【ネタバレ】刑事ゆがみ 第1話ドラマ感想【木10】




f:id:sarapan2014:20171012231028p:plain

ふうむ。

ドラマ『刑事ゆがみ』・・・原作のある作品らしいけど、ドラマが初見です。

主人公の弓神適当は犯人検挙にそこまで躍起になってるようには見えないものの、違法捜査を冒してでも犯人を追いつめる。

ひょうきんさを装いつつも、鋭い観察眼と推理力を持ち事件をひも解いていく。

 

しかしながら、グレーゾーンというか、かなりブラック・・・

結果オーライみたいな感じでめちゃくちゃな捜査をする。

 

その男のバディを組むのが25歳童貞の羽生虎夫。

こちらは規則に準ずるも出世欲の塊のような男。

手柄をあげるために弓神の暴挙を見過ごす事も。

 

この凸凹コンビが事件を解決していくわけだ。

 

最初の事件は女子大生が歩道橋で死んでいたのが発見された。

女子大生は酒気を帯びており、最初は事故と思われたが、弓神は事件と判断。

脚を滑らせて階段を転げ落ちたにしては、仰向けなのはおかしいと見たようだ。

 

その後、勝手に被害者の部屋に入り捜査を始める弓神。

ピッキングして被害者の部屋に勝手に入るとは何事か・・・

 

弓神は謎の美女ハッカー”ヒズミ”の協力を得て、被害者のSNSから事件当日の行動を洗う。

 

そしてその日、被害者と一緒だった友達に話を聞くと、色々と判明した。

まず被害者が数日前に痴漢を捕まえ、その男を脅して現金10万を受け取っていた事・・・

そして、その頃から嫌がらせを受けていた事を知る。

 

その事実を確かめるために該当駅に向かうと、そこの女駅員が羽生と中学の同級生だったようだ。

まさかの再会を喜ぶ羽生。

彼女、坂木望からの情報を元に、痴漢をした男・沢谷に任意で事情を聴く。

 

どうやら被害者の女は痴漢をでっち上げ、男から金をむしりとるゲスの極みだったようだ。

男も、このご時世・・・冤罪でも人生を失いかねない事は知っていた。

金で解決できるならと5万を渡したが10万を要求されたようだ。

 

ここまでの話を聞くと、この男が被害者に恨みを持ち、彼女の自宅のドアに落書きを書いた可能性はある・・・か。

 

弓神の推理では、事件当日、帰宅した被害者が自宅のドアに落書きがされており、

それを急いで消した所、何かの拍子で隠れていた犯人を発見。

犯人を追いかけて、現場となった歩道橋で逆に突き飛ばされた・・・と。

 

しかし、もし痴漢狩りに巻き込まれたあの男が犯人として・・・

見知らぬ男を夜中に女が追いかけるのか?

 

さらに男にはアリバイらしきものもあるようだが・・・

その証人が男の妻・・・じゃあなぁ。


 


その後、被害者の女が掲示板では有名な痴漢でっちあげ犯だという事が判明。

すでに削除された書き込みもあったが、またもヒズミの力を借りてこれを復旧。

掲示板に被害者の住所を書き込んでいた犯人が判明した。

 

それは被害者と友人で、痴漢冤罪を一緒に企てていた女だった。

彼女の父親は痴漢冤罪でとんでもない目にあったらしい。

そんな過去がありながら痴漢狩りをしないかと被害者に持ちかけ、荒稼ぎ。

 

しかし、痴漢された方が8割というルールのせいで、被害者ばかりが稼ぎ、虚しくなった友人は掲示板に彼女の住所を書き込んだようだ。

残念ながら犯人ではないようなのだが・・・

 

弓神は、この友人の家のドアに、次はお前だと、脅しのメッセージを書き、友人の出方を見るというまたしても違法な捜査を始める。

 

・・・・・

・・・

 

そんな折、弓神の指示で、駅員室でパソコンを見るように言われる羽生。

弓神の指定したサイトを見ると、被害者と共謀していた友人の個人情報が書き込まれていた。

 

弓神いわく、書き込んだのは痴漢の疑いをかけられた例の男の自宅・・・

旦那が勤務中となれば、犯人は奥さん!?

 

ということで、奥さんがやってくるのを友人の家が見える場所で張り込む弓神と羽生。

まんまと現れた犯人は被害者の友人宅のドアにスプレーを吹きかける!

 

そのタイミングで確保に向かう羽生。

逃走劇の末捕まえた犯人は、確かに女性ではあったが・・・奥さんではなかった。

 

犯人は羽生の同級生・・・女駅員の坂木望だった。

どうやら駅員室で羽入に見せた掲示板はヒズミが作り上げたでっち上げの掲示板。

 

それを目撃したのはあの場にいた者のみ・・・。

弓神は随分前から犯人が坂木であることを睨んでいたようだな。

 

決め手はドアの筆跡と駅員室に書かれた筆跡。

『そ』の書き方が古風で珍しかったようだ。

さらに、手のひらにスタンガンの痕があると推理した弓神はわざとコーヒーをこぼし、手袋を外させようと画策もしていた。

 

結局、羽生が彼女の自宅からスタンガンを発見・・・

 

事件の真相はこうだ。

本当に痴漢冤罪で苦しむ女性もいるなか、一方ではクズ女がそれをビジネスにしている。

彼女の正義感は、それが許せなかった。

 

被害者を殺すつもりなどなかった。

嫌がらせをして、それで終わりのはずだった。

しかし、彼女にみつかり、なんと追ってきた。

 

しかもスタンガンで襲い掛かってきたのだ!

その時、咄嗟に払いのけたせいで被害者は階段をころげおち死亡。

犯人は被害者のスタンガンで負傷した・・・

 

被害者の友人宅にも姿を現したのは、それを煽るような書き込みが書かれていたため。

 

痴漢冤罪で人生を棒にふる男性・・・

本当に痴漢に遭い、怖くて何も言い出せない女性・・・

 

ただ金を得るために冤罪を生み出すクズ女。

彼女は許せなかったのだ。

 

しかしながら今回の場合、痴漢狩りに巻き込まれた沢谷は、冤罪ではなく、実際に痴漢の常習犯だったようだ。

ある意味犯人も被害者みたいなもんだけどな・・・

 

羽生に同級生を逮捕させる弓神。

酷かとも思ったが、何も話せぬまま別れるほうが、色々スッキリしないもんな。

 

結構面白かったけど、僕程度でも展開が読めてしまったので、これはこういうドラマなのかもしれない。

弓神の行動を見てれば、何となくすぐ犯人は解るかもだね。


 

■次回

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス