【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.441 焦る広島【漫画感想】




■弱虫ペダル
RIDE.441 焦る広島

「いやいやいや・・・浦久保・・・強がりだろ

 

■前回のレビュー

■弱虫ペダル

「どうした、浦久保。

 もうボトルは落とさないのか?

 今度は、ひろうつもりはないがな!!」

 

総北・青八木の肉弾丸で、一瞬にして追いつかれた広島呉南。

本来なら数で優位な呉南が負けるとは思えなかったが、青八木が不調をものともしない走りで、数の差をカバー!

 

これなら勝てるかもしれない!!

 

メガネ(総北!!)

チョビヒゲ(3年青八木!!優策に加速で追いついた!!)

 

「・・・」

 

なにすまし顔してんねん浦久保!!

もっと焦ろよ!!

 

「何じゃ。スタート前は、あれだけヨタヨタ歩いとったヒヨドリが、

 まだまだとべます・・・いうことか」

 

ヒザを負傷していたと思い込んでいた呉南は、青八木の意外な走りに驚きを隠せない様子。

まぁ実際負傷してんだけどな・・・今の所青八木の表情に辛そうな様子は見られない。

 

「橋の欄干まで、のこり3km・・・

 その程度の距離なら、ワシをきっちりおさえこめる・・・

 そう言いたいんか・・・」

 

「・・・」

 

青八木は少しの沈黙の後に、確信を持って頷いた。

 

「スプリントバトルは、かけひき戦だ。

 空気をきりさく、お前の走り・・・

 あれを出すタイミングが少し早かったようだな!!

 ああいうのは最後までとっておくものだ」

 

チョビヒゲ「・・・・!!」

メガネ  「!!」

 

ニヤリと手嶋w

 

「優策!!」

「ん?どうした庭妻」

 

「!!どうした・・・て!

 しっかりしろ優策!!追い込まれて口数減っとる!

 大丈夫じゃ!ワシらがついとる!!

 言うても、こっちは3人!!3対2じゃ!まかせとけ!!」

 

チョビヒゲ庭妻、相当に焦ってますなぁ・・・

 

「次はワシたちが出る!!いくぞ東村!!」

「はい!!」

 

「ワシらで総北の連中を引きずり回して足を削るんじゃ!!」

「はい!!」

 

「はりつけ優策!!」

「・・・」

 

無言で最後尾についた浦久保。

広島の三人はそのまま加速した!

 

「動いた!広島!!」

「はりつけ純太」

 

「うっく!」

「追う!!」

 

総北も加速!!

 

「来ました総北!!」

「当然じゃ!これはバトル!!逃げたら追ってくる!!必然じゃ!!

 ともかく!!まずは東村ぁ・・・

 おまえがワシにィ!しっかり引き離されんようにせぇよ!!

 

「うっ・・・は・・・はい!!

 (庭妻さんのプレッシャーが変わった!!

 この人も浦久保さんと同じく『スプリンター』だが、タイプが全く違う!!

 この人の真骨頂はダンシング!!)」

 

「ちぎれろ!!総北!!」

 

大きな体を揺さぶるダンシング!!

加速しながら、なおかつペダルに体重をのせる!!

 

「!(速い!!)」

 

パワータイプのスプリンター・・・庭妻か。

見た目通りだな。

 

「!!(速い!!すごい!!浦久保さんとは正反対の・・・

 風や地形を完全に無視して直進するタイプなんだ!!)

 ついたアダ名は!呉のブルドーザー!!

 呉南工業3年!庭妻繁典さん!!この人は人間重機なんだ!!」

 

呉のブルドーザーw人間重機www

あんま言われてうれしくない異名だなww

 

まぁ戦国武将みたいな面構えは伊達じゃないのか。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事



サイト内検索はこちら

サイト内検索

■ピックアップ記事

新着記事まとめ

おすすめ動画サービス