【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.445 闘う6人!!【漫画感想】




■弱虫ペダル
RIDE.445 闘う6人!!

「状況は、どっちに転んでも最悪か・・・

 

■前回のレビュー

■弱虫ペダル

手嶋と青八木が広島と戦っているその頃・・・

先頭集団は観客たちの声援を受けていた。

 

ハコガクと総北・・・

6人・フルメンバーの箱根学園に対し、4人の総北・・・

 

「・・・ヤバイな鳴子」

「何がいな」

 

今泉が切り出した、ヤバイという言葉・・・

鳴子の表情を見る限り、解っていながらも聞き返してるな・・・

 

「このピリピリした空気だ・・・感じるだろう」

「残念ながら・・・メッチャ感じるわ!!」

 

「箱根学園が、今にもとびだして先行しそうな空気だ!!」

 

そう・・・

状況を考えてみても、今総北は数的に不利。

本来なら箱根学園が飛び出し総北を引き離す事も出来るのだ。

 

にもかかわらず、それをやらないのは何故か?

それは一人集団に飲み込まれた手嶋が・・・

 

彼を犠牲にして集団の足止めをしてくれたことに対する敬意!

手嶋が再びチームへ合流する猶予を与えてくれているのだ。

 

箱根学園は、あくまでフェアに戦い、その上で勝つ・・・!

完全勝利を目論んでいる!!

 

今泉がこの事を仲間達に告げると・・・

 

「そういうことだったんすね!!

 オレ内心”何で今いかないんだハコガク、アホだなー”って思ってました!!」

 

鏑木ww

フェアに勝つ・・・だが、その温情にも限界はある。

このまま、膠着状態を続けていれば、いずれ京伏や呉南が追いついてくるからだ。

 

「そろそろ来る思うたけど、手嶋さんたちどうやら何かに足止めくらっとる・・・!!

 さすがにそれが来るまで、のんびり待ってくれるなんてコトは」

 

「ああ!!絶対にない!!」

「”足止め”・・・!!」

「・・・!!」

 

「備えろ!ヤツらの動きに合わせてオレたちは加速する」

 

戦闘態勢に入る今泉・鳴子!

 

「あーーーーくっそ!!」

『!』

 

突然声を上げる鏑木!

 

「くっそ!!やっぱり最後だったのかアレが!!」

「鏑木くん・・・」

 

「て、ことですよね?加速するってことは。

 先輩たちが何かに足止めくらって追いつかないってことは。

 さっきのあれが、青八木さんと走る最後だったってことになるんですよね」

 

「そうだ。勝つためには仕方ない」

 

今泉の非情な一言。

でも、間違っちゃいない・・・

 

オレやっぱバカです!!

 オレ昨日、山で動けなくなって、青八木さんが助けに来てくれて、

 でも、オレは青八木さんも千切れて落ちてきたと思ってて、

 ワケわかんない命令するし、妙ちくりんな歌、歌わせるし、

 何も仕事しない、ムチャクチャな先輩だって思っていました」

 

ひでぇwwwそんな風に思ってたのかよ・・・

 

「けど、昨日寝ながら考えたんです。

 わかったんです。

 もし自分が青八木さんの立場だったら、どうだったろうって考えてたら・・・

 

 オレなら助けにいかないですよ!

 確率低いし、地味だし、体力使うし!

 

めっちゃハッキリ本音言う奴だなww

 

「でも、あの人は・・・

 何も言わず、誇らず、偉そうにもせず、しゃべらずやるんです。

 誰にも感謝されず、それでもやるんです。

 

 有言実行ってコトバあるじゃないですか。

 言ったことを必ず実行するってヤツ・・・

 あの人は”無言実行”なんすよ・・・!!

 

 だから、最後に・・・最後に精一杯走って、

 オレ、ちゃんとすげー尊敬してますって伝えたかった・・・す」

 

イキリ・・・お前泣いてんのか・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

 

涙を振りほどき、鏑木も強くハンドルを握る!

 

「さっき車のサインボードで広島と京伏が集団から抜け出てるってありました。

 それがもし追いつくことになれば、戦況は厳しくなるんすよね。わかってます」

「そうだ」

 

「いきましょう!!前だけを見て!!」

 

鏑木が飛び出そうとするのを誰かが肩を掴んで止めた。

 

小野田坂道だった。

 

「あ・・・今の・・・今のは、伝えた方がいいと思う」

「え、いや・・・そうすけど・・・

 わかってますよ。けど、今この状況でさすがに・・・

 どう考えてもムリでしょう!!

