【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.448 デスゲームの結末【漫画感想】




■弱虫ペダル
RIDE.448 デスゲームの結末

「チーム総北強し!

 

■前回のレビュー

■弱虫ペダル

 

デスゲームは総北の勝利で幕を下ろした。

浦久保は想定外の結果に言葉も出ない・・・

 

(なんでじゃ・・・勝つはずじゃった。

あの手嶋とのスプリント勝負は・・・この勝敗は手中にあった。

しとめるはずじゃった。大物、総北を・・・)

 

片手で押しながらスプリントする・・・

それはロードレースにおいて考えられないこと。

流石の浦久保も、まさかそんな手でくるとは思いもよらなかったようだ。

 

手嶋を勝たせるためには青八木が引く・・・

それがロードレースにおいての基本。

それを手嶋を勝たせるために青八木が押すという手段をとった。

 

(どうかしとる・・・!!なんてチームじゃ・・・総北はァ・・・)

 

「悪いな浦久保!この勝負オレの勝ちだ!返してもらおう、預けていた・・・

 オレのセンサーチップを!!」

 

この勝負は互いのセンサーチップを交換し、勝者が敗者のセンサーチップを川に投げ捨てるという約束だった。

 

手嶋が勝った以上、浦久保は手嶋のセンサーチップを返さなければならないのだが・・・

 

(あった・・・まだ『手』が・・・『コレ』が!!

王者総北のォ!一角を切り崩す方法が!!)

 

手嶋のセンサーチップを握り締め、ニタァと笑う浦久保!

 

「!」

 

まさかお前wそこまで卑怯なのか(((( ;゚д゚)))

 

(これで『存在』そのものを・・・消す!!)

 

浦久保は手嶋のセンサーチップを投げ捨てるつもりだ!!

 

「!!」

「純太のチップを!」

 

バシッ!!

 

振りかぶった浦久保の腕を掴んだのは、相棒・庭妻だった・・・。

 

やめろ優策!

 チップは返してやれ」

 

庭妻は浦久保の手からチップを抜き取ると、前方の手嶋に投げ渡した。

 

「な!!オイ・・・庭妻!

 返してどうすんじゃ!あれは最後の・・・どうすんじゃ一体!

 どうやってあの大物をこれからしとめるんじゃ!!

 

「漁は終わりじゃ。獲物が獲れん日もある」

 

庭妻は浦久保の肩に手を乗せそう言った。

 

「ワシらの仕事は終わった・・・それだけじゃ。

 ”ボーズ”いうんじゃろ。魚とれんかった日のことを」

 

浦久保は少年時代、父親と漁に出ていた時を思い出す。

 

『今日はボーズじゃ。仕方ない、港に戻るか優策』

『・・・うん』

 

『そういう日もある』

 

そう言って父は笑って見せた。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事