【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 第14話「そういうことね お茶子さん」【アニメ感想】




■僕のヒーローアカデミア
第14話「そういうことね お茶子さん」

f:id:sarapan2014:20170401200547p:plain

■前回はこちら

 USJ襲撃事件は世間に大々的に報じられた。

ヴィラン連合の襲撃事件で72人のヴィランが警察に逮捕されたが、主犯格の死柄木弔含め、主犯格は逃亡・・・依然としてその足取りは掴めていない。

 

f:id:sarapan2014:20170401200532p:plain

そんな冒頭。

オールマイトが恩師グラントリノに宛てた手紙が読み上げられる。

雄英の教師になったこと・・・後継が見つかったこと。

すでに力<ワン・フォー・オール>を譲渡したこと・・・

 

八木俊典・・・オールマイトの本名((((;゜Д゜)))

 

・・・・・

・・・

 

雄英の教師たちは、今回の襲撃事件の報告を警察から受けていた。

どうやら、主犯の死柄木弔含め、黒霧も個性登録がされてないことが解ったようだ。

無国籍かつ偽名・・・

 

個性届けを出していない裏の人間・・・

結局の所、何も解っていないということのようだ。

早く足取りを掴まなければ、奴の怪我が治ればまた襲撃を試みる可能性がある。

 

f:id:sarapan2014:20170401200512p:plain

オールマイトは死柄木弔の言動からプロファイリングをする。

自身の個性は語らず、脳無の個性を自慢げに話し、自身の思い通りにならなければ、露骨に気分が悪くなる・・・

幼稚的万能感の抜けきらない子供大人だと・・・

 

警察に捕まった72人のヴィラン・・・

すべて小物だったようだが、彼らは死柄木弔のような子供大人に賛同した事実。

抑圧された悪意たちが、無邪気な悪に惹かれている・・・か。

 

警察は今後も操作網を拡大し、検挙に尽力するそうだ。

 

「子供大人・・・逆に考えれば生徒たちも同じだ。

 成長する余地がある。もし、彼に優秀なバックがいて、

 その悪意を育てようとしていたら・・・」

 

校長が危惧することは、はたして現実のモノになるのか・・・

 

「考えたくないですね・・・」

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20170401200446p:plain

USJの襲撃の翌日・・・

学校は休校になったようだ。

 

しかし出久は全然気が休まらずにいた。

そんな出久は自室にこもり、オールマイトの過去のビデオを見返していた。

 

初めてヴィランと対峙し、その悪意に圧倒されたことを思い返していた。

憧れのオールマイトのように、笑顔を見せる余裕など、微塵もなかった。

憧れは遥か遠い・・・

 

出久は受け継いだ力・・・ワン・フォー・オールの力をもっと自分の物にしなくてはと改めて決意する。

 

責任感強いからなぁ。

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20170401200404p:plain

翌日。

みんな元気に学校に登校している。

 

そんな中、怪我で入院中だった相澤先生が包帯ぐるぐる巻きで現れたw

大丈夫なのかよw

 

f:id:sarapan2014:20170401200316p:plain

『先生復帰はえぇええええ!!』

 

「先生無事だったのですね!」

「アレ無事っていうのかな・・・」

 

「俺の安否はどうでもいい。それに戦いは終わってねぇ!」

「戦い?」

「まさか・・・」

「また、ヴィランがぁぁぁぁ汗」

 

「雄英体育祭が迫ってる」

『クソ学校っぽいのキターーーー!!』

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス