【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第28話 「お面のふしぎ」【漫画感想】




■あつまれ!ふしぎ研究部
第28話 「お面のふしぎ」

f:id:sarapan2014:20170406100139j:plain

■前回の感想 

■あつまれ!ふしぎ研究部

「大祐お面被って」

「断る」

 

だから、そのお面マジでやばいってのw

ネタにしすぎやろww

 

鈴は相変わらず大祐にお面を被らせたいようだなぁ。

 

「というか、もう何度も被ってるじゃん」

「でもまだ変化ないし・・・」

 

「あったら困るんだよ!」

「えい!」

 

「ちょっと!」

 

鈴強引だなぁw普通に被せちゃったよw

 

鈴 「うんうん、やっぱりこのお面は大祐が一番似合う」

千晶「でも実際何も起きないよな。そのお面」

 

「クックック・・・」

「大丈夫?」

 

大祐の様子がおかしい(((( ;゚д゚)))

 

「我が名はアンバボー。この体は乗っ取らせて頂いた」

 

これってアンビリバボーでやってたから、アンバボーってことなのかな?

 

「大祐!?」

 

それにしても、怖い面なんだが、見た目がどうしても迫力にかけるんだよなw

 

鈴 「邪神アンバボー・・・実在していたとは」

千晶「邪神アンバボー?」

 

「あのお面の名前だよ。噂では聞いてたけど、

 今まで被った人は大祐以外いなかったから・・・

 この名前を大祐が知ってるとは思えないし」

 

「じゃあ大祐は本当に呪いのお面に・・・」

 

(よしよし、信じてる。信じてる。

お面に憑りつかれたフリ・・・!)

 

どうやら大祐はネットで色々調べておいたようだな。

鈴に、このお面の実験をやめさせるには呪いのお面の危険性を実証するしかないとw

大祐はお面が大祐の体を乗っ取ったら、さすがの鈴でも自重するだろうと読んでのことだが・・・

 

「だ、大祐を返して!」

「嫌だね。大祐は呪いの犠牲になったのだよ。君のせいでね」

 

大祐ノリノリだろw

 

「そんな・・・もし本当に邪神アンバボーに乗っ取られていたとしたら大祐は・・・

 無条件で女の子に抱き着いてしまう・・・!

 

(何その設定・・・

え、邪神アンバボーってそんなキャラだったの?

こんな顔して女好きなの?

急にハードル上がったんだけど・・・!)

 

むしろ、呪われたフリして女の子に抱きつきまくれるとか、たまんねぇじゃネェか!!

 

(いや、しかし、ここでちゃんとキャラに沿わないと演技だってバレてしまう・・・

抱きつくとなると・・・ことね先輩はさすがに恐れ多い・・・

鈴は無防備すぎて襲い掛かりにくい・・・

千晶先輩に襲い掛かろうものなら、どんな反撃を食らうことか・・・)

 

しかしココで大祐は気付く!


 


(千晶先輩がベストだ!

襲い掛かって反撃されれば、呪いが解けるきっかけを作れる!)

 

「ではお前から行こう」

「はぁ!?おい目を覚ませ大祐!」

 

「クックック!」

 

完全に変態のノリやんw

 

「これ以上近づいたら殴るぞ!」

「(よし!乗ってきた!ドーンと一発!・・・ん?)」

 

ちょww千晶www

メスの顔しやがって!何受け入れようとしてんねん!

 

(あれ?何で抵抗しないんですか?さっき近づいたら殴るって言ったじゃないですか!

ほら、もうこんなに近いんですよ!何かしてくれないと変な感じに・・・

ええい!もう当たって砕けろだ!)

 

「うおおおおお!!」

 

千晶に飛び掛る大祐!

 

「や、やっぱ無理!」

「え?」

 

千晶は身をかがめ、大祐をかわすw

てか、抱かれてみたかったのかよww

 

「何やら騒がしいわね!何してるのあなたたち!」

 

このタイミングで部室に入ってきたよ!高浜さんw

 

ガバッ!

大祐は勢い余って、高浜さんに抱きついてしまったw

 

「な!」

 

(な・・・何故このタイミング!!)

(な、何で大祐君が私のこと抱きしめてるの?

まさか大祐君が私のこと・・・

いや!そんなはずないわ!でもだとしたら、この状況は一体・・・!?)

 

パニック状態の高浜さんw

 

「麗子がフリーズした!」

「言っただろう。私は本気だ(高浜さんごめん・・・!)

 さぁ次は誰が犠牲になる番かな・・・(頼むから、誰か止めてくれ・・・!)」

 

「おい鈴、大祐を元に戻す方法はないのか?」

「うーん・・・大祐は本当に体を奪われてるの?」

「何度も言わせるな!私は邪神アンバボーだ!」

 

「こうなったら最後の手段・・・ごめん部長」

 

なんと!!

鈴がことね先輩のスカートをめくりやがったww

クッソエ口いなww

 

「な、何するの鈴ちゃん・・・!」

「でもほら・・・」

 

大祐は前かがみになると同時に席にスッと座ったww

 

「やっぱり大祐じゃねーか!」

 

ワロタww

でもこれ高浜さんに失礼だろww

 

なんでことね先輩のパンチラにBOKKIして、高浜さんの体に抱き着いて無反応なんだよw

 

「俺は一体今まで何を・・・」

「やめろ白々しい!」

「どうやら大祐は呪われてなかったようだね」

 

「くそーのりきれると思ったのに・・・!

 さすがに女の子に抱き着く呪いなんて実行できるわけない・・・」

 

「あぁ。その呪いだけど、私が適当に考えたやつだから」

「鈴ーーーーー!!」

 

鈴も大祐に抱き着いて欲しかったとか!?w

てか大祐モテモテだな!!くそが!!

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

■おすすめ記事



今日の更新

絶句するほど安い楽天ブックスの在庫一掃セール

マジで安すぎるだろ(((( ;゚д゚)))

最大80%OFFぞ!!

完全にAmazon越えたね。

こんな記事も読まれています

サイト内検索はこちら

サイト内検索