【ネタバレ】刃牙道 第171話「嘘つき」【漫画感想】

リンクユニット
注目

■刃牙道
第171話「嘘つき」

 「まさかここで・・・!?

 

■前回のレビュー

■刃牙道

武蔵の前に立ちはだかる刃牙・・・

 

「それ・・・抜いたらよォ・・・

 ブチ殺すぞてめぇ

 

武蔵に凄みを利かせる刃牙・・・

 

「ん。んん~~~~~~~~?

 抜いては駄目か。少年(ボン)」

「これ以上斬ろうってのかよ」

 

「斬らねば決着が付かん」

「もう決着だ」

 

「少年(ぼん)、これは決着とは言わん」

「宮本武蔵さん。サムライの誰もが刀を差していたアンタの時代とは違う。

 現世(ここ)じゃ決着なんだよォッッ!!

 

刃牙の怒号にビビるギャラリー。

 

「ありがとよ刃牙」

 

満身創痍の花山薫が刃牙に背を向けたまま呟いた。

そんな花山薫の背後に立つ刃牙。

膝を折り、姿勢を低くする。

 

「立派でした。花山さん。

 どうかもう、倒れちゃってください」

 

烈海王を失い・・・これ以上、不必要に犠牲を出したくない・・・って気持ちも少なからずあるんかな。

 

微笑みを浮かべる花山薫。

 

ここに来て、刃牙の存在に気づき始めるギャラリー。

あの親子喧嘩いらい、ちょっとした有名人だからな・・・

 

「・・・なァ・・・・・・・刃牙・・・・・・

 『侠客立ち』まだ立ってるか・・・・・?」

 

これを聞いた刃牙は、マジマジと、花山の背中を見る。


 


「花山さん。

 誰がどー見たって立ってるさ。

 ビフォーアフター。

 以前(まえ)より、ずっと立派な『侠客立ち』だ」

 

「今夜はよォ・・・・・・・」

 

嘘つきばかりだ・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

意識を失う花山薫。

すでに限界だったか・・・ッッ!!

 

瞬間!!

 

内海が立ち上がり・・・

 

「集合ォ!!!」

 

内海が集合の合図をした瞬間!!

武蔵・刃牙・花山・内海を取り囲むように100人近くの警察官がドッと沸いた。

驚くギャラリーたち。

 

これには刃牙も面をくらう。

 

「花山さんをただちに搬送しろッッ!

 絶対に死なせるなッッ!!

 

『はい!!!』

 

・・・・・

・・・

 

『俺が英雄』

 

花山薫を死なせるな。

侠客(おとこ)花山。

 

マッハの迅速(はや)さで『車中の人』となる。

 

「いいのか、行かなくて」

 

刃牙に訪ねる内海。

 

「さすが花山さん。こんなにも・・・」

 

先ほどまで花山が座していた地面に目を向けると・・・

そこには血の海が広がっていた。

常人ならば完全に致死量の血液が流れ出ている・・・

 

刃牙は、視線を背後の武蔵に移し、歩み寄る。

 

「アンタが流れさせた」

 

ニィ・・・!

 

「くるか!」

 

嬉しそうな宮本武蔵。

 

「ブチのめして勝つんじゃない・・・

 この世から葬り去るんだ

 

刃牙よ・・・相変わらずデケェこというな。

そこまで言うからには勝算があるんだろうな!?

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回 

 

■刃牙道

関連記事

オススメ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。