【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第31話 「占いのふしぎ」【漫画感想】

リンクユニット
注目

■あつまれ!ふしぎ研究部
第31話 「占いのふしぎ」

■前回の感想 

■あつまれ!ふしぎ研究部

「ようこそ、占いの世界へ・・・」

 

大祐が部室に入ると、そこには占い師の恰好をした旭先生が待ち受けていた。

 

「・・・」

 

ドン引きの大祐wそのままフェードアウトしようとするw

 

「待って待って!」

「先生何ですか、その恰好」

 

「私も、ふしぎ研究しようと思って」

 

占い師の旭先生クッソエ口いんだが(((( ;゚д゚)))

チチでけぇー・・・てか、こんな恰好しちゃまずいだろw保健の先生がw

普通に谷間ガン見してしまうんだが(((( ;゚д゚)))

 

「随分気合い入ってますね」

「顧問として手は抜けませんからね!」

 

あのスケベ大祐が、先生には反応しない・・・?

お前の大好きなパイオツカイデーなのに!ありえない!

 

「先生は占いの研究なんですね」

「ええ。前から興味あったので。ではさっそくこの水晶を使って占ってみましょう」

 

「使い方わかるんですか?」

「見えます!見えますよー!逆さまになった大祐君が見えます!」

 

「そりゃ水晶ですから」

 

ワロタwダメだこりゃw

 

「もしかして先生、恰好だけで占いの仕方わからないんじゃ・・・」

「そのくらいわかりますよ!」

 

てか、マジでその恰好スケベすぎませんかねぇ・・・

よくみたらシースルーじゃねぇか(((( ;゚д゚)))

 

け、けつが丸見えに(((( ;゚д゚)))

 

「占いで未来予知してみてよ先生」

「わかりました」

 

また無茶ぶりを千晶のヤツww

 

「今、電波を受信してます」

 

(水晶使わないんだ)

 

電波ってなんだよww

 

「見えてきました・・・

 今ここに誰かが近づいてきてます」

 

すると!

 

ガチャッ!

 

「ふ」

 

バタン!

 

千晶ひどすww

高浜さんがやって来たのに、一文字喋っただけで追い出されたw

 

「今誰か来ましたか?」

「いや、風でドアが開いただけかと」

 

千晶wなぜ先生の力を認めようとしないww

 

「今のちょっと当たってたのでは・・・」

「あいつはいつも来てるからノーカン。やっぱり人を占った方がわかりやすいかも」

「そうですね。じゃあ、大祐君の秘密を占いで暴いてみましょう」

 

「ええ、俺ですか?」

「あなたは今、気になっている女性がいますね!」

 

「!?」

 

まさかの図星か!?


 


「いや、心当たり無いですけど・・・」

「ちょっと待ってください。もう少し絞り込みます。

 水晶に、ふしぎ研究部の部室が写っています・・・つまり!

 その人はこの部室の中にいます」

 

『!』

 

「何か見えてきました・・・大祐くんの鞄!」

「な!」

 

明らかに動揺する大祐ww

 

「何言ってるんですか、水晶越しに見えた物を言ってるだけじゃないですか。

 そんなの占いでも何でもないですよ!

 残念ながらまったくの見当はずれですね」

 

「汗すげーぞ」

 

嘘がつけねぇ奴だなww

 

「この反応・・・やっぱり心当たりあるんだな!」

「ち、違います!」

 

「じゃあ見せて貰おうか」

「い、嫌です!」

 

鞄を抱きしめる大祐w

迫り来る千晶と鈴w

 

「見当違いなら何の問題も無いだろ!」

「問題大ありなんですよ!」

 

おい!だから千晶はパイオツを押し当てるのやめろww

大祐うらやましすぎるだろ!

 

「なんでそんなに占いの結果に執着するんですか!

 ことね先輩!この二人なんとかしてください!」

 

「大祐君、大丈夫よ。リラックスして力を抜いて」

「って!何催眠術かけようとしてるんですか!」

 

みんな大祐の好きな人が気になってしょうがないんだなw

 

「俺にプライバシーってものは無いんですか!」

「自ら下半身露出しといて何を今更!」

 

鞄を引っ張り合う千晶と大祐!

これはヤバイながれww

 

バッ!

千晶がやっぱ勝つかw

っと中身が飛び出したw

 

「何か出た」

 

桃色帝国DVD120分

今年注目の巨〇アイドル100

 

DVD付きのエ口本か・・・980円・・・

 

「・・・なるほど、これが気になる女の子ね」

「違うんですよ!別にそういうんじゃなくて!

 頼んでもないのに友達に無理やり貸してやるって押しつけられて

 返すって言おうと思ったら・・・」

 

「でも気になるだろ?」

「めっちゃ気になります」

 

素直かっw

 

「旭先生のエ口本透視能力を認めるので、その本、返してください」

「そんな能力じゃないです!」

 

「そうだなぁ・・・あとは任せた」

 

と、千晶は高浜さんに渡したw

 

「不健全図書は没収です!」

「そんな!」

 

占いの難しさを痛感した旭先生でしたw

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

関連記事

オススメ記事

注目

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。