【ネタバレ】刃牙道 第163話「鉄の義」【漫画感想】




■刃牙道
第163話「鉄の義」

 「浴びちゃならねぇ一太刀か・・・

 

■前回のレビュー

■刃牙道

花山薫に幾度と無く吹っ飛ばされた宮本武蔵。

彼を前に、武蔵は何を思うのか!?

 

(こういう男もいる・・・

刃を食い込ませたまま、拳を振るう・・・・・

こういう男もいる・・・)

 

まぁ・・・稀でしょうけどね。

そもそも、武蔵の斬撃を拳で受け止め、離さないという時点で、そうそういないだろうな。

しかも驚くべきは、拳から血の一滴も流れていない点、そして花山薫がまるでダメージとしていない点。

 

顔色ひとつも変わっていないっていうね・・・

 

もはやギャラリーには、これが現実に起きていることなのかも判断しきれずにいる。

映画のロケと言われても、確かに納得できるレベルの人間離れ。

 

吹っ飛ばされた武蔵は天を仰ぎながら、こう思ったそうだ。

 

嬉しいぞ・・・・その強さ・・・

 

さすがですな・・・

 

武蔵は勢いを突け体を起こすと、そのまま正座して花山薫の方を見た。

この素早い立ち振る舞いに、ギャラリーは思わずため息をもらす。

一方の花山も、武蔵への歩みを止めた。

 

武蔵はそのままの姿勢で右手を突き出し

 

「しばし待たれい、お若いの」

「・・・」

 

「前に立つ以上、俺が誰かは知っていよう。

 『氏名(な)』を名乗れ」

 

・・・・・・・・・・・・・。

一瞬の間をおいて花山薫は口を開いた。

 

「ん・・・・・なるほど。

 いきなりブン殴ってすんません。

 姓は花山、名は薫。

 宮本さんにゃ、なんの恨みもござんせん・・・・・・

 ・・・が、渡世の義理でシメさせてもらいやす」

 

花山薫・・・シビれるねぇ・・・

礼を尽くすところがやっぱ好きだなぁ・・・

 

「断る」

 

なんですと!?(((( ;゚д゚)))

まぁ、『はいそうです』・・・とはならんかw

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

■おすすめ記事