【ドラマ感想】セシルのもくろみ 第7話 安永舞子がクズすぎてもうww

リンクユニット

f:id:sarapan2014:20170713231215p:plain

ほんとハセキョーウゼェけど、めちゃくちゃドエ口いなドーン゚A`)≡〇)`Д゚).・;’∴

 

■前回はこちら

ハマユカがヴァニティのカバーモデルを卒業・・・

でもそれは前向きな卒業だった。

どうやら新しい雑誌を立ち上げるとかで、そっちのモデルをやるとか。

 

そしてハマユカの代わりにカバーモデルに抜擢されたのは、レイナではなく、

元No.2の安永舞子だった。

 

入った途端、番長みたいに幅を利かせる舞子w

宮地を敵視しヴァニティにふさわしくないと言い放つ。

 

・・・・・

・・・

 

そんな最中に持ち上がったweb企画。

ライターとモデルのタッグで、普段のありのままのモデルの姿を特集。

web投票でNo.1に選ばれたコンビは安永舞子の復帰トークショーに出る事に。

ライターは大々的に記事も任されるとか。

 

しかし、モデルとライターのコンビは黒沢が決めるようだ。

結果、宮地はレイナのライターの平井早紀とコンビを組む事に。

 

そして沖田はレイナと組むことに・・・

このライタートレードはどのような結果を生むのか・・・

 

・・・・・

・・・

 

沖田はヴァニティのモデルらしい振る舞いを学ばせるため、宮地に喋り方の教室を勧めるも、宮地はこれに反発。

それ以来沖田と宮地は微妙な亀裂が。

 

そんな中でそれぞれ確執を抱えながらも、本気で1位を目指すことに。

宮地は平井早紀の指示に従い同窓会に参加する際のコーディネートみたいな企画で臨む一方、沖田はレイナに読者プレゼントを企画。

 

沖田はレイナを褒める事でコミュニケーションをとっていくようだ。

一方、宮地を舐めきってた平井早紀も、実際に撮影に入って力を見せる宮地に驚きを隠せない。

以前宮地にNGを出したカメラマンも、宮地の成長ぶりに驚き、今後もよろしくとのこと。

 

それにしても真木よう子可愛いなぁ^q^

レイナも絶対あれツンデレだよねw

ちょっと今日のレイナ可愛かったw

 

・・・・

・・・

 

そしてweb投票結果発表・・・!

なんと宮地が1位を獲得!!

 

まさかの宮地!トークショーに出席も決まった!

しかし予期せぬ事件が発生する・・・


 


宮地の息子の通う学校で、宮地のバイト先での客とのやりとりが盗撮され、保護者の間で動画が出回ってるらしいのだ。

 

この情報をハマユカから聞いてショックを受ける宮地。

結構立派な学校だったもんな。

上品さとかが重要視されるみたいな。

 

宮地は学校に相応しくないってさ。

宮地はこの事態を受け、息子が変な目で見られたり、いじめられるんじゃないかと危惧する・・・

 

そして、宮地はモデルを辞める決断をする。

これによりトークイベントにはレイナが選ばれることに。

 

この事態を知った沖田は事情を聴きに宮地のもとへ飛んだ。

 

・・・・・

・・・

 

話を聞いた沖田は、説得を試みる。

今やめたら、それこそ自分のせいで母親がモデルを辞めたと息子は思うよ・・・と。

宮地はモデルを続けることを決め、言葉遣いも直していこうと努力を始める。

 

 

沖田は沖田で黒沢に直談判。

トークショーに出してくれないか・・・と。

しかし、すでにレイナで決まってるところを変更するのはあまりに失礼。

 

そんな中、安永舞子は宮地も入れて3人でトークショーに出ればいいじゃないと言ってくれた。

なんだ、もの凄い良い女じゃん!って思うじゃん?

 

この女がそんないい女なはずがなかった!((((;゜Д゜)))

 

・・・・・

・・・

 

宮地問題の裏でヴァニティも色々動きが・・・

まず、編集長がヴァニティを去る。

新しい雑誌を担当するーみたいな。

 

でも結局、雑誌を作る部署ではなかったらしく、ハマユカのカバーモデルの話もおじゃんに・・・

 

ショックで涙に暮れるハマユカ・・・

 

一方、編集長が抜けて、新たな編集長は黒沢か?みたいな空気だったが、

なんと新しい編集長は黒沢の後輩の男。

結局男社会なのか・・・

 

あと、沖田と山上の関係にも亀裂が・・・

小池とかいう黒沢の腰ぎんちゃくと山上がいい感じに・・・

若いだけが取り柄じゃん小池w

 

可愛さ的には沖田だろw

山上つまみまくりか!

 

・・・・・

・・・

 

そんなこんなで、トークイベント。

安永舞子の服えっろ!((((;゜Д゜)))

 

おっぱぃが見えてまうやん・・・

もう話が全く入ってこない。

 

宮地は特訓の成果もあって、綺麗な言葉遣いで話をすすめるのだが・・・

 

ここで安永舞子が爆弾をぶっこんでくる。

「モデルを辞めたかったそうだけどなんで?」とぶち込んできたのだ。

 

この女ヤバすぎるw

 

そして宮地は「私にはモデル”なんか”より大事なものがあると思ったからです」と言ってしまった。

 

宮地は安永舞子に潰されてしまうのか!?

 

次回に続く!


 

■前回

 

■次回

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

新着
リンクユニット