【ネタバレ】ハリガネサービス 第143話「王の道」【漫画感想】




■ハリガネサービス
第143話「王の道」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

「お願いしやーす!!」

 

どうやら駿天堂は雲類鷲の提案を受け、試合を行うようだ。

それにしても、桐城との試合直後に王葉と試合するなんて・・・

桐城はウォーミングアップ程度にしかならなかったといいたいのか・・・

 

駿天堂のコーチは、元より桐城とは何ゲームか行う予定だったらしく、

色んなチームとやるのは駿天堂にとってもプラスになるとほくそ笑む。

 

「ねぇ雲類鷲、王葉がコンビ使わずエースにボール集めるって本当?」

 

まぁたアレクセイがちょっかいかけてきた。

 

「だとしたら桐城と正反対じゃないかな?

 桐城の3セッターは面白かったけど選手の質に伴わない戦術だったろ?

 逆に君たちは長身選手を揃えて、どんな戦術でも出来るのに、

 非効率なエース頼りの1本調子バレーなんだろ?

 どうして皆、もっと普通にやらないんだろうね?」

 

こいつ・・・憎たらしい顔しやがってww

うぜぇw

 

「奇策を弄すれば王道に勝てると思ってのかなぁ・・・?」

「・・・そうかもしれんな」

 

雲類鷲よ!こんな腐れ外人、はよぶっ飛ばしてくれ!!

 

そしてゲームがはじまった!

やはり王葉はコンビを使わず、エースの雲類鷲にボールを集める戦法のようだ。

 

松方の話によれば、中学東京選抜の時、唯一雲類鷲の高さに対応できたのがアレクセイだという。

 

互いに成長した今、身長こそ、そこまで変わらないが、指高差は広がっているようだ。

 

中学東京選抜時代

雲類鷲   身長/189cm 指高/252cm 

アレクセイ 身長/198cm 指高/273cm

 

アレクセイは身長差9cm、指高差で21cmあった。

これが現在は・・・

 

雲類鷲   身長/195cm 指高/259cm 

アレクセイ 身長/204cm 指高/282cm

 

身長差は9cm、指高差は23cmと広がっている。

 

アレクセイは高さで自分を超えることは出来ないと高をくくっているようだが・・・

 

「王道か・・・

 (豊瀬戦で我々は最終的にコンビバレーを使った。

 現在主流となる王道に近いバレースタイルだったハズだ。

 にもかかわらず、我々は豊瀬に敗北を喫した。

 

 何度絶対決まったというボールを打ち込んでも、

 信じられない繋ぎを見せて、打ち返してきた。

 

 王道が絶対に強いのなら、新しい戦術は産まれないハズだ。

 王道はいつか覆される。

 

 王道が強いのではない。

 強い方が王道になるのだ)」

 

雲類鷲のスパイクはアレクセイの頭の上を抜いて放たれた!!

もちろんこのアタックは駿天堂コートに突き刺さり、一点をもぎ取った!

 

「うわああああああああ!!アレクセイの上から叩き込んだあああ!!」

「あ・・・アイツスゲぇ!!」

「どうだい」得意げなおじいww

 

「アイツ・・・いつか本当に・・・

 (この国を背負うのかもしれない・・・!!)」

 

それな!

雲類鷲叡は器だと思うわw

 

面白くないのは勝つ気満々だったアレクセイw

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事