【ネタバレ】仮面ライダービルド 第6話「怒りのムーンサルト」【ドラマ感想】

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■仮面ライダービルド

第6話「怒りのムーンサルト」

f:id:sarapan2014:20171009122323p:plain

龍我はスマッシュを泳がせアジトを突き止めようと、一人で尾行を始めた。

果たして上手くアジトにたどり着けるのか?

 

■前回はこちら

6話あらすじ前編

f:id:sarapan2014:20171009121214p:plain

戦兎のかつての同居人がスタークの手により、スマッシュへと変えられてしまった・・・

そんな彼を一度は救った戦兎だったが、龍我の思わぬ裏切りにより、再びスマッシュへ変えられてしまう。

 

負傷したスマッシュはアジトに戻るはず・・・

龍我はスマッシュを尾行して、ここまでやってきたようだが・・・

スカイウォールがすぐそばに見える・・・

 

ここがファウストのアジトなのか?

 

f:id:sarapan2014:20171009121624p:plain

あからさまに怪しいw

しかし、この警備の中、たった一人で潜入するなんて無理だろw

 

と、そんな事を考える間もなく、敵に見つかってしまう龍我w

それを助けたのは、戦兎だった!

 

f:id:sarapan2014:20171009121925p:plain

4コマ忍法刀めっちゃ便利だな。

風遁の術に煙玉も使えるのか。

 

・・・・・

・・・

 

無事アジトに戻ってきた戦兎と龍我だったが、いきなり揉め始める。

戦兎はスマッシュになったタツヤの事が心配で、龍我は冤罪を晴らす事で頭がいっぱい・・・

 

龍我はアジトに乗り込み、ナイトローグをとっ捕まえて、無実を証明する気のようだが、生身でやれるのかと戦兎に鼻で笑われる。

 

f:id:sarapan2014:20171009122550p:plain

すると、だったら試してみるか?と、ボトルをシャカシャカし始める龍我w

 

f:id:sarapan2014:20171009122834p:plain

「前のオレとはちげぇぞ!!オラァ!!」

 

つえぇぇ(((( ;゚д゚)))

さすが元格闘家!

 

f:id:sarapan2014:20171009123022p:plain

怯える美空ちゃんw

 

どうやらドラゴンボトルは他のボトルと違い、龍我とシンクロして、妙な化学反応をしているらしいw

 

f:id:sarapan2014:20171009123159p:plain

だが、ボトルの使い方は戦兎も負けてはいない。

逆にボコられる龍我!

美空ちゃん何故か戦兎を卑怯者呼ばわりw

 

「だったら・・・!!」

 

龍我は、最初に戦兎をぶっ飛ばした時に落とした、ベルトとボトルを使い、変身を試みようとする!

 

f:id:sarapan2014:20171009123536p:plain

しかし、どうやら上手く変身できないようだなw

 

「なんで・・・」

 

よくわからんけど、持ち主と適合しないとダメなのか?

無理やり変身しようとすると電撃が走るとか、セキュリティも万全だな。

それにしても龍我が気絶するほどの電流ってやべぇだろw

 

ここぞとばかりに美空が、ぬいぐるみで龍我攻撃しまくっててワロタw

 

ボトルのせいなのか、恐ろしい速度で成長する龍我を危険視する戦兎。

反乱分子になりかねない・・・か。

 

f:id:sarapan2014:20171009123946p:plain

一方、強さに飢えているスタークは、戦兎のハザードレベルを意図的に上げているようだな。

一体何が目的なのか・・・

 

f:id:sarapan2014:20171009124238p:plain

ようやく目覚めた龍我は、マスターから危険だからもう変身しようとするなと忠告を受ける。

戦兎はすでに研究所に出向き、スカイウォールについて調べているそうだ。

一刻も早くアジトを突き止め、タツヤを救いたい・・・か。

 

マスターいわく戦兎は、友達だからタツヤを救うわけではないという。

記憶を失い、不安でたまらない・・・故に、こうありたいと願う自分を演じているのだというのだ。

 

記憶のない戦兎は、誰にも推し量れない孤独を抱えているのだとマスターは言う。

 

f:id:sarapan2014:20171009125015p:plain

研究所では、熱心にスカイウォールを調べる戦兎に、ガスについて教える氷室。

地下から湧き出る、地球上には存在しないガス・・・

その名も『ネビュラガス』・・・それにいち早く目をつけたのが殺された葛城だという。

 

f:id:sarapan2014:20171009125437p:plain

葛城の研究データを氷室は、あっさり見せてくれた。

アホ毛が逆立つ戦兎w

 

f:id:sarapan2014:20171009125706p:plain

その頃、こっちでは呑気に女子会っすか!

