【ネタバレ】刃牙道 第165話「花山流の気遣い」【漫画感想】




■刃牙道
第165話「花山流の気遣い」

 「やっぱダメか・・・

 

■前回のレビュー

■刃牙道

「いらん。成り行き上、そちらの手に渡ったもの。受け取れん」

 

花山は左の拳に食い込んだ武蔵の刀を返そうと、腕を突き出すも、拒まれてしまった。

あまつさえ・・・

 

「くれてやる」

 

と、きたもんだ。

この発言に木崎も怒りを露にするw

 

(ナメるなサムライ!)

 

て・・・いやいや・・・ただの侍なら舐めてるといってもいいだろうが。

相手は武蔵やからな・・・

 

花山は自身の拳に食い込んだ刀の柄を右で掴むと、そのまま左拳に食い込んだ刀を抜いた。

刀にはべっとり血がついている。

 

そして花山は右手に握られた刀を・・・

 

ブン投げたッッ!!

 

近ッ・・・

その距離・・・2m・・・ある・・・?

 

花山薫の豪腕から放たれた刀・・・この至近距離・・・武蔵は微動だにしない!!

 

パシッ!!

 

つ、掴んだ・・・だと!?

武蔵の顔面目掛け放たれた刀は、切っ先が武蔵の鼻先をかすめるかどうかというギリギリのところでとめられた。

 

さすがという他あるまい・・・

 

それにしても花山薫・・・

刀を抜いた辺りから、息が荒くなってきたな。

当然だ。

 

平然を装ってはいるが、背中は斬られ、拳も軽い怪我ではあるまい。

刃物による傷は熱を持つ・・・いくら花山薫とて、

人である以上、精神力ではどうにもならないダメージというものもある。

 

「気を遣わせたな。これなら受け取りやすい」

 

武蔵は笑みを浮かべながら刀を回し、そのまま鞘へと刀を納めた。

さて、花山薫・・・出血もやばくなってきたぞ・・・

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

■おすすめ記事