【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第29話 「素直のふしぎ」【漫画感想】




■あつまれ!ふしぎ研究部
第29話 「素直のふしぎ」

■前回の感想

■あつまれ!ふしぎ研究部

 「なんで大祐は、いつも私のマジックに口出しするんだよ!

 マジックのこと何も知らないくせに!」

「あんな力技に付き合ってたら命がいくつあっても足りないんですよ!

 その無駄なエネルギーを少しは頭に回したらどうですか!」

 

千晶と大祐の、いつもの痴話喧嘩か。

それにしても大祐w一応センパイなんだがw言い過ぎだろw

 

「なんだか険悪なムード」

「まぁまぁ二人とも、その辺にしときましょ」

「ことね先輩」

 

「はい、仲直りの握手」

「そんな簡単に気は収まりませんよ」

「まったくだぜ!部長早く手放して」

 

「はい。いま二人の手の間に瞬間接着剤を流し込みました。もう外れません」

「え?」

 

「う、嘘でしょ」

「外れない・・・!」

 

ことね先輩、お得意の催眠術か!

 

「千晶先輩が力入れてるからじゃないですか」

「そっちだろ!」

「この接着剤は二人とも素直にならないと外れないわよ」

 

『そんな・・!』

 

「やだなーことね先輩。俺はいつだって素直ですよ。

 千晶先輩みたいに捻くれてないので」

 

「いや、アタシの方が素直だね。

 大祐とは違って自分の立場をわきまえてるからな」

 

結局、手は離れずww

 

「駄目だこりゃ」

「そうだ。二人にもう一つ忠告しておくけど、

 素直じゃない行動を取るにつれて、その接着剤は、より強固になっていくからね」

 

「ええ!?そういうことなら仕方ない・・・ふんっ!!

 

ゴリラのような力で大祐を振りほどこうとする千晶w

壁に叩きつけられる大祐だったが、手は離れずww

 

「何をするんですか急に!」

「あれ、ごめん。思いっきり引き抜けば外れるかなと思って」

 

「何でも力任せに解決しようとするのやめてくださいよ。本当、脳筋なんだから・・・」

「なんだと!?」

 

「素直になれば外れるって、ことね先輩が言ってるじゃないですか!

 ちょっと落ち着いてくださいよ」

 

「落ち着いてる場合じゃ無いんだよ・・・」

 

一体千晶の身に何が!?


 


「さっき力んだら、ちょっと尿意が・・・」

「・・・(どこまで自由なんだ、この人・・・)」

 

「とにかくトイレ行かないと・・・」

「この手はどうするんですか!」

 

「行ってから考える!」

 

大祐の手を引いてトイレに向かう千晶(((( ;゚д゚)))

 

「男女が一緒にトイレに入るなんて誰かに見られたら誤解されますよ!」

「誤解?」

 

一瞬考える千晶。

 

ポカッ!!

 

「何考えてんだ!」

「千晶先輩が考えなすぎなんですよ!」

 

頭殴ることねぇじゃねぇかw

 

「・・・すまん大祐」

「やっと素直に非を認める気になりましたか」

 

「もうこうするしか・・・」

「待ったーーーー!!」

 

剣で腕切断てwwしかももれなく大祐の方が斬られるw

 

「なに人の腕切ろうとしてるんですか!」

「手つないだままだとトイレいけないし・・・」

 

「物理的に切り離そうとするのやめてくださいよ!

 あーもう!わかりました!

 元はと言えば俺が千晶先輩のマジックに口出ししたのが悪いんです。

 本当にすみませんでした!

 素直に謝りましたし、これで解決ですよね」

 

「誠意が感じられないな」

 

はぁーーーーーー!?

 

大祐wwこれはキレていいww

 

「何言ってんですか、トイレ行きたいって言うから、せっかく嫌々譲歩したのに!」

「ほれみろ!何が素直に謝りましただ!そういう適当な態度が気に入らないんだ!

 フン!どうせアタシのこと嫌いなんだろ!正直にそう言えよ」

 

「じゃあ正直に言いますけどね・・・

 千晶先輩のこと、嫌いだなんて思ったこと一度もないですよ」

 

パッ!

 

「あ、外れた!」

「良く分からないけど助かったー!千晶先輩頑固だから一生外れないかと」

 

「なんだとコラ!」

 

『素直にならないと外れないのよー』

 

「・・・・・・・本当生意気な奴」

 

めっちゃテレてますがな!!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

■おすすめ記事



こんな記事も読まれています

サイト内検索はこちら




絶句するほど安い楽天ブックスの在庫一掃セール

マジで安すぎるだろ(((( ;゚д゚)))

最大80%OFFぞ!!

完全にAmazon越えたね。