【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第34話 「チャックのふしぎ」【漫画感想】




■あつまれ!ふしぎ研究部
第34話 「チャックのふしぎ」

■前回の感想 

■あつまれ!ふしぎ研究部

風紀委員の高浜麗子は今日も今日とて、校則違反を絶対に許さない!

 

「あ、大祐君!」

 

廊下を歩いていると、前方に大祐の姿が・・・

高浜さん絶対大祐のこと好きだよねー!

 

「なんですか高浜さん」

 

(いけない、用も無いのに反射的に声かけちゃった。

何か注意できるもの無いかしら・・・何か・・・)

 

「どうしたんですか?」

 

チャック開いてる!!ww

 

(これは恥ずかしいわ。

みんなに見られる前に私が教えてあげないと・・・)

 

「チャ・・・(いや、待って!今、鉢合わせた瞬間に声かけたのよ?

 もし、今このタイミングで伝えたら・・・)」

 

普段から男子の股間ばかり見てるスケベ女だと思われてしまうわ!

 

いやぁ・・・すでにスケベ認定はされて思うけどなw

 

「チャ、チャーハンって美味しいわよね」

「そうですね」

 

「それじゃ」

「あ、はい」

 

分かれる二人w

 

だからって見逃していい理由にはならない!

 

高浜さんは踵を返し、大祐のあとをつけはじめたw

 

(要はタイミングの問題よ。

さりげなく気付いたフリをすればいいんだわ)

 

「よー大祐」

「千晶先輩」

 

「あれ?何で麗子も一緒なんだ?」

「まだいたんですか」

「た、たまたま道が一緒だっただけよ!

 (もう、この際あなたが指摘しなさい千晶。その距離ならさすがに気付くでしょ)」

 

「あれ?大祐・・・」

 

いいぞ!!注意しろ千晶!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事