 

続いては豊瀬のサーブ・・・!!

撃つのはミラクルサーバー下平鉋・・・!!

 

ジャンプフローターサーブを警戒する駿天堂・・・!

 

(まぶしいな・・・。

 夢みたいだね、おーぎ君・・・

 

 一昨日の勝負でわかった。

 僕が、おーぎ君からサービスエースを取るのはムリだ。

 だけど僕にもこの豊瀬で果たさなきゃいけない役割があるから)

 

下平は、羽座川から教わった、ただのフローターサーブを放つ!!

羽座川との決着をつけるにあたり、まずはここからバレーボールを始める下平!

 

下平の放ったサーブは、ネットを越えた辺りで急激な変化を見せる!!

二段階の急激な変化!ガクッっとネット際に落としてきた!

ここまでの精度で狙い打てる選手は、そうはいない!

 

しかし、これを確実に拾うのが駿天堂の凄さ。

釼持が拾い上げた結果、彼はカウンターアタックには参加できない。

 

セッター伊集院は誰にトスをあげる!?


 


三人同時!シンクロアタック!!

本来であれば、釼持も含め、4人によるシンクロアタックがくる場面・・・!

一体誰が本命なのか!?

 

と、ここで豊瀬の出した作戦は、3人のアタッカーに対し、こちらも3人のブロッカーで対応する策!

いわゆる一対一の形だ!

 

榊には間白、アレクセイには久場、梧塔には五十嵐がそれぞれ張り付く!

松方の読みでは、こういう状況に持ち込んだ際に、面倒くさがりの伊集院は、必ず一番決定力の高い選手にボールをあげる!

 

そして、松方の読み通り、伊集院はエースアタッカーの梧塔にボールをあげた!!

ここまでが読み通り!

豊瀬はフォーメーションをかえ、間白、久場、五十嵐の三人で梧塔のブロックに飛ぶ!!

 

マンツーマンブロックは、あくまでも、この状況を作り出すためのフェイク!!

梧塔にトスを誘導したのだ!!

 

ブロック脇のコースも大船を置き、完全に塞いでいる!

梧塔も認めるいい作戦・・・

 

だが・・・!!

 

(惜しむらくは、高さが足りない!!!)

 

梧塔はブロックの上からスパイクを放った!!

 

ニヤ・・・!

 

「そのパターン、雲類鷲でたっぷり練習済みだ」

 

これも松方の読み通り!!

 

「つっこめ!しもへー!!!」

「つっこめ!下平!!!」

 

下平がスパイクに飛び込んだーーーー!!!

 

ドガッ!!!

 

ヘタクソかwww

梧塔のボールをレシーブミス・・・自分の顔面を射抜いたww

 

「ぷげっ!」

 

やらかしやがったww

これでスコアは1対1・・・

 

「てめー途中まで完璧だったろうが!!」

「まぁまぁ下平なんで・・・」

 

怒る大船wいさめる松方w

 

偶然触れただけ・・・榊はそう思っているようだが、梧塔は偶然ではないと見抜いていた。

油断のある王者なら、切り込む隙もあっただろうが・・・

やはり梧塔という男に隙はないか・・・

 

次回に続く・・・!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■ハリガネサービス

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

■おすすめ記事



新着記事まとめ

おすすめ動画サービス