【ネタバレ】ドラマ『CRISIS(クライシス)』1話感想/SPを越えて、映画化までが見えた




f:id:sarapan2014:20170411230656p:plain

いやぁドラマ『CRISIS(クライシス)』1話見ましたよ。

予想を遥かに超えた面白さだ。

 

雰囲気がドラマ『SP』と少し似てて、まるで映画を1本見終わったかのような、

かなり、のめり込めました。

 

公安機動捜査隊特捜班がチート能力者揃い

■稲見朗(いなみあきら)/小栗旬

f:id:sarapan2014:20170411230759p:plain

元自衛隊で二年前に何やら人をあやめた経験がある模様。

かなり無茶をやってのける度胸と身体能力を持つ。

女好きっぽく、バーで一夜の女を漁ってるw

 

■田丸三郎(たまるさぶろう)/西島秀俊

f:id:sarapan2014:20170411230817p:plain

元公安の武闘派。

冷静沈着に事に当たり、涼しい顏でやってのける。

稲見からも一目おかれる存在。

 

■吉永三成(よしながみつなり)/田中哲司

f:id:sarapan2014:20170411231208p:plain

特捜班の班長で、元警視庁捜査一課の刑事。

観察眼が鋭く、取り調べを得意としており、相手の首筋に指を当て、巧みな質問と脈拍で嘘を見抜く。

 

■樫井勇輔(かしいゆうすけ)/野間口徹

f:id:sarapan2014:20170411231050p:plain

抜群の嗅覚と、共感覚の能力の持ち主。

爆発物処理班に所属していた経験を持ち、爆発物の処理技術の他、製造技術も持つ。

戦闘は専門外だけど、頭が凄くキレそう。

 

■大山玲(おおやまれい)/新木優子

f:id:sarapan2014:20170411231129p:plain

サイバー情報分析のエキスパート。

元々凄腕のハッカーらしく、ネットでの情報収集、監視カメラの映像分析など、お手の物。

特捜班の紅一点!

 

アクションシーンがすげぇ!!

f:id:sarapan2014:20170411230737p:plain

小栗旬のアクションシーンは映画『ミュージアム』を見た事がある人なら安心して見れると思う。

今回も冒頭の新幹線内での格闘シーンとか、もの凄く息をのみましたね。

それは西島秀俊さんのものも同じく。

 

西島さんはストロベリーナイトだったっけ?

あれでもアクションしてた気がする。

 

国内ドラマもここまで来たかと!


 


クズを裁く平成維新軍とは何者なのか!?

f:id:sarapan2014:20170411230717p:plain

1話の事件は外務大臣のクソ息子。

女を手にかけ、その度に大臣の手でもみ消してきた100回ころしても飽き足らないようなクズ。

 

このクズが謎の覆面男に拉致られ、首に爆弾をハメられ、

午後7時に外務大臣に会見を開かせ、バカ息子の罪を洗いざらい告白し、その罪をもみ消してきた事を話せと。

 

もし、会見を開かなければ、息子は木端微塵だと。

 

正直、こんな胸糞悪いクズをぶっ飛ばしたって全然いいと思うんだけど、特捜班は解決にあたる。

 

・・・・

・・・

 

このクソ息子の被害者はほとんどが女性。

しかし、拉致現場の監視カメラ映像では男性が犯人のようだ。

 

そこで被害者の家族・友人などが関係しているとみるが、何ぶん被害者が多すぎて、クソ息子を恨む人間が多すぎる。

 

そんな中、稲見が処刑場所が、何故ここでなければならなかったのか?

という疑問を持つ。

もっとひと目につく場所の方が見せしめになるのに、何故オフィス街?

 

ここでならなければならない理由があるのか?

 

その観点から被害者を絞り込むと、一人クソ息子に乱暴されたあとにジサツした女子学生がいたことが判明。

 

どうやら犯人は警察官の父親だったようだ。

警備をするフリをして、近くでクソ息子を監視していた。

 

そして午後7時を前にして、親父から電話がクソ息子にかかってくるも、

助ける事は無くwwまぁこんな馬鹿息子、切り離したくもなるかもだな。

 

絶望に沈むクソ息子を見て、犯人のおっちゃんは爆弾の起爆ボタンを押そうとする。

 

だが、ここで彼に声をかけたのが稲見だった。

 

稲見は犯人のおっちゃんの気持ちがよく解ると、寄り添う。

ただ、決定的に違う点があるという。

 

それは、稲見が同じ立場なら、もう起爆ボタンは押していると。

 

稲見が犯人と話をする間に特捜班の樫井が爆弾処理をする。

その一方で、稲見は犯人に今すぐ起爆ボタンを押して復讐をやり遂げましょうと煽る。

中々いないタイプの刑事だな。

 

でも逆に共感できるというか。

 

だが、結局樫井の爆弾処理がコンマ1秒早く終わり、起爆ボタンを押したが爆発はしなかった。

犯人のおっちゃんは、謎の犯人から今回の犯行を持ちかけられたそうだ。

全てはメールでのやり取り。

 

おっちゃんは起爆ボタンを押すだけでいい・・・と。

ちなみに今回の事件はマスコミも真実を報道する事はなく、大学生の悪ふざけとして片づけられた。

 

そんな中、警視庁のサイトが突如乗っ取られ、平成維新軍の犯行声明が告知された。

この世は嘘にまみれている・・・か。

 

なんだかおもしろくなってきたなぁ!

 

CRISIS(クライシス)は映画化しそう。

多分だけど、映画化しそうな感じですね。

1話からそんな雰囲気を感じさせてくれるほど壮大な感じです。

 

2話も面白そうなんで、継続して見て行きたいと思います!


 

 

■次回

 

■クライシス

■おすすめ記事



こんな記事も読まれています

サイト内検索はこちら




絶句するほど安い楽天ブックスの在庫一掃セール

マジで安すぎるだろ(((( ;゚д゚)))

最大80%OFFぞ!!

完全にAmazon越えたね。