【ネタバレ】刃牙道 第152話「瞬斬」【漫画感想】

リンクユニット
注目

■刃牙道
第152話「瞬斬」

 「いよいよ本領発揮か・・・

 

■前回のレビュー

■刃牙道

現れては・・・斬り、斬り暴れては・・・忽然と消え失せる。

武蔵のやりたい放題!

 

指揮官を失い、浮き足立つ『集団』へ向けた、この・・・

悪魔的波状攻撃!!

 

選りすぐられたハズの隊員たちは、硬まり『居付き』その場を動けず。

 

そりゃいくら鍛えてても、こんな惨劇の場に出くわす経験など無いに等しいからな。

 

(何人斬られた!!?)

(10人はいかれたッッ!)

(次、誰が・・・ッッ!)

 

STATはこういう戦闘になれてはいなかった。

そもそも、この平和な日本で、実戦経験など積んでいるのだろうか?

 

訓練と実戦では全然違うということだよな・・・。

そんな中!

 

「広がれッッ!!離れろッッ!!車両から離れろォッッ!!」

 

ここに一人の男が気を吐いた。

警部・田沼彦二である。

 

STATナンバー2に位置する田沼が吠える!

 

「注目ッッ!!ただ今より、この隊、田沼警部が指揮を取ォーるッッ!!」

 

指揮権を発動した田沼警部。

 

「1号車から6号車ッッ!!車両前方へ廻れッッ!!

 7号車から12号車ッッ!!現在地で警戒ッッ!!」

 

田沼警部の指揮のもと、STATが再び動き始める!

 

「車両の間隙ッッ!!前後から挟めッッ!!

 2人以上一組ッッ!!前後から警戒ッッ!!

 照準は脚だッッ!!膝から下を狙えッッ!!」


 


「阿呆・・・」

「!」

 

「逃げもする・・・隠れもする・・・現れては・・・」

 

車両の上に現れた武蔵!!

 

「上だァーーーーッッ!!」

「斬る!」

 

ズドムッ!!

 

武蔵のジャンプ斬りが、田沼警部に炸裂!!

丁度左目の位置を頭から脚の先まで一刀両断よ!!

 

熱ッ・・・!!

 

第二の指揮官が逝った・・・。

再び混乱に陥る集団!!

 

「囲むなッッ!!中に入れるなッッ!!」

「脚だァッッ!!」

 

脚目掛けて、マシンガンをぶっぱなしても、すでに武蔵は宙を舞う!!

その勢いのまま、敵の顔面に跳び膝蹴り!!

 

そして・・・

 

STATも日本国民・・・・だからこそワカる。

 

二刀流(コレ)・・・ッッ!!

めっちャヤバイ!!!

 

武蔵がついに二刀流解禁か・・・

もう諦めればいいのになぁ・・・

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回 

 

■刃牙道

関連記事

オススメ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。