【ネタバレ】ハリガネサービス 第164話「ファーストオーダー」【漫画感想】




■ハリガネサービス
第164話「ファーストオーダー」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

駿天堂、豊瀬共に会場入りし、アップを始めるが、どうやら駿天堂はまだユニフォームに着替えていないようだ。

 

榊のスパイクしたボールをたまたま拾ったマネージャーの百合草は、駿天堂のボールを見て唖然とする。

バレーボールの名門校・・・新品のピカピカを使っていると勝手に思い込んでいたが、実際には傷だらけのボール・・・

その刻まれた傷が、練習量の凄まじさを物語っているようだった・・・

 

「長峰先生、ごぶさたしております。

 今日はよろしくお願いします」

 

豊瀬の山縣監督が駿天堂の監督らしき人に挨拶をする。

 

「変わったなぁ君は・・・

 角が無くなった

 

「お恥ずかしい限りです」

 

昔は尖ってたんやろか・・・

二人は握手し、健闘を讃えあう。

 

ここで豊瀬が公式練習の時間に。

すると、ここでようやく駿天堂は着替えに動いた。

 

ユニフォームに身を包み出てきた駿天堂の面々は、やはり王者の風格が漂っている。

そして、今まで姿を見せなかった鷲淵の姿もそこにはあった。

 

さて、試合も近づき、慌しくなってきた。

豊瀬の鴫澤ちゃんはコーチだからベンチ入り、マネージャーは入れないんだな。

渋々観客席に・・・

 

・・・・・

・・・

 

観客席といえば、桐城高校の面々が駿天堂の練習風景にド肝を抜かれていた。

少し前までプロで活躍していた川藤コーチの強打を、全員こともなげにセッターに返している。

 

羽座川に至っては、例の無音レシーブ・・・

どんな強打も、羽座川の手にかかれば、全て無力化する・・・

一体この化物相手に豊瀬はどう戦うのか・・・


 


「これほど大きな会場で、これだけの大観衆を前にプレーできるのは貴重な機会だ。

 楽しんできなさい」

『ハイ!!』

 

山縣先生の言葉で送り出される豊瀬メンバー!

いよいよ試合が始まるか・・・!

 

ここで両チームの紹介がなされる。

 

駿天堂学院

監督    /長峰慧

コーチ   /川藤康祐

マネージャー/本田=ソフィア=モストヴォイ

1番WS  /梧塔一雄/3年キャプテン・ベストスパイカー

2番MB  /鷲淵総佑/一人だけオーラが違う不気味すぎる

3番セッター/伊集院司/165cmのイケメンセッター

4番WS  /釼持直/次期エースの1年生スパイカー

5番MB  /本田=アレクセーエフ=モストヴォイ/2m越えの巨人

6番リベロ /羽座川扇/無音レシーブの使い手

7番WS  /榊翔平/スーパージャンパー

 

ちなみにマネージャーのソフィアさんはパツキン、眼鏡、ポニーテールに抜群のプロポーション・・・こんなマネージャーいたら部活に集中できないやろw

 

続いて豊瀬メンバーが紹介される。

 

監督    /山縣三郎

コーチ   /鴫澤雪江

マネージャー/百合草南

3番WS  /五十嵐歩/タオル先輩

4番WS  /大船勇/オラオラマッチョ系

6番リベロ /猫田瞬/猫田きゅん可愛すぎぃ

7番MB  /久場遥/イケメンキャラなのに影が薄い

9番セッター/松方一颯/豊瀬のキーマン

10番WS /間白譲治/武器がない事に苦しんでたが大丈夫か?

11番MB /下平鉋/ミラクルサーバー

 

果たしてこの面子で駿天堂に勝てるのか・・・?

 

次回に続く・・・!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■ハリガネサービス

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス