【ネタバレ】HUNTER×HUNTER No.362「決意」【漫画感想】




■HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)
No.362「決意」

■前回はこちら

ビルはクラピカに念獣について、持てる知識を説明する。

 

「寄生型の厄介な特徴として・・・『行動が読めない』点がある。

 寄生型には誰かの残留思念が宿主(別の誰か)に憑き、宿主の力(オーラ)を借りて、

 具現化するものが多い。

 

 そのせいで宿主の性格や感情の動きが寄生側に少なからず影響を与える。

 そもそも人間自体が一貫性からは程遠い生き物なのに、

 寄生型は誰かの思いと宿主の思いとが交錯して生まれ育ち、

 よりややこしい存在となるわけだ」

 

ビルの話を一緒に聞いていたオイトは黙って物思いにふけっている。

それを見て口を開くクラピカ。

 

「王子の性格によっては争いに参加しない事も考えられると・・・?」

「もちろん争いを好まない性格の王子も何人かいます。

 ただ、上から5番目までの王子は・・・自ら身を引く様な性格ではありません」

 

「本当の戦いは全ての王子がセレモニーから戻った後か・・・!」

 

んー・・・14人の王子それぞれに念獣が寄生し、念獣には宿主の性格が影響してる・・・か。

と、すればだよ?

継承戦を辞退した第9王子ハルケンブルグ・・・

穏健派に見えてすげぇイカツイ一つ目牛の念獣が憑いてたけど・・・

実は心内はかなり野心的なのか?

 

単純に確固たる強い意志が、あの念獣を象っただけなのかしらね?

 

・・・・・・・

・・・・

 

「共闘しない?貴方と私で」

 

第4王子ツェリードニヒに声をかけたのは、第5王子ツベッパだ。

 

「・・・単刀直入だね」

「単純明快だから。

 第6王子・第7王子・第8王子には志が無いし

 第9王子は不参加、第10王子以下は幼くて武力(チカラ)も政治力(コネ)もない。

 実質は上位5人のサバイバル・・・!

 

 そして、上の3人は醜悪過ぎる。

 驕り(第1王子)、貪り(第2王子)、奢侈を尽くす(第3王子)」

 

粛清すべきよ!

 

「それには、頗る同感だね」

「それじゃ次の日曜に」

 

「ああ(お前が生きてればな・・・)」

 

第1王子は武力でヤバそうだけど、第4王子は違う意味で一番ヤバそうなんだよな。

性格的に一番ヤバい・・・

 

第5王子・ツベッパの念獣は蛙の車・・・

第4王子・ツェリードニヒの念獣は女の顔をした巨大な馬か・・・。

 

そんな二人の念獣を見て、王・ホイコーロが解説する。

 

同じ壺から生まれた守護霊獣には本能(ルール)がある。

1.霊獣同士は殺し合わない

2.霊獣の憑いた人間を直接攻撃しない

 

(未来の王を護る念獣に必要な自制的本能・・・!

爪と牙しか持たない獣は遠からず滅びるホイな。

 

それは人間も同じ!!政治・軍事の計略には間接的行程が重要・・・!!

搦手の見えぬ将は凡将ホ!!

 

群雄割拠の時代!!

いつ隣国に吸収されても不思議でない小国の長だった先祖が壺を創出し、

自国を器に見立て子等に統一を争わせた結果、現在の大国となる礎を築いたホイ!!

 

後方支援に長けた霊獣が深謀遠慮の才溢れる王に憑く事で灼たかとなるホイコーロ一族の運命!!

20万の贄積む箱舟で存分に切り拓くが良いホ!!)

 

祝福の一人御子となるまで・・・!!!

 

やべぇなぁ・・・

でもさ、念獣が王を直接攻撃できない上に、念獣同士が戦うことも無い。

その上で王子が一人になるまで殺しあうってどういう事になるんだ?

 

念獣の念能力は他の人には問答無用で攻撃してくるのは前回の話でわかったよな。

クマみたいな念獣・・・モモゼに憑いた念獣による『ヒマか?』というワードに反応することで操られるっていう能力(仮)

 

ようするに憑いた霊獣の念能力が周りの人間に作用して、王子をころす結果に至るのかもしれないね。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

■おすすめ記事