 

f:id:sarapan2014:20171009125634p:plain

紗羽に彼氏はいないのか?戦兎や龍我は気にならないのかと言われ、激しく動揺する美空ww

タバスコとびちりすぎwww

 

f:id:sarapan2014:20171009130007p:plain

「美空!!すきだ!!」

 

タイミングよく現れた戦兎から、いきなりの告白!?

動揺MAXの美空だが、実は、”好き”ではなくスカイウォールの”スキマ”

 

これは酷いw

 

「おい!筋肉バカ!」

「誰が筋肉バカだよ!」

 

どうやら戦兎はファウストのアジトが解るかもしれないらしいw

あっさり仲直りする二人。

 

ネビュラガスについて説明する戦兎。

実は龍我もすでにみていた。

あのアジトらしき場所でみた黄色いガス・・・あれがそうだったのか。

 

戦兎が言うには、ネビュラガスがスマッシュの成分らしい。

ネビュラガスの噴出地点こそ、ファウストのアジトがある・・・

しかし、そこは警備が厳重で入れなかった。

 

どうやら戦兎は、その場所とは別に、ネビュラガスの漏れるスキマを見つけたらしい。

立入禁止区域ではあるが、やるしかないと意気込む二人。

 

・・・・・

・・・

 

一方、東都政府では氷室が電話で誰かと密談を交わしていた。

一体誰の指示で戦兎に葛城の研究データを見せたのか・・・?


 

6話あらすじ後編

f:id:sarapan2014:20171009131138p:plain

戦兎と龍我は、作業員に扮して、立入禁止区域に入るつもりなのか。

タツヤの事で謝罪する龍我・・・

そんな彼に戦兎からのプレゼント!

 

f:id:sarapan2014:20171009131344p:plain

火を噴くドラゴンw

かわええw

龍我の見張り役のペットらしいが、こいつイチイチ変なBGMが流れやがるw

 

f:id:sarapan2014:20171009131523p:plain

潜入する際も、変なBGMで敵に気づかれてるしw

まぁ・・・いい囮にはなったかもだが・・・

 

龍我と戦兎はネビュラガスの中を進む・・・

 

f:id:sarapan2014:20171009131722p:plain

行き止まりの道を、ゴリラモンドの力で固め、それを破壊w

いやよくわからんわw

 

横を殴って、下が抜けるという、よく解らない展開だが、この地下道に龍我は思い当たる節があった。

実験施設から逃げ出してきた道のようだな・・・

 

二人は先に進むと、見事に施設にたどり着いたようだ。

龍我が敵の気を引き、戦兎が隙をついて狩る・・・!

 

中々のコンビネーションだ!

 

f:id:sarapan2014:20171009132217p:plain

そして、ついに実験現場にたどり着いた二人!

戦兎は人体実験を受けた時の記憶がフラッシュバックする!!

怒りに震える龍我は、研究員に襲い掛かる!

 

f:id:sarapan2014:20171009132355p:plain

と、ここで姿を現したのはブラッドスターク!

貴重なサンプルは殺したくない・・・故に動くなと忠告するが、龍我はスタークに向かっていってしまう・・・

 

f:id:sarapan2014:20171009132624p:plain

結果、スタークの毒針を首に受けてしまった。

迂闊すぎるw

 

酷く苦しむ龍我、全身に毒が回り、肌が黒く変色していく・・・

ついには動かなくなってしまった・・・

 

後悔するくらいなら毒針刺さずに制圧しろよwwって激しく思ったが、

スタークにとってサンプルは一つあればそれでいいってことなのか・・・

 

もちろんそれは戦兎を指す・・・!!

