【ネタバレ】刃牙道 第155話「国家の為」【漫画感想】




■刃牙道
第155話「国家の為」

 「花山薫なら刀を折れるか・・・?

 

■前回のレビュー

■刃牙道

 

警察のトップである内海警視総監が目の前にしているのはヤクザ者の花山薫19歳・・・

 

「花山さん、これはあなたにとっても・・・悪いハナシではないハズです」

 

笑顔で持ちかける内海・・・

しかし、花山の目は一切笑っていない。

元より笑顔はそう見せる男ではないが・・・

 

「花山さん、国家(くに)の為に、人肌脱いではくれませんか」

 

メリッ!!

花山がずしりと腰掛ける、高級そうなソファーの肘掛の先端を掴む手に力が入る!!

 

「おい・・・うかつな言葉は慎むことだ。

 国の為・・・ヤクザ使ってどーする。御国も気の毒ってもんだ」

 

返す言葉もない内海・・・

 

「内海さん、俺らは大昔からの敵同士だぜ」

「花山さん・・・『国家の為』などと・・・いかにもオイシ気な言葉をチラつかせ、

 気を引こうとした無礼を詫びたい。この通りだ」

 

内海は椅子に腰掛けたまま、頭を下げた。

 

・・・・・

・・・

 

「『テロ』とも違う。『サイコ』とも違う・・・

 過去、警察(われわれ)が対峙した、どのタイプにも該当しない。

 まるで、底が知れない一頭の怪獣が、我々の眼前(まえ)に現れたのです」

 

しばしの沈黙が流れる・・・。

果たして花山の返答はいかに・・・。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事