 

「伝えよう。鏑木くん」

 

そう笑顔を見せる坂道。

 

「ダメかもしれないけど、可能性は少ないかもしれないけど、

 ”伝えたい”って思って・・・」

 

(え、”思う”!?)

 

「最後までそれが、

 信じるということだと思う

 

ハッとする三人。

 

(このギリギリの局面でも捨てるな言うんか”小さな想い”を!!

小野田くんらしいわ!!

確かに去年も、そういう小さいの積み重ねて、つないで、

ゴールまでもってったんやったな!!)

 

(想い・・・か。

思い出したよ。去年おまえを見てオレは確信したんだ)

 

『想いは届く!!』


 


「は!!イキリ”思え”!小野田”先輩”からの、ありがたいことばだ」

「あ、はい!」

「そうや、めいっぱい”思え”!」

 

鳴子と今泉は鏑木の肩を叩いて言うw

 

「いえ、そんな大げさなものでは・・・」

 

「よくわかんないすけど、ハネ上がりましたよ。総北のプレッシャーが」

「・・・ああ!!そうだな」

 

泉田も悠人も、総北のプレッシャーを感じたか・・・

決戦は近いかもな・・・

 

「信じましょう!来ます!きっと!お2人は!!」

「わっ!かりましたァ!小野田さん!!

 オレ”伝えたい”て思います!!

 ギリギリの状況でも全開で”伝えたい”と思います!!

 青八木さんに必ず!!

 

「うん!!お2人が・・・足止めを・・・

 足止めをくらっているということはきっと、

 全力で闘ってるってことだから!!」

 

・・・・・

・・・

 

その青八木たちと呉南のデスゲームは最終局面を迎えていた!

橋まで残り800m!!

先に飛び出したのは青八木&手嶋!

 

しかし、その動きを予め読んでいた浦久保は、庭妻と共に飛び出す!!

反応に遅れた東村は置いてかれた!

 

これで2対2・・・

しかし、この勝負・・・圧倒的に不利だぞ!

 

生粋のスプリンター二人を相手に、手負いとクライマーじゃ勝敗は明らか・・・!!

 

「く!!うそだろ!並ばれた」

「・・・・!!」

 

「く・・・!!橋に入る!!」

 

のこり600m!!

この時点で並んでいるという事は、広島の圧倒的有利・・・!!

 

(この橋の直線が終わったら勝負がきまる!あのラインで!!

その手前までに、100mの差をつけたいんだ!

オレがスプリントを開始する手前までに!!)

 

「(100m手前でスプリントを開始するとして・・・

 のこり500mで100mの差をつける・・・そんなこと・・・)

 できんぞ手嶋くぅん!!

 

「ぐ!!」

「いろいろ策をめぐらせとる目じゃ!考えとったか、勝つ方法を!

 どれもムリじゃ!!差をつけることはできん!!

 おとなしくワシとスプリントやろうや手嶋くぅん!!

 キミに万が一も勝ち目がないスプリントを!!

 

(総北・・・残念じゃが、優策は”天才”じゃ!

優策に狙いつけられたら逃げられんのじゃ!ワシらの勝ちじゃ!!)

 

残り500m!!

 

「青八木ィ!!」

「・・・純太」

 

「どうやら全力で・・・

 この勝負、最後はどうやら全力で、ただスプリントするしかなさそうだ。

 すまねェ。オレがもし負けたら、おまえだけでも全開で走って、

 この先のチームに合流してくれ・・・

 絶対にふり向くなよ青・・・」

 

「・・・!!」

 

青八木は苦悶の表情を浮かべ左膝を押さえている!!

 

「え・・・(青八木・・・)

 ・・・うそだろ・・・!!」

 

残り400m!!

 

絶望しかないのか・・・!!

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル

■おすすめ記事



こんな記事も読まれています

サイト内検索はこちら




絶句するほど安い楽天ブックスの在庫一掃セール

マジで安すぎるだろ(((( ;゚д゚)))

最大80%OFFぞ!!

完全にAmazon越えたね。