【ネタバレ】刃牙道 第160話「疵と剣」【漫画感想】




■刃牙道
第160話「疵と剣」

 「武蔵wwwワロタw

 

■前回のレビュー

■刃牙道

彫物を背負った男と・・・刀剣を帯びた男を・・・

警察が黙してみている。

 

このただならぬ事態を警察が『見て”見ている”』フリをしている・・・

 

「おいおい・・・」

「え~・・・?」

「止めないよケーサツ・・・」

「なに始まるんだ・・・?」

 

ギャラリーは、この異様な状況に、一体何が始まるのかと息を飲む・・・!

 

剣豪は考えていた・・・

 

「はて」

 

この若者の背後・・・

何故白い・・・?

 

闇の武蔵に対し、光の花山薫!?

 

(これが・・・この『立ち合い』の景色だと・・・・稀なり)

 

『少年(刃牙)』との立ち合いでは、地平まで広がる懐石料理(ごちそう)・・・

『ぴくる』との立ち合いでは、目も眩む黄金と絶賛(ほめ)・・・

『強き人(勇次郎)』ン時の黄金は天に達する・・・

『妖術の爺さん(剛気)』の背後は、心華やぐ一面の花畑・・・

 

なのにどうだ、見えてる景色が・・・

 

『白』・・・・

 

もしや・・・『無』・・・?

 

いやいやいや・・・・・この若さでそれはあるまい。

 

花山が構えた。

武蔵にとっては見たこともない構え・・・。

 

・・・・・・・

 

「ん~~~~~~~~~~~~?」

 

『構え』・・・・?これが・・・・・??

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事