【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 第19話「全てを持って生まれた男の子」【アニメ感想】




■僕のヒーローアカデミア
第19話「全てを持って生まれた男の子」

f:id:sarapan2014:20170506203049p:plain

■前回はこちら

最終種目を午後に控え、出久は轟に呼び出されていた。

何の話かと思いきや、先程の騎馬戦で、出久に凄まじい圧力を感じたようだ。

自分で架したルール・・・攻撃において左(炎)の個性は使わないという誓約を破るほどの、凄まじい圧力・・・

 

あの場にいた誰もがそれを感じる事はなかったが、USJでオールマイトの本気を目撃していた轟だけは、出久の圧力にオールマイトの力の片鱗を感じたようだ。

 

そして出した結論はオールマイトの隠し子!?

勿論そんな訳もなく、出久は否定をするが・・・

勘の鋭い轟は出久とオールマイトになんらかしらの秘密の関係性を垣間見たようだ。

 

轟の父は万年2位のヒーロー・エンデヴァー。

出久がナンバーワンヒーロー・・・

つまりオールマイトの”何か”を持っているのであれば尚更勝たなければならないと語る轟。 

 

・・・・・

・・・

 

その頃・・・オールマイトはエンデヴァーと会場で会っていた。

お茶に誘うオールマイトだったが丁重に断られる。

オールマイトはともかく、エンデヴァーはオールマイトをかなり敵視しているようだ。

 

f:id:sarapan2014:20170506203125p:plain

そして、自身の息子を、必ずや”オールマイト越え”させる執念を見せている。

これが一度も勝てなかった男の燃えたぎる決意・・・か。

 

・・・

・・・・・・

 

自身が果たせなかったNo.1ヒーローの座・・・

それを叶えるために個性婚までしたという。

 

個性婚とは、子の世代により強力な個性を受け継がせる事を目的とした倫理観の欠落した行為・・・

 

実績と金にものを言わせ、エンデヴァーは氷の個性を持つ女性と結婚したわけか。

そこに恋愛なども存在しなかったんだろうな・・・ただただ強い個性を求めた。

自分の子供にオールマイトを越えさせることで欲求を満たす・・・か。

 

f:id:sarapan2014:20170506203147p:plain

轟はそれを知るがゆえに、炎の個性を嫌い、自ら封じているようだな。

彼の記憶の中の母は、いつも泣いていたそうだ。

そして轟の左側が醜いと、煮え湯をかけたそうだ・・・あの火傷はそういう事だったのか。

 

衝撃の事実を聞かされた出久。

轟が出久に突っかかるのも、全ては見返すため・・・

父親の個性が無くても1番になれる・・・!

 

いや、個性を使わない事でエンデヴァーを完全に否定するつもりだ。

 

f:id:sarapan2014:20170506203208p:plain

この二人の話を偶然聞いてしまった爆豪・・・

流石に出て行ける空気ではないか・・・

 

出久は何もいいかえせない。

正直ビビっていた。

 

轟は言う。

オールマイトとの関係性について探ろうとは思わない。

出久がオールマイトの何であろうと、左は使わずに上にいく・・・と。

 

f:id:sarapan2014:20170506203223p:plain

「僕は・・・僕はずっと助けられてきた・・・さっきだってそうだ。

 僕は誰かに助けられてここにいる!

 笑って人を助ける・・・最高のヒーロー・・・オールマイト。

 彼のようになりたい!そのためには1番になるくらい強くなきゃいけない!

 

 君に比べたら些細な動機かもしれない。

 でも!僕だって負けられない!僕を助けてくれた人たちのためにも!

 さっき受けた宣戦布告・・・改めて僕からも・・・!

 僕も君に勝つ!

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20170506203408p:plain

一方最終種目発表の前にレクリエーションが始まったのだが・・・

ヒーロー科A組女子wwwなんのサービスだww

ドエ口すぎて載せられません。

 

何故なら全員おっぱぉがデカすぎる!!

 

残念ながらデカいおっぱぉはBANになるので載せられないのだ。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

■おすすめ記事



新着記事まとめ

おすすめ動画サービス