【ネタバレ】刃牙道 第159話「闇」【漫画感想】




■刃牙道
第159話「闇」

 「開戦・・・ッッ!

 

■前回のレビュー

■刃牙道

 新宿の路上で出会った宮本武蔵と花山薫・・・

道行く人は、この異様な二人を注目せずにはいられない・・・!!

 

花山はゆっくりとメガネを外すと、羽織っていたコートを脱ぎ捨てた。

 

フンドシに腹にはサラシ・・・

足は草履・・・

背中には侠客立ちの刺青・・・

 

息を飲むギャラリー。

警察も見守る中・・・戦いは幕を開けようとしている。

 

花山を見た武蔵は、ニィ・・・と不敵な笑みを浮かべる・・・!!

 

花山薫は武蔵を見て考えていた・・・

 

「・・・」

「い~い貌だァ・・・」

 

侍(もののふ)の背後が

何故『闇』なのか・・・・・?

 

花山薫は、数m先に立つ武蔵を前に、闇を感じ取っていた。

背後に広がる、底なしの闇・・・

頭上を見上げれば、底なしの高さ・・・

足元に目をやれば、底なしの低さ・・・

そして、底なしの奥行き・・・

 

底なしの・・・・広がり・・・

 

そのくせ踏み出せば・・・

高くも低くも広くもない、閉ざされた『闇』かも知れないのだ。

 

『闇』から現れるのは『豪剣』か!?

毒針か!?爆薬か!?

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事