ネビュラガスを体内に注入され、怪人化しない貴重なサンプル・・・

 

戦兎は自身がスマッシュと同じだと聞かされ、激しく動揺する。

いやぁ・・・頭がいいなら、ソレくらい想定は出来ただろうにw

 

f:id:sarapan2014:20171009133159p:plain

「んなわけねぇだろ!!」

 

シャコシャコシャコシャコwwww

ゴメンなんかクッソワロタwww

切れながらボトル振るってヤベェ奴やんww

 

しかもリズミカルにベルトにボトルセットしてたw

 

f:id:sarapan2014:20171009133425p:plain

ブチギレて暴れまわる戦兎!

一方、毒に苦しむ龍我は、なんとドラゴンロボに毒を吸い出してもらって元気に!

ただ五月蝿いだけの奴じゃないじゃん!

 

f:id:sarapan2014:20171009133604p:plain

狂ったようにブチギレる戦兎w

スタークに馬乗りになり、誰がガスを入れたのか問い詰めるw

 

てかwww

いくらなんでも殴りすぎやろww

ボッコボコやんけw

 

「オレの体を返せ!!記憶を返せ!!」

 

少なくとも10発以上は殴ってたぞw

 

黙って殴られるのも飽きたのか、スタークの反撃を食う戦兎!

変身まで解けてしまう!

そして、異様に苦しんでいるようだが・・・

 

f:id:sarapan2014:20171009134033p:plain

スタークは戦兎に失望し、天井を打ち抜いた。

このアジトはもう廃棄するという意味か・・・

ガーディアンたちが現れ、被験者を捕縛する。

 

龍我に挨拶し、去っていくブラッドスターク。

今度は冷静になったのか、下手な手出しをしない龍我。

逆に冷静さを失った戦兎は飛び掛ろうとするも、龍我に止められた。

 

すでにタツヤの事も、他の人たちの事も目に入って無い戦兎。

ショックなのもわからないではないが・・・

 

f:id:sarapan2014:20171009134525p:plain

そんな戦兎の目を覚まさせてくれたのが龍我だった。

人助けのビルドと、自分の記憶・・・どちらを優先するのか?と訪ねる龍我。

 

冷静さを取り戻した戦兎は、ビルドを選択した。

それでこそ桐生戦兎!!

 

f:id:sarapan2014:20171009134825p:plain

戦兎はビルドに変身し、ガーディアンから人々を救う!!

だが、ここで立ち塞がったのは、限界値までガスを注入されたタツヤだった。

このまま膨張を続ければ、あと1分で破裂するという!

 

戦兎は龍我に人質を頼み、タツヤを何とかする!

 

f:id:sarapan2014:20171009135049p:plain

風遁竜巻斬りをお見舞いし、なんとかスマッシュを倒すが・・・

 

f:id:sarapan2014:20171009135310p:plain

大爆発に飲み込まれてしまう・・・

もうダメかと思われたが・・・

 

f:id:sarapan2014:20171009135406p:plain

何とか助かったみたいだな!

よかった・・・

 

龍我は思わず「戦兎!」と呼び捨てにw

二人の仲も少しは深まったか?

 

f:id:sarapan2014:20171009135650p:plain

一方、ブラックスタークと氷室との繋がりが明確になったな。

あのラボで戦兎たちに出自を語ることこそがスタークの目的だったようだけど・・・

うーむ・・・よくわからない。

 

f:id:sarapan2014:20171009135853p:plain

そして、タツヤの口から語られる9月5日の真実・・・

どうやら新薬のバイトで、タツヤは葛城のマンションに戦兎を送り届けたようだな。

 

f:id:sarapan2014:20171009140028p:plain

「今日は焼肉っしょおおおお!!」

 

そして重大な事が解るのだが、戦兎が葛城に会いに行ったのが午前9時ごろ・・・

龍我が訪ねていったのは午前10時ごろのようだ。

 

つまり、真犯人は戦兎ってことなのか・・・?

 

f:id:sarapan2014:20171009140318p:plain

「オレが・・・葛城を殺した・・・?」

 

次回に続く!!


 

■前回

 

■次回

 

■仮面ライダービルド全話

 

■仮面ライダーエグゼイド全話

関連記事

オススメ記事

購読ボタン