https://www.sirolog.com

刃牙道ネタバレ感想

【ネタバレ】刃牙道 第160話「疵と剣」【漫画感想】

更新日:

■刃牙道
第160話「疵と剣」

 「武蔵wwwワロタw

 

■前回のレビュー

■刃牙道

彫物を背負った男と・・・刀剣を帯びた男を・・・

警察が黙してみている。

 

このただならぬ事態を警察が『見て”見ている”』フリをしている・・・

 

「おいおい・・・」

「え~・・・?」

「止めないよケーサツ・・・」

「なに始まるんだ・・・?」

 

ギャラリーは、この異様な状況に、一体何が始まるのかと息を飲む・・・!

 

剣豪は考えていた・・・

 

「はて」

 

この若者の背後・・・

何故白い・・・?

 

闇の武蔵に対し、光の花山薫!?

 



(これが・・・この『立ち合い』の景色だと・・・・稀なり)

 

『少年(刃牙)』との立ち合いでは、地平まで広がる懐石料理(ごちそう)・・・

『ぴくる』との立ち合いでは、目も眩む黄金と絶賛(ほめ)・・・

『強き人(勇次郎)』ン時の黄金は天に達する・・・

『妖術の爺さん(剛気)』の背後は、心華やぐ一面の花畑・・・

 

なのにどうだ、見えてる景色が・・・

 

『白』・・・・

 

もしや・・・『無』・・・?

 

いやいやいや・・・・・この若さでそれはあるまい。

 

花山が構えた。

武蔵にとっては見たこともない構え・・・。

 

・・・・・・・

 

「ん~~~~~~~~~~~~?」

 

『構え』・・・・?これが・・・・・??



 


両手をかかげ・・・ノーガードの構え。

 

これでは・・・・なにも防御(ふせ)げないではないか。

『立ち合い』の場数は十二分の風情・・・

 

このまま打ち込むと・・・?

俺が斬りか掛かったらどうするつもりだ?

 

『毒針』を吹いたら・・・?

『爆薬』をぶつけたら?

 

花山は構えから体をよじる。

すると、武蔵の眼前に侠客立ちの刺青が姿を現す。

 

おお~・・・・なるほど・・・

これが・・・否、多分・・・これが・・・

 

まず間違いなく、これがこの若者の・・・意志(おも)い・・・・・・

 



無垢な・・・

なんと純粋(きれ)いな。

そして、あまりに雄々しいッッ!!!

 

白い・・・

あまりの白さ・・・

あまりの輝き・・・・・

 

あまりのまぶしさに剣豪はつい・・・

 

『目を閉じてしまった・・・』んだとさ・・・(はぁと

 

花山の豪腕から繰り出されたパンチを顔面にまともに食らった武蔵。

いくら武蔵と言えどこれは・・・

 

次回に続く!!

スポンサーリンク


 

 

■前回

 

■次回 

 

■刃牙道

オススメ記事

-刃牙道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.