おばあの具合は平行線

リンクユニット
更新

2018年8月16日新着記事リンク一覧

f:id:sarapan2014:20170407164104j:plain

おはようございます。

 

朝からお見舞いに行ってきました。

今朝は意識もハッキリしていたし、少なくとも肺炎の悪化は見えないようですが、

元々入院するきっかけになった胆嚢の炎症がひいてないそうで、今おばあの中の火種は肺炎と炎症の二つだそうです。

 

で、うち一つ、胆嚢炎のほうだけでも、どうにかしておいたほうがいいと先生は言うのです。

なんでも管を入れて膿を取り出すとか。

で、管は入れっぱなしとか言われたのだけど、しれって自宅に帰れないのか?

 

その時は疑問を出す余裕もなかったのだけど。

とりあえず血液検査の結果次第では、そういう提案をせざるを得ないと言われました。

 

調べたけど『PTCDチューブ』ってヤツなのか?

『ドレーンチューブ』ってヤツなのか?

 

詳しくは結果が出てから話を聞くことになります。

なんか1日1日、新しい提案をしてくる先生で・・・

 

祖母は信頼してたみたいだけど、個人的にはあんまりなんとも言えない。

キムタクの医療ドラマを見たあとだから余計にそう思うんだけど、向こうは知識のある前提でしゃべるから、今ひとつ素人には伝わらないんだよな。

 

このまま手術をするのが最善なのかどうかも、素人には判断がつかない・・・。


 


とりあえず13時まで面会はダメだと、看護師さんに追い出されてしまったため、

事務所に戻ってパソコンで書いてるわけなんだけど、やっぱ個室じゃない大部屋だと、色々な処置をするために家族といえど邪魔になるんか。

 

個室だったらいてもいいそうだが、おばあ自身が個室を嫌がるので致し方ない。

 

血液検査の結果が改善に向かっているなら、とりあえず管を入れる話はなくなるとは思うのだけど。

 

もし、管を入れるってなったら、今日手術するみたいな話をしてた。

難しい手術ではないのだが、血液をサラサラにする薬を常用していた(今は絶食+水分摂取もNGなので飲んでない)せいで、出血が酷くなるリスクはあるそうです。

 

とにかくどれが最善なのかもイマイチわかりません。

先生を信じて託すしかないんでしょうけど・・・

おばあが元気になるなら手術するしかないのかな。

 

とりあえず時間まで、やれることでもやるしかないですね。


 

関連記事

オススメ記事

更新

2018年8月16日新着記事リンク一覧

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索
購読ボタン