【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第36話 「クマのふしぎ」【漫画感想】




■あつまれ!ふしぎ研究部
第36話 「クマのふしぎ」

■前回の感想 

■あつまれ!ふしぎ研究部

 

「いやー、ありえないでしょ。

 たしかにこの学校、山の中だけどさぁ。

 沢山の生徒が通う場所でそんなこと許されないでしょ」

 

千晶が言う”ありえない”とは一体何のことなのか・・・

 

「私、この学校に入学して3年目だけど初めてのことだわ」

「何度もあったら困るよさすがに・・・」

「やっぱ何かの見間違いなんじゃないですかね?」

 

「じゃあもう一度見てみようか?」

 

大祐と千晶が部室から外を覗くと・・・

 

「・・・やっぱ熊ですよアレ・・・」

 

かなりデカイ熊が部室の前をうろついている(((( ;゚д゚)))

 

「やばいよなぁあれ・・・」

「学校に熊が出るなんて聞いてないですよ!」

「まぁでも一応、注意看板はあったし」

 

「あんなゆるい絵、誰も本気にしないよ!」

 

いったい誰が描いたしwwクマ注意ww

 

「とにかく今は、気づかれないように静かにしとこう」

「そうですね。放っておけば、そのうちどこかに・・・」

 

バンッ!!

 

「ちょっとふしぎ研究部!!」

 

なんと高浜さんが現れた!!

 

腰を抜かす大祐wことね先輩に抱きつく千晶w

 

「お前、少しは状況考えろよ!熊だと思って心臓止まりかけたわ!」

「誰が熊よ失礼ね!」

 

「というか、お前熊いるのに、ここまでどうやって来たんだよ」

「熊?そんなの見かけなかったけど」

 

「もうどっか行ったのか・・・?」

「一先ず安心・・・」

 

大祐がそう思って、窓から外を見ると・・・

 

いやいたわ

めっちゃみてるわ

 

これはまずいですよww

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事