13年前に茨城大学2年原田実里さんが殺害された事件!男が逮捕!実は自宅が犯行現場だったのでは?




f:id:sarapan2014:20170902163805p:plain

13年前の茨城女子大生殺害事件の容疑者の男が逮捕されたようだ。

2004年ってことか・・・随分前なので、すっかり記憶に無い人も多いだろうな。

ちょっと調べてみたので、事件を紐解いてみよう。

 

事件概要

2004年1月31日の早朝・・・

茨城大学2年原田実里さんの遺体が衣服を身につけていない状態で川にうつ伏せになっているところを発見された。

 

死亡推定時刻は31日の深夜0時~2時とみられ、首を絞められた事が直接の死因のようですが、他にも首や胸・・・腕にも刺し傷が。

 

遺体が見つかった場所から約6km先のアパートに住んでいた原田実里さん。

一体何があったのか・・・

 

当日の不可解な行動

1月30日・・・

バイトから帰宅したのが午後9時ごろ。

自宅のアパートで男子学生と食事。

男子学生は酔いつぶれて寝てしまった。

 

1月31日・・・午前0時ごろ・・・

原田さんが突然家を出る気配を感じたようだ。

この際、ジャージとダウンジャケットをパジャマの上に羽織っていったと思われる。

 

テーブルには『友人に会いにでかける。遅くなる』と書かれたメモが置かれていたようだ。

 

しかし、部屋には

メガネ・コンタクトレンズ・財布・携帯も置きっぱなしだった。

原田さんは視力が0.1で、メガネやコンタクトなしではとてもじゃないが普通に歩きまわれない。

しかも、辺りは真っ暗な深夜0時。

 

どう考えても不自然なのだ。

加えて、原田さんは移動手段に自転車を使っている。

目がよく見えない状態で、暗闇で自転車に乗れるものなのか?

 

個人的に思ったのは、この男メッチャ怪しくないか?ってこと。 


 


この置き書きに誘導されてしまいがちだけど、もし仮にこのメモが犯行を紛らわすための偽装工作だとしたら?

 

室内で男となんらかの言い争いとかになって、例えばそこで首を絞められころされ、

その後、男に外に運ばれた・・・

そんな展開は考えられないだろうか? 

 

置き書きに関しては、今書いたものではなく、前に似たような置き書きを書いていたものをそのまま犯人が利用したということは考えられないだろうか?

 

まぁ・・・これは僕の勝手な推理だから、的外れかもしれないけどさ。

だって、状況が明らかにおかしい。

0時に友達に会いに行く?

しかも、メガネもコンタクトもせず?

財布も携帯も持たず?

 

本当に友達と会う約束をしていたとして、事件後、その友達は名乗り出たのか?

出て無いんじゃないのか?

 

これがメモの再利用だとすれば、当然待ち合わせの友人なんかもいないわけで、

当然誰も名乗り出ないのだ。

 

うーん・・・考えすぎかなぁ。

まぁ何にしろ、犯人が捕まったのであれば遺族の無念も少しは晴れるんじゃないかな・・・


 

■おすすめ記事