【ネタバレ】刃牙道 第156話「お迎え」【漫画感想】




■刃牙道
第156話「お迎え」

 「花山薫VS宮本武蔵・・・なんだろ、このワクワク感・・・ッッ!!

 

■前回のレビュー

■刃牙道

 御老公の邸宅・・・

どうやら花山薫が動き出した事を知った御老公が花山の側近を呼び出したようだ。

 

「わざわざ呼び出してスマンかった木崎くん」

「いえ・・・」

 

緊張が走る木崎。

 

「大将の事・・・でしょうか」

「ふむ。引き受けたこと、それ事体は、いかにも花山らしく、立派なものじゃが・・・」

 

御老公はマッチに火をつけ、煙管を吸い始める。

 

「相手が最悪じゃ」

「『宮本武蔵』・・・と伺ってます」

 

「木崎くん。君は国立大学出のインテリらしいのォ」

「おそれいります。学歴だけのことで・・・」

 

「ならば訊くが、『クローン』についての知識はおありか」

「・・・・・・??クローン・・・ですか・・・」

 

突然の事に、あっけにとられる木崎。

 

ご老公は洗いざらい木崎に話して聞かせた。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事