【ドラマ感想】セシルのもくろみ 第6話 レイナクズすぎw熱いw熱すぎるw




f:id:sarapan2014:20170713231215p:plain

いやぁ・・・セシルのもくろみ、めちゃくちゃ面白いじゃん。

低視聴率なんて言われてるけど、マジでもったいないな。

ちゃんと見てほしいよな・・・

 

■前回はこちら

読モを切った事により、ヴァニティの売り上げもドンドン下がっている現状・・・

黒沢の提案で、宮地を専属モデルに起用してみるという案を編集長に進言。

再び宮地&沖田のタッグを組むことに!

 

しかし、専属モデルの世界は今までの読モとの扱いとはわけが違う。

技術も何も持たない宮地は沖田とトモの元、猛特訓をするのだが・・・

 

結果はボロボロ・・・

カメラマンが山上じゃなかったのも相まって、ボロクソの結果に。

しかも、専属モデルのレイナってのが、優しいキャラかと思いきや・・・

性格最悪のクソ女だと判明ww

 

そんな中、海外ブランド『フェローニ』のタイアップとしてヴァニティが選ばれることに!

しかもフェローニに思い入れのある沖田が担当することになっただけでなく、先方の指示で専属モデルのレイナではなく、他のモデルを指名。

 

黒沢は宮地で行こうと考えているようだ。

この大抜擢を受け、沖田はハマユカに宮地の教育係を頼み込み、これを快諾!

 

No.1モデルから、モデルの技術を叩き込まれる宮地・・・

そしてフェローニの担当の人と食事会を行う・・・!

 

・・・・

・・

 

食事会は沖田と黒沢も同席。

フェローニの女性の担当者めっちゃ怖いんだがww

そんな怖い人に色々質問される宮地。

 

しどろもどろになりながらも自分の気持ちを伝えた結果・・・

 

なんと合格ww

フェローニの全てが書かれた分厚い冊子を渡される宮地。

家庭のことも、フェローニの事もバイトも・・・宮地フル稼働だ!


 


撮影当日。

トモにメイクされ、いつもとはまた違う感じの宮地。

緊張感・・・恐怖・・・

 

宮地はいっぱいいっぱいになりつつも、トモに押し出され撮影現場に。

すっかりモデルのたたずまいの宮地。

 

ハマユカ直伝のモデルっぽさもいかんなく発揮される!

そんな中、フェローニの怖い人から『柔らかい表情』という想定外の注文を受ける。

 

突然のアドリブにヤバイかと思いきや、宮地本来の笑顔が爆発。

しかもモデルとしての品性を保ちつつ・・・凄くいい感じに仕上がった。

 

そんな撮影現場をこっそり見るレイナw

くやしいのうwwwくやしいのうwww

 

担当ライターをこきおろす程の苛立ちを見せるレイナw

くやしいのうww

 

・・・・・

・・・

 

撮影は無事終了!

フェローニの鬼みたいな女性からも高い評価を獲得した宮路。

 

しかし、ここでとんでもないミスをすることになる。

宮地と沖田は、インスタ再開しようか~なんて話をしてる中、

スタイリストの千絵に呼ばれ、スマホをそのままにしたまま部屋を出てしまったのだ。

 

もぬけの空になった部屋にレイナが侵入!!

なんとインスタいじりはじめたw

そして、その姿を目撃しながらも止めないレイナ担当のライター・・・

 

・・・・・

・・・

 

その結果・・・

宮地のアカウントで沖田の持っていたフェローニのスカーフだかバッグだかをディスりまくりw

 

その事に気付いた沖田は、すぐに投降を削除するも、すでにスクショなりで拡散されたあと。

これにはフェローニもカンカンで、ヴァニティの広告を停止すると言ってきたようだ。

 

すぐに編集長と黒沢が話をつけにいき・・・

なんとか広告停止は免れたものの・・・条件として沖田を外す事だった。

仕事を失った沖田・・・その事をあとから聞かされた宮地は、レイナの姑息なやり方と知り激怒!!

 

レイナに食って掛かるも、あの女・・・まるで悪びれる様子もない・・・

なんて女なんだ・・・

 

・・・・

・・

 

その後、沖田はいきつけのBARでバイトしているところを宮地が発見。

本当にこのまま泣き寝入りしていいのかと沖田を奮い立たせる宮地。

宮地の熱さに目を覚ました沖田は、そっから原稿を書き上げ、翌日の朝一にダメ元で黒沢に原稿を渡した。

 

黒沢も沖田の気持ちを察してか、これを受け取った。

 

その後、ハマユカと合流した黒沢は、宮地と沖田を自分たちに重ねていた。

ヴァニティの創設の時に沖田が宮地を誘ったように、黒沢がハマユカをこの世界に引きづり込んだんだって。

 

何処かほっとけない気持ちになるのも、そういうことがあってなのかな。

二人は立ち上がり、フェローニに直談判へ向かう!!

 

その結果、フェローニは許してくれた。

沖田の書いた原稿にフェローニとおばあちゃんとの思い出が決め手になったようだ。

 

もちろん沖田の書いた原稿を採用!

沖田もこれまで通りライターを続けて行けることに!

歓喜する沖田と宮地!

 

このコンビいいわぁw

 

だが・・・そんな喜びの中で、ハマユカが卒業を決意したと宮地に告白!!

師であり、友人であり・・・追いかけるべき目標であったハマユカがヴァニティを卒業!?

 

一体どうなるのか!?

めちゃくちゃおもしろいっすよ!!

見てない奴は見てから判断しろオラ! ( °▽°)=◯)`ν°)・;’.、

 

次回に続く!


 

■前回

 

■次回

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス