【ネタバレ】ハリガネサービス 第142話「助言」【漫画感想】




■ハリガネサービス
第142話「助言」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

鯨川の強烈なスパイクが炸裂!!

だが、ブロッカー蛇喰が止めたぞ!

 

「止められた!?」

「いや!」

 

「!?(なんだ!?この打球の重さは!?)」

 

ドガァァン!!

 

クッソワロタwww

蛇喰w白目むいてるしwww

ドンだけ強烈なスパイクなんだよww

 

「おおし!!」

「ブロックをブチ抜いたぁ!!」

 

「蛇喰っ!!」

「え?」

「雲類鷲!?」

 

蛇喰を心配して飛び出す雲類鷲!

かつての事があるもんな・・・

 

「大丈夫か!?」

「何入ってきてんだテメぇ・・・!

 てめーに手首折られてから、二度とあんな思いしなくてすむように鍛え直した。

 てめぇに心配されるほど、やわじゃねぇんだよ!出てけ。ころすぞ」

 

「そうか・・・スマンな」

 

桐城VS駿天堂・・・

2対10で一方的に負けてる桐城。

逆転の術はあるのか?

 

桐城は旧式の戦法、マンマークで闘う!

これを可能にしているのは、駿天堂の反撃を広範囲にカバーできるドラゴンリベロ・三河の存在があるからだろう。

 

マンマーク戦法を使えば、どうしてもスパイカーとブロッカーの一対一の図式になる。

これはこれで、リスキーだが、リベロ三河の超反射と身体能力を活かせば、ブロック1枚でコースを絞りきれば余裕でカバーできる。

 

そして、鯨川の凄まじいスパイク・・・

これはいかに駿天堂でも無傷ではすまない!!

 

「イッテぇぇえ!!」

 

「(明らかにブロックに当てに来てるな・・・

 これ以上くらってレギュラー組にダメージが残るとマズい・・・)

 タイム!」

 

駿天堂のコーチは、残酷な要求を蛇喰に突きつける。

 

「蛇喰、ブロックにはお前1人で跳んでくれ」

「で、でも・・・アレ本当に重くて、1人で受け続けたら、どっか痛めちまうかも」

 

「だからこそだよ!レギュラー組が決勝戦前にケガしたら大変なのわかるだろ?

 これはレギュラーじゃないお前にしかできないことなんだよ」

 

ひでぇwww

蛇喰を使い捨てにする気か・・・

 

(俺はどーなってもいいってのか?)

 

「駿天堂の部訓わかってるだろ。

 ONE FOR ALL!(一人は皆のために)

 

なんか違うだろそれwww

 

「駿天堂のルールに従えないのなら、ここから出て行ってもらうことになるが」

「(クソッタレ!!)・・・わかりました・・・」

 

「ありがとう。皆も蛇喰の頑張りに応えてやれよ!」

 

蛇喰のこと好きじゃないけど、これは流石に可哀想だろ。。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事