【ネタバレ】メアリと魔女の花見てきました!過去のジブリ詰め合わせみたいな映画




f:id:sarapan2014:20170708124413p:plain

今日、7月8日公開の映画『メアリと魔女の花』!

朝一で見てまいりました!

 

いやぁ・・・ジブリ・・・でしたねぇ^q^

 

正確にはジブリじゃないんでしょうけど、ジブリジブリしてたし、ジブリって言っても過言じゃないかもだけど、スタジオポノックさんに悪いし・・・

うん。ポノックよかったよ。ポノック。

 

ただ、正直・・・感動系(感涙系)ではない気がする。

 

女の子の冒険物語というか。

まぁ元々涙腺崩壊とかを狙ってはいないと思うけど。

 

純粋にアニメーションや映像美、音楽はもちろん感動しましたが。

物語自体は凄く解りやすいと思いましたけど、若干解りにくい部分も個人的にはあったかなー。

 

んじゃま、そういうコトでネタバレをして行こうと思うよ。

※ネタバレが嫌な人はこの先は読まない方がいいかもです。

 

・・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20170708125411p:plain

冒頭・・・

赤毛の魔女が魔法の国らしき所から脱出ところから映画は始まる。

彼女は盗み出したのだ『夜間飛行』と呼ばれる魔女の花の種を・・・

 

盗みはバレ、追っ手に追われる少女・・・

箒にまたがり、空を駆ける少女はやがて力尽き、森へと落ちていった・・・

夜間飛行の種子と共に・・・

 

大地に落ちた夜間飛行は辺りの木々や動物達を一気に成長に導く力を持っており、

木々は大木へ成長し、その木にあった鳥の巣の中の雛も一気に親鳥へと成長する。

 

魔女の乗っていたホウキも、木々の成長に巻き込まれ、ツタ等に絡めとられてしまった・・・

 

・・・・・・

・・・

 

時は流れ・・・

赤い館村に引っ越してきたメアリ・スミス。

メアリの両親は仕事で忙しいようで、赤い館の主人・シャーロット叔母さんの世話になっているようだ。

 

その館にはバンクスおばさんというお手伝いさんと、ゼベディおじさんという庭師が住んでいるようだ。

 

メアリは学校が始まるまでの1週間が、死ぬ程退屈なようだ。

テレビは壊れ、ゲームもない。

遊べるような友達もいない・・・

 

そんな中、メアリは何か手伝おうとバンクスおばさんやシャーロット叔母さん、ゼベディさんの手伝いを買って出るのだが・・・

 

ことごとく失敗!

メアリ・スミス・・・とんだドジっ子だよ!

 

失敗続きに落ち込む中、立てかけてあった大きなホウキで落ち葉をかき集めようとするも、これまた失敗!

転んだ拍子に落ち葉を集めたカゴを頭から突っ込んでしまう。

 

丁度そんな時だった。

村の少年ペーターと出会ったのは。

彼は落ち葉まみれのメアリを見て、赤毛ザルと笑ってしまう。

 

この年頃の女の子は、こういう男子のからかいにマジでムカついちゃうので、恋心など芽生えるはずも無く・・・

 

ピーター=嫌な奴!

という印象を持ってしまったメアリ。

 

 

・・・・・

・・・

 

メアリはヒマを持て余して、近くの野原に繰り出し、ピクニック。

お弁当のサンドイッチを食べていると、そこに黒猫が現れた。

メアリはサンドイッチを黒猫に分け与え、愚痴をはじめるも、猫は早々にその場を立ち去ってしまう。

 

メアリが猫を追いかけると、この猫・・・体の色が変わるぞ!?

黒から灰色、灰色から黒・・・一体なんなのだろう?

 

メアリは猫を追って森の中に・・・

 

そして森を抜けると、不思議な場所へ出た。

ちなみに体の色が変わる猫の正体は、単純に黒猫と灰色の猫が一緒にいただけで、

片方が隠れて、片方が姿を現していただけだった。

 

それにしても、猫達はここにメアリをいざなったのだろうか?

その割に、”何か”を凄く警戒しだした。

 

それは、綺麗な花だった。

猫が警戒する中で、メアリは一輪だけ花を摘み取り、もってかえる事に。

 

・・・・・

・・・

 

その後、ゼベディ爺さんに花のことを尋ねるメアリ。

 

f:id:sarapan2014:20170708131753p:plain

この花の名は『夜間飛行』という7年に1度しか咲かない花らしい。

その昔、魔女もこの花を欲しがるものだったとお爺さんは語った。

 

ちなみに昼間の猫についてもゼベディさんは教えてくれた。

どうやら黒猫がティブで、灰色の猫がギブらしい。

メアリは二匹を恋人と言っていたが、どっちがオスでどっちがメスかはよくわからない。

 

それと、二匹はピーターの猫でもあるらしいw

 

・・・・・

・・・

 

その夜・・・

突如メアリの部屋の窓を叩く音が。

黒猫ティブだった。

 

窓を開けると、部屋に飛び込んできたティブ。

何かに怯えているのか、毛を逆立てて威嚇していた。

メアリはティブを布団に入れてやり落ち着かせた。

 

・・・

・・・・

 

朝になるとティブの姿はなかった。

今日は叔母さんに言われお使いにいくことになったメアリ。

どうやら届け物のようだが・・・あて先がピーターだと知ってげんなりするメアリw

 

それでも言われたことを全うしようとピーターの家に向かうのだが・・・

その途中で自転車に乗るピーターと遭遇。

ブツは木苺だか野苺だかのジャムだった。

 

メアリはお使いも済ませたってことで早々に帰ろうとするが、ピーターはこないだの事を謝ろうとメアリについていく。

話の流れでメアリは赤毛のクセっ毛や、ドジな自分を変えたいという心内を覗かせる。

 

そんな中、森に到着・・・

いなくなったティブとギブを探すというが、今日は霧が出て視界は最悪。

村では霧が出てる時は森に入ってはいけないということになっているようだ。

 

ピーターは幾度となくメアリをとめるが、聞く耳を持たないメアリ。

結局仲直りどころか、ここでケンカ別れをしてしまった二人。

 

メアリは霧のかかった森の中へ入っていってしまう。

 

中半に続く!!

スポンサーリンク

 

■おすすめ記事