【ネタバレ】刃牙道 第158話「純粋い(きれい)」【漫画感想】




■刃牙道
第158話「純粋い(きれい)」

 「花山薫・・・徹頭徹尾、漢ッ!!

 

■前回のレビュー

■刃牙道

 

「今さらのハナシで大将・・・」

 

木崎は花山にサラシを渡しつつ心配する。

 

「ほん・・・っと失礼なんスけど・・・大将・・・」

 

黙々とサラシを腹に巻く花山薫・・・

 

「宮本武蔵って・・・モチロンご存知・・・ですよね」

 

無言の花山薫。

 

「・・・・・・・・・・」

 

ギロッ!

 

睨まれる木崎。

サァ・・・っと顔面から汗が噴き出す。

 

「す・・・・すんませんッッ!!知ってるに決まってますよねそりゃ!」

「・・・」

 

花山反応・・・これは一体・・・

 

「宮本武蔵って言や・・・あれだろ。

 時代劇の・・・・・あれ・・・侍の・・・・・」

 

「・・・・・・・・・・・・・・・はい・・・?」

「たしか・・・ササキ・・・・?」

 

木崎の顔wwwwwwww

 

ダッ!

花山に向かって駆け出した木崎!

 

「当ってるッッ!!それ当ってます大将ッッ!!

 『時代劇』『サムライ』マチガイない!!

 でも大将・・・?マジでそれだけですか、宮本武蔵の知識・・・」

 

「なんでだ」

 

なんでだ!!?

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事