【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第40話 「手作り弁当のふしぎ」【漫画感想】

リンクユニット
更新

2018年7月19日新着記事リンク一覧

■あつまれ!ふしぎ研究部
第40話 「手作り弁当のふしぎ」

■前回の感想 

■あつまれ!ふしぎ研究部

「はぁ・・・結の奴・・・気まぐれで弁当作るのは結構だけど、

 何も鈴の分まで作らんでも・・・一人で他のクラスに顔出すの結構勇気いるんだぞ」

 

大祐の妹、結ちゃんは鈴を姉のように慕ってるからな。

それにしても、確かに他クラスの女子に弁当を届けに会いに行くというのはハードル高そうだ。

 

1-5・・・

 

「鈴のクラスはたしかここかな」

 

大祐は思い切って扉を開けた。

 

孤立してる・・・!

 

(鈴の奴・・・教室でも呪いグッズ出してるのか・・・

みんな怖がって引いてるじゃないか)

 

マジかよww

鈴可愛いのにこれはモテねぇな(((( ;゚д゚)))

 

「あれ?何してるの大祐」

 

(気付かれた!)

 

「入ってくれば?」

「あ、ああ」

 

弁当箱を二個持った大祐が教室へと入っていく。

 

「おい、あいつ鈴に近づいていくぞ」

「呪いが怖くないのか!?」

 

めっちゃヒソヒソいわれてるぞww

 

「大祐すっかり勇者扱いだね」

「誰のせいだ誰の」

 

「で、何の用?」

「ああ。結がこの弁当鈴にって」

 

「結ちゃんが?どんなお弁当だろう」

 

さっそく弁当箱を開ける鈴。

 

「わあーーーー!」

 

これは完全にやべぇやつやんw

すずちゃん(はぁと

って・・・他の人が見たら、絶対大祐が鈴を好きだと勘違いすっぞw

 

大祐は慌ててフタをしたw

 

「・・・ここで食べるのはやめた方が良い」

「なんで?」

 

「ただでさえ俺が弁当持ってきてるのに誤解されるだろ!」

「いいよ!気にしないから」

 

「俺が気にするの!」

 

やっぱ鈴って大祐の事好きなのかな・・・

 

「とにかく場所を変えよう」

「お弁当~~~~~~」

 

大祐は鈴を引っ張って教室をあとにした。


 


「中庭は上からの視線が気になる。

 グラウンドは砂埃がひどい。

 屋上はカップルだらけ・・・さすがにここは気まずい・・・」

 

「もうここでいいから、お弁当頂戴」

「というか、よく考えたら飯食う時まで一緒にいる必要無いんだった。そんじゃ」」

 

「え?ここまで連れまわしておいて放置は無いでしょ大祐」

「いやでも一緒に食べるのは・・・」

 

ジト目がww

 

「(呪われそう・・・)・・・せめて部室にしない?」

 

・・・・・

・・・

 

結局二人はふしぎ研究部の部室へw

 

「やっと食べられる」

「最初からここに来れば良かった」

 

「その前に、この感動を!写真に収めておかないと!」

 

バシャバシャとカメラで弁当を撮る鈴w

 

「いいから早く食べなよ」

 

弁当箱を開ける大祐。

 

「うげ、やっぱり俺のも同じ弁当だった・・・

 まったく何考えてんだ結のやつ・・・」

 

「いただきます。(ぱくっ

 おいしい・・・」

 

あれ、かわいい・・・・

胸きゅん大祐w

 

「このお弁当、本当に美味しいよ」

「帰ったら妹に伝えとくよ」

 

「それと大祐」

「!」

 

「ありがとう」

 

あれ、かわいい・・・

 

「それは何に対して?」

「さあね。それより大祐お弁当食べないの?

 私もう食べ終わるよ?」

 

「ああ、そうだった(まぁ喜んでるなら悪い気はしないな)。

 いただきま・・・」

 

大祐が口におかずを運ぼうとした瞬間にチャイムが鳴るのだったww

 

「あ」

 

昼休み終了ww

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

関連記事

オススメ記事

更新

2018年7月19日新着記事リンク一覧

ランキング

アクセスランキング/7月9日更新/7月2日~7月8日

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索