バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

ハリガネサービスネタバレ感想

【ネタバレ】ハリガネサービス 第147話「かりそめの」【漫画感想】

更新日:

■ハリガネサービス
第147話「かりそめの」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

竜泉のバレー部やべぇな・・・

マネージャーを0時すぎてもこき使ってるのかよ(((( ;゚д゚)))

これバレたら雨竜先生の首がとびそうだがw

 

・・・・

・・

 

翌日・・・

 

竜泉の視聴覚室に呼び出された豊瀬のメンバー。

一人ずつiPadを貸し出される。

 

竜泉金持ってんなー・・・

 

iPadの中には昨日の試合の動画が!

どうやら盗み撮りしていたようだ。

 

「特定のプレイヤーのプレイが見たい場合は、背番号とプレイの種類を指定すれば

 そのシーンだけをピックアップして見れる」

 

『す、すげえええええ!!』

 

ほんとな!

全部マネージャーが作ったんだろうケド( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

しかもこれだけじゃない。

 

データをタッチすると、そのプレーの成功率、コースの打ち分け比率が見れるという優れもの。

 

「そしてこれが、君らの見ていないトーナメントの逆の山。

 駿天堂の準々決勝と準決勝だ」

 

フルメンバーの駿天堂のプレーを目の当たりにする面々。

昨日は竜泉が1年相手に戦ったが、明らかにレベルが違うようだ。

 

3年エース・梧塔の決定率は8割を越えるというトンでもない成功率。

普通なら5割でも上出来なところを8割か・・・

 

ただひたすらに決めるための最適解を選んでいる・・・!

 



そして蛇喰のポジションもレギュラーと代わる。

2年鴛淵・・・執念深いブロックが特徴のようだ。

 

野々原の見立てでは、いいMBだが、実にオーソドックスなタイプのようだ。

ここから切り崩せないのか?と五十嵐は言うが・・・

 

「ここでデータに出ないトピックス。

 こいつとマッチアップしたMBがインタビューで皆、

 鴛淵にころされるかと思ったと答えてる」

 

やばすぎだろこの鴛淵ってやつww

目つきが完全にやべぇww

 

「な、なんだそれ・・・」

 

アンガ田中先輩完全にびびっとるがなw

 

(朧君とも違う・・・なんか不気味な迫力を感じる・・・)

 

映像を見て改めて思ったのは、ベストメンバーの駿天堂はつけ入るスキの無いチームだということだった。

有効な打開策を打ち出せないまま、就寝時間になってしまった。

 

そんな中、豊瀬の監督が何かを猫田に呟いた。

寝ずに羽座川のプレーを目に焼き付ける猫田・・・一体?



 


翌土曜日は授業のない、一日練習に使える日だった。

皆いつになく、言葉少なだった。

 

実力差は明白・・・

自分達は明日の試合で勝てるのか?

不安だけが植えつけられてしまった・・・

 

そんな彼らが体育館の扉をあけると、目を疑うような光景が待ち受けていた!

 

独特のレシーブ音、そしてあのスパイカーの独特な髪型・・・!!

 

「梧塔と伊集院!?」

「なんで駿天堂がここに!?」

 

「おう!おはよう」

「って雲類鷲かよっ!!」

 

なんでそんな髪型にしてんだよww

イケメンが台無しだよwww

 

「どうしたんだその頭・・・」

「キャプテンにバリカンを借りたのだ!どーだ梧塔に見えるか?」

 

「!」

「その頭、やっぱり梧塔さんのマネか!!」

「じゃあ、あの伊集院は・・・」

 

「倉光!?」

 

「パチモンっぽい!!」

「根が腐った伊集院みたい!」

 

ひでぇなおめぇらww

倉光もワリとイケメンの部類だろwたしかに伊集院と比べちゃあれだがw

 

さらに王葉の三船も髪が若干伸びてるw

 

「本当はもう少し伸ばせたら近づけられたのだが・・・」

 

どうやら三船は釼持の真似っぽい。

 

「本当は俺がトス上げたかっただけどな」

「王はアレクセイか!!」

 

王やっぱイケメンだよなww

 

「朧君!?なんか髪が・・・」

「鴛淵さんが天パーだからってカーラーつけて寝させれられて・・・

 あ、あまり見ないで・・・」

 

女の子やんけww

朧かわええ

 



「三河!ゴーグルどした!?」

「あー・・・今日コンタクト」

 

今日は静かなドラゴンリベロ。

羽座川役ではなく、榊役らしい。

身体能力的に一番近いという理由らしい。

 

「三河君がスパイカーを!?」

「だからテンション低いのか・・・」

「アレ?じゃあ羽座川の役はいないじゃないのか」

 

スッとチームから抜ける男・・・猫田。

 

「猫田先輩・・・?」

「俺が・・・一番羽座川を再現できると思う」

「!?」

 

同じポジションの金田は驚きを隠せない。

 

「合同練習合宿総仕上げだ。今日はこの仮想駿天堂に勝てるようになるまで、

 ひたすら練習試合をやります

 

「!?」

「この超豪華メンバーに勝つまで!?」

 

「よろしくお願いします」

 

豊瀬の監督は雨竜監督に深々とお辞儀した。

 

「感謝しよう。彼らのこれほどまでの協力に、むくいるには明日の勝利しかない」

「いくぞ!!オオッ!!」

 

雲類鷲・王・三河・三船・朧・倉光・猫田・・・

確かに豪華だ!

 

猫田のレシーブはソフトタッチではあるが羽座川と比べ、まだ音がする。

やはりあのレベルはそうはいないということだろう。

 

さらに仮想駿天堂は得意のシンクロ攻撃をいきなり仕掛けてきた!!

もの凄いプレッシャー!!

 

そしてスパイクを打ったのは仮想小さな巨人榊を演じる三河!

長身、そして脅威の身体能力が生む圧倒的な高さからのスパイク!!

 

スパイカーをやらないのが勿体ないほどの逸材!!

 

「今日だけだかんなぁ・・・」

 

三河はリベロに生きがいを感じてるからポジションチェンジは今回限りかもだなw

先制は仮想駿天堂・・・果たして豊瀬は勝てるのか!?

 

次回に続く・・・!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■ハリガネサービス

オススメ記事


しろんのアンテナ

ランキング参加

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年チャンピオンへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

follow us in feedly

サイト内検索

-ハリガネサービスネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.