【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.443 浦久保優策【漫画感想】




■弱虫ペダル
RIDE.443 浦久保優策

「浦久保の過去・・・

 

■前回のレビュー

■弱虫ペダル

橋の終わりのラインまで、のこりわずか1km。

勝者は敗者のセンサーチップを川に投げ捨てるという今回のデスゲーム。

 

「今は横並び!!じゃが!!見とけ庭妻!もう少ししたらヤツらとびだすぞ!!」

 

庭妻は、その時・・・

味方であるはずの浦久保の顔を見てゾッとした。

 

「ヤツらのとびだしつぶして・・・

 握り潰してぇ!!確実にしとめるぞ庭妻ぁ!!」

 

「お、おう・・・わかった・・・!!ゆ・・・優策・・・!!」

 

・・・・・

・・・

 

時は庭妻や浦久保たちが小学校の時代に遡る。

浦久保優策は庭妻の住んでいたアパートの近くに住んでおり、よく公園で見かけていたようだ。

 

その時は決まって一人で、今日は捨てられていたペットボトルに水をくんで、花に水をやっていた。

神経質で、人付き合いが苦手そうな浦久保。

 

庭妻は、そんな浦久保を観察していた。

すると、コンパスの針のようなもので、ペットボトルに穴を開け始め、手製のじょうろを完成させ、水やりを続ける浦久保。

 

そんな浦久保に、庭妻は何度か声をかけたことがあるようだ。

サッカーを一緒にやらないか・・・と。

しかし、答えは決まって『ええ』

 

いつも迷いなく即答で断る浦久保。

 

友達が、新しいゲームをやろうと誘うも、その日が土日だと必ず断る浦久保。

 

「土日は陸におらん」

 

それが浦久保優策の答えだった。

実は浦久保の父親は漁師で、土日はいつも父親の漁に付き添い、陸にはいなかった。

 

・・・・

・・

 

「しっかりしばっとけ言うたじゃろが優策!!」

「・・・うん!!」

 

「あそこから潮目がかわるぞ!よう見とけ!!」

「・・・うん」

 

「流れが違うじゃろうが!!」

「・・・うん」

 

「目で見るんじゃないんじゃ!空気じゃ!温度とか重さとか!

 においとか体で感じるんじゃ!」

「うん」

 

「ぐずぐずしとったら魚、逃げてしまうぞ!

 ええか!空気を感じるんじゃ!」

「・・・うん。空気・・・!」

 

優策は父親から漁の厳しさと同時に、楽しさを学んでいく。

 

「ホラァ!!しっかりつかんどかんか優策!!」

「・・・うん!わ・・・すごい・・・!」

 

網のロープを引き上げると、大量の魚が引き上げられていく!

 

「大物じゃ・・・!!大物じゃ!優策!

 しかけつくって、潮目読んで、群見つけて、全身使って知恵絞って

 大物つかまえた時が1番!ゾクゾクするじゃろうが!!

「・・・うん!!」

 

いつも無表情な少年だったが、父親と漁に出ている時は笑顔を見せていた。

 

突然変わる海の天候。

嵐に巻き込まれ、体を投げ出される優策とは違い、父は笑い飛ばしながら冷静に優策に身を守るように指示を出す。

 

(怖くないんか父ちゃん・・・!!すごい・・・すごい!すごい!!

ワシも頑張って耐える・・・!!)

 

・・・・

・・

 

そんな優策だが、学校の勉強はいまひとつ。

授業中も一人、机の下に手を回し、ゴソゴソと折り紙をしていた。

 

一言で言えば変わり者。

クラスメイトの庭妻は優策のことが気になっていた。

 

”大昔の偉人は他の人と違う幼少期を送った”

そんな内容の本を読んでいたためか、優策の行動がダブって見えたようだ。

 

しかし、優策に話しかけても、相変わらず冷たい反応しか返ってはこなかった